雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
アメリカ  4.5point    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Walter Smith Ⅲ / Ⅲ

   ↑  2010/11/12 (金)  カテゴリー: tenor
walter smith III_IIIWalter SmithⅢ/ Ⅲ ( amazon.co.jp )
2010 Criss Cross 

Walter SmithⅢ (ts)
Jason Moran (p)
Eric Harland (ds)
Joe Sanders (b)
Ambrose Akinmusire (tp)
Logan Richardson (as)
Recorded: Brooklyn, N.Y on June 7, 2010

ニューヨーク界隈のコンテンポラリー・ジャズ・シーンにおいて着実にその存在感を浸透させてきたテナー奏者、ウォルター・スミス・三世 ( Walter Smith III, Houston, 1980~ ) の単独リーダー作としては通算3作目となる最新作。

2006年のデビュー作 『 Casually Introducing 』 はFSNT から、今年の夏に発売になりネット上で局地的に話題となった第二作『 Live in Paris 』 ( 前項参照 ) が Apace Time からの発売でしたが、今作は初のCriss Cross 盤です。

キャリアの割にリーダー作が少なく、国内盤も発売になっていないことも関係しているからでしょうか、まだまだ日本では認知されていませんが、それでも最近はサイドメンとしてちょくちょく名前を見かけるようになりました。特に僕が勝手に “ トランペッター新御三家 ” と呼ばせてもらっているジョーン・ジョーンズ ( 前項参照 ) アンブーローズ・アーキンムシーレイ ( 前項参照 ) 、そしてクリスチャン・スコット ( 前項参照 ) のアルバムでは強烈な存在感をアピールしていました。しかも現在、テレンス・ブランチャード・バンドのレギュラー・メンバーとしても活躍中ですから日本でも人気が出るのはそう遠い日のことではないでしょう。

僕個人的にはニューヨークのコンテンポラリー・ジャズ界において、イーライ・デジブリ ( 前項参照 ) 、マーカス・ストリックランドとともに、一番気になるテナー奏者です。

メンバーで目を惹くのは、先日、初リーダー作をリリースしたばかりの現代最高のドラマー、エリック・ハーランドの参加でしょう。ハーランドが頑張っている作品は総じて出来がイイので、ハーランド参加作品はとりあえず押さえておこうと、僕は思っているのですが、このスミスの作品でもかなり気合が入っていて、ハーランド・ファンには小躍りしたくなるような瞬間が随所に散りばめられています。フロントラインには盟友アンブーローズ・アーキンムシーレイが参加、また一曲だけですがローガン・リチャードソン ( 前項参照 ) も参加しています。

収録曲は、スミスのオリジナルが7曲、アーキンムシーレイが1曲、そしてアンドリュー・ヒル作《 Aubade 》で計9曲の構成。兎に角、スミスのオリジナルがメチャクチャかっこいい。複雑なテーマを一糸乱れぬアンサンブルで聴かせてくれます。非常に心地よい緊張感です。螺旋階段を跳躍しながら激しく昇降していくようなソロを聴かせるのはスミスIII。そしてそのスミスIIIに強烈な揺さぶりをかけるハーランド。この両者の絡み合いは尋常ではない高みに到達していて、聴く者全てを摩訶不思議な桃源郷へと心地よく拉致してくれます。

この数年、どんなジャズを聴いても大同小異、類円形のサウンドにしか聞えませんでした。今後もドラスティックにジャズが進化することはおそらくないのだろうなぁ、と一種諦念みたいな感情を持って惰性でジャズを聴いているようなところが僕にはあったのです。ジャズに関しては、もう行きつくところまで行きついてしまった感が否めなかったのです。がしかし、今回のスミスやハーランドのようなニューヨークの最先端を突き進むミュージシャンの演奏を聴くにつけ、僅かながらジャズの明るい未来が垣間見えたような気がします。まあちょっと大げさですが...。

明日に続く、かも



Clip to Evernote
関連記事

この記事に含まれるタグ : アメリカ 4.5point  

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1396.html

2010/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Walter Smith Ⅲ / Ⅲ

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。