雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Fourplay / Let's Touch The Sky

   ↑  2010/11/18 (木)  カテゴリー: fusion
fourplay_Let's Touch The SkyFourplay / Let's Touch The Sky
( amazon.co.jp )
2010 Heads Up


Bob James (key)
Nathan East (b, vo)
Chuck Loeb (g)
Harvey Mason (ds, perc)
Ruben Studdard (vo)
Anita Baker (vo)


2010年2月15日、Fourplay のギターリスト、ラリー・カールトンが脱退し、後任としてチャック・ローブが加入する というアナウンスがあり、ファンを驚かせましたが、そのチャック・ローブ ( Chuck Loeb, NY, 1955~ )加入後初となるアルバムが Heads Up より発売になりました。ラリー・カールトンの脱退の理由は彼のオフィシャル・サイトに簡単にアップされていますが、なんでも 《 LC Leaves Fourplay to Pursue Solo Career and 335 Records Projects》 ということらしいです。名目上はそういうことになるでしょう。しかし結局のところ、ラリーと他のオリジナル・メンバートのと間の齟齬が最後まで埋まらなかったというのが真相なのではないかと。下衆の勘繰り過ぎでしょうかね。

Fourplay が結成されたのが1990年。翌年にセルフタイトルを冠したデビュー作『Fourplay』をリリース。当時のオリジナル・ギタリストはリー・リトナーだったのですが、3作品を制作したあと、多忙を理由に脱退。その後釜がラリー・カールトンだったわけですが、僕個人的にはどうしてもリー・リトナー在籍期のFourplay に愛着があります。ブルースにその音楽的バックボーンを持つラリー・カールトンよりも、ジャズのロジックをフュージョンにアダプトさせたようなリー・リロナーの方が単純に好きだということもありますが、やっぱりボブ・ジェームズ以下のメンバーのシルキーなエレガントさとは異質なものをラリー・カールトンには感じてしまう、ということも大きな理由です。要はラリー・カールトンはFourplayにマッチしないと思うわけです。そのあたりは彼自身も感じていたんじゃないかと思うのですが。

そんなわけで、この20年を振り返ってみると、やっぱり頻繁に聴いたのはデビュー作『Fourplay』から、三作目の『 Elixir 』ぐらいまでで、ラリーが加入後は徐々に聴かなくなってしまいました。

個人的にはもうFourplay のCDなんか買わないだろうなぁ、と思っていたところに冒頭のニュースが飛び込んできたので、驚きと同時に大変期待して購入してみました。チャック・ローブね~。確かにFourplay には適任ですよね。ざっとフュージョン/スムース・ジャズ界隈を見渡してもチャック・ローブ以外にFourplay のあのメンバーと互角に競演できる人材は思い浮かびません。思えばチャック・ローブとリー・リトナーって非常によく似たスタイルですし。そう言えば、チャック・ローブって2007年にHeads Up に移籍していたんですね。2007年の移籍当時から今回のシナリオってできあがっていたのでしょうか。

今回のチャック・ローブ新加入のニュースはネットではどのような反応があるんだろうと、先ほどから検索していたのですが、意外に彼の名前はジャズ・ファンには浸透していないようで、《誰、それ?》みたいな反応も多かったです。また先代のリー・リトナーやラリー・カールトンに比べて地味だとか言う意見もあり、少々驚きました。彼、かなり巧いギタリストだし、80年代から様々なジャンルで活躍してきた凄腕ギタリストなんですけどね。個人的には(なんか今日は個人的な意見がおおいなぁ)、彼の1989年のデビュー作『 My Shining Hour 』が思い出深い作品として今でも時たま聴くことがあります。増尾好秋氏の Jazz City レーベルからリリースされた一連のアルバムの中の一枚で、ここでチャック・ローブはジョン・パティトゥッチ、デイヴ・ウェックル、小曽根真らの好サポートを得て、美しいフォー・ビート・ジャズを演奏しています。はっきり言って隠れ名盤だと思います。残念ながらDMP 移籍後の二作目以降はすっかりライト・フュージョンに宗旨替えしてしまっていますが、当時はそれでも気に入ってよく聴いていました。今、あらためて当時の DMP盤を聴いてみると、最近のシャナキー ( Shanachie Records ) 盤と全然変わっていないんですよね。既に90年ごろには現在の彼のスタイル、音色は決まっていたんです。

チャック・ローブと言うとすぐにスムース・ジャズ系のギタリストと思われがちですが、実はもう一つの顔があります。知る人ぞ知るプログレ / フュージョン・バンド、メトロ ( Metro ) のギタリストとしての顔です。メトロは1994年にキーボーディストであるミッシェル・フォアマンと二人で創設したユニットで、ドラマーにウルフガング・ハフナーを起用、ベースは初代がアンソニー・ジャクソン、その後はビクター・ベイリー、ジェリー・ブルックス、メル・ブラウン、そしてウイル・リーとチェンジしながら現在も活動しているバンドです。現在までに6枚のCDをリリースしています。僕は3枚しか持ていないのであまり詳しいことはわかりませんが、後日、簡単にご紹介したいと思っています。まあ、チャック・ローブもミッシェル・フォアマンも普段はスタジオ・ワークばかりでストレスが溜まっているのを、このメトロで発散しているような感じがします。チャックの本当にやりたいことはスムース・ジャズではなくこっちなんではないかと想像します。

閑話休題。結論から言うと、今回のメンバーチェンジは正解だったと思います、多くのフォープレイのファンがチャック・ローブの演奏を聴いて満足しているはずです。特にリー・リトナーが在籍していた頃のフォープレイを聴きながら深夜の首都高湾岸線を女の子を助手席にドライブしていた世代にはタマラナイ仕様となっています。音作りは昔と殆ど代わり映えしません。

都会的洗練さを極限まで突き詰めた音。高度に成熟した感性だけが成し得る世界観。非の打ちどころがありません。そして、聴いていて当然ながらとっても心地よい。耳触りな音は一音たりとも発しない徹底したリスナーへの配慮が見られます。彼らのようにジャズファンの枠を超えて多くの一般的な音楽ファン、いわゆるライト層にまで訴求する音楽であるためには、決して耳触りな音を発して嫌われてはいけません。コア層を唸らせる前に、ライト層に嫌われないことが大切なのです。そして後者のほうが遥かに難しい。

しかしその難題を彼らは常にクリアしてきたのです。そうでなければ20年という永きにわたり存続できるはずがない。ただ単なるリスナーに媚を売るだけの迎合的スムースジャズであれば、市場原理によりとっくの昔に淘汰されていたはずです。

それからもうひとつ。彼らが20年もの間、ジャズファンから選好され、支持されてきた理由として、フォープレイの定型性を頑なに守り通してきたということがあるのではないでしょうか。デビュー以来、殆どスタイルを変えてこなかった彼らですが、それでもファンは飽きずにCDを買い続けました。しかしこれは逆説的な言い回しになりますが、スタイルが変わらないから飽きない、ともいえます。《 おいおい、この新作、また同じ感じじゃね~かよ~》 とぶつぶつ言いながらも頬が緩み、自然と幸せな気分になるような、、そんな魅力がフォープレイにはあるのでしょう。そこには《 前作と殆ど変らないけど、でもちょっとここが違うね 》 みたいな微妙な差異を感いとれる感性が必要ではあるのですが。


910さんのブログ『 ジャズCDの個人ページbog 』の関連記事『 Let's Touch The Sky / Fourplay 』

中年音楽狂さんのブログ『 中年音楽狂日記 』の関連記事『 Fourplay : メンバーチェンジの結果やいかに 』



Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1401.html

2010/11/18 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


お久しぶりです

crissさん,こんばんは。何だかご無沙汰してしまいました。

私も今回のメンバー・チェンジは正解だったと思います。Larry Carltonは絶対合っていませんでしたからね~。お仲間の皆さんも同じように感じていたのではないかと思われますが,いずれにしても,この路線で暫く行って欲しいなぁと思います。

TBはFC2ユーザだけなんですね。う~む。まぁどうせうまく飛ばなかったのでいいですが。

中年音楽狂 |  2010/11/18 (木) 23:57 [ 編集 ] No.4244


え!? TBの制限かけてませんよ。

中年音楽狂さん、お久しぶりです。
でも毎日、ブログは拝見していますよ。お忙しいのに、いったいいつ記事書いているんですか?不思議です。

僕はこのことろ寒くなってジムに行くのが億劫になったので、それでブログ更新ができるようになっただけです。あまりいいことじゃないのですが。

やっぱりラリー・カールトンはミスキャストでしたよね。たぶん、リー・リトナーよりもカールトンが適任と考えるファンって、極端に少数派だと思うのですが、違うかな。

>TBはFC2ユーザだけなんですね。う~む。まぁどうせうまく飛ばなかったのでいいですが。

て、どういうことですか?TBