雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
ベルギー  ドイツ  4.0point  廃盤  こっそり愛聴盤  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Christoph Erbstösser / Vive Les Etrangers

   ↑  2010/11/13 (土)  カテゴリー: Jazz
christoph erbstosserChristoph Erbstösser / Vive Les Etrangers
( amazon.co.jp )
2001 W.E.R.F. 


Christoph Erbstosser (p)
Jos Machtel(b)
Dre Pallemaerts(ds)
recorded: Köln on Aug.8 and 9, 2001


ドイツ人ピアニスト、クリストフ・エルブストッサー ( Christoph Erbstösser, Cologne, 1965~ ) の2001年に録音されたデビュー作。とは言ってもその後アルバム制作した気配がないので、今のところこのデビュー作が唯一の作品なのでしょう。本作が日本の輸入盤店の店頭に並んだ今世紀初めの頃は、ちょうど杉田 宏樹氏の『 ヨーロッパのJAZZレーベル 』が発売された時期でもあり、日本でも俄に欧州ジャズが流行はじめたころでもあります。記憶は確かではありませんが、ディスクユニオンの店頭にも並んでいて、そこそこヒットしていたように思います。その当時はこんな超マイナーピアニストまで買う余裕がなかったのでスルーしてしまいましたが、このブログを初めて間もない2006年11月に、SUIZOKUKANさんという拙ブログの読者の方からこの作品をあらためて教えていただいたのをきかっけに購入した作品です。

すごく巧いとか、美メロ満載とかいうわけではないのですが、なんだかたまにムショウに聴きたくなるアルバムで、この5年近く、夜な夜な棚から引っぱり出しては聴いていた僕の “ こっそり愛聴盤 ” です。ず~と廃盤になっていて中古で偶然出会わない限り、手に入れるのは困難な作品だったのですが、今年の夏頃、突然再プレスされ手に入るようになりました。さすがに現在はどこの輸入盤取り扱い店でも在庫切れのようですが、amazon.co.jp のマーケットプレイスで今も手に入るようですので、思わずここでご紹介させていただきました。

クリストフ・エルブストッサーはドイツのケルンに生まれていますが、まもなくベルギーに移住し、その後の音楽生活もベルギーを拠点に行っていたため、一般的にはベルギーのピアニストとして紹介される機会が多いようです。日本の輸入盤店のポップもすべてベルギーのピアニストといて扱われていますし、ベルギー・ジャズに関するサイト『 Jazz in Belgium 』 の人名カタログにも掲載されています。幼少期からピアノを習い始め、1986年にオランダのヒルフェルスム( Hilversum)音楽院に入学し1992年に “ cum laude ” で卒業。卒業と同時にニューヨークに渡り、リッチーバイラークやジムベアードに師事。帰国後はベルギーのアントワープを拠点に音楽活動を行う傍ら、王立音楽院などで教鞭もとっていました。

また、欧州を代表するビッグバンド、Brussels Jazz Orchestra に参加していた時期もあり、彼の演奏は Moonks Jazz Must 150 でも取り上げられた名盤『 The September Sessions 』(1999 De Werf) ( 前項参照 ) や『 Music of Bert Joris 』( 2002 De Werf ) で聴くことができます。なお現在は生まれ故郷のドイツに戻っているようです。

彼はアフリカ音楽に影響を受けたジャズミュージシャンと紹介されていますし、本作のアートワークがそのことを物語っているわけですが、この作品を聴く限り、アフリカ土着系の匂いは皆無です。わずかにアフロ・リズムを採用した楽曲もありますが、あくまで装飾程度の引用です。ただしブルース・フィーリングは見事に彼の音楽に織り込まれており、甘口一辺倒の匿名的欧州ピアニズムとは一線を画す存在感があります。11曲中6曲が彼のオリジナルですが、どれも見事なまでに上質で、アドリブも無駄をそぎ落とした明瞭、明快なフレーズで構成され、聴いていて非常に心地よい。だから永きに渡り聴き続けられるわけですね。スタンダードもやっていますが、これもまたすばらしく、《 I'm Old Fashioned 》なんか、原曲のメロディーラインと齟齬のないよう配慮された美しいフェイク・ラインが実に見事で、エレガンス&クールなまさに欧州叙情派スタイルの見本のような演奏です。

余談になりますが、本作でドラムを叩いているのは先日、バティスト・トロティニョンのトリオでも来日していたドレ・パレメンツ ( Dre Pallemaerts, Antwerp, 1964~ ) だったんですねぇ。さっき、初めて気がつきました。トロティニョンのライブを観ていた西山瞳さんも、あのドラマーは巧い!とおっしゃってました( by Twitter )。 聴いているぶんにはあまりピンときませんが、手さばき足さばきを直接観ているとかなり小技を効かせて高度なことをやってましたよ。






Clip to Evernote
関連記事

この記事に含まれるタグ : ベルギー ドイツ 4.0point 廃盤 こっそり愛聴盤 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1397.html

2010/11/13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


早朝散歩

以前、メタボ防止のための早朝walking時によく聴いていました。
わたしのお気に入りのひとつです。

baikinnmann |  2010/11/13 (土) 22:18 No.4237


baikinnmannさん、お久しぶりです。
いまだに拙ブログを訪れてくれていたことを知り、
それがとってもうれしいです。

実はこんなアルバムに反応してくれる方などいないと思ってましたが、やっぱりいらっしゃるんですね。ちょっと驚き。やはりジャズファンの世界はかなり狭い超ニッチなんですね。
メタボ対策のウォーキングはとってもいい習慣ですよ。走っちゃいけません。膝や腰を痛めますから。ひたすら歩く、歩く、歩く。これが健康には大切ですよね。僕も歩くようにしてますが、一日10000歩はどうしても無理です。なので、できるだけ日曜日にはまとめて歩くようにしています。

criss to baikinnmann |  2010/11/14 (日) 10:57 No.4239


10000歩

ブログいつも拝見させていただいております。
walkingは検診の血圧が高くなっていることが判明した時にはじめましたが、週末の二回がやっとでした。
もうすぐ50才となってしまいますが下の子がまだ小1のことも考え老化を少しでも進ませないため、1日平均10000歩へのチャレンジを開始しました。
出勤を早め朝職場の周りで3000~4000歩、エレベーターも出来るだけ使わない、駐車場は一番遠いところを心掛けています。
いつまで続けられるか、継続は力なりを念じながら、広くまわりに宣言して...
とは言うもののまだ本日24日目です。
大好きなJAZZを聴きながら何とか続けています。

baikinnmann |  2010/11/14 (日) 22:02 No.4240


継続することが最も難しいですね

baikinnmannさん、こんにちは。
ブログをやっていると、コメントをいただかない限り、このネットの向こう側にどんな方々がいて、僕のブログを見てくださっているのか知るすべもないので、こうしてたまにでもコメントいただけると大変ありがたいです。

>もうすぐ50才となってしまいますが下の子がまだ小1のことも考え老化を少しでも進ませないため、

まさに僕も状況はbaikinnmannさんと同じです。健康は自分のため、というよりも、家族のため、維持していかなければとおもってがんばっています。

おそらく、もしも自分が独身だったら、今でもタバコをすって、酒飲んで、健康管理なんか全然しなかったと思うくらいです。

>週末の二回がやっとでした。

僕も日頃、患者さんを診ていますと、週1or2 1ペースの運動をしている方は、なかなか良い結果が得られないようです。やはり週3以上の運動が必要なんだろうな~と患者さんを診ていて思います。

血圧が高めな場合、最も効果的なのは減量であることは疑う余地がないのですが、その減量のために運動するのはあまり効率的ではありません。やはり食べないことが大切です。一日の摂取カロリーをとにかく減らすこと。これにつきます。運動で減量しようとしても忙しいビジネスマンには無理です。減量するにはそれこそ高校球児なみの運動が必要ですから。そんな運動量をこの歳でしてしまうと、減量達成できる前に腰や膝を痛めてしまいますからね。お気をつけください。

あとは、高血圧には禁酒が効きます。できるだけ酒は控えるとよいでしょう。

ということで、もう仕事に入りますでの、このへんで失礼します。


criss to baikinnmann |  2010/11/15 (月) 08:32 No.4241

コメントを投稿する 記事: Christoph Erbstösser / Vive Les Etrangers

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。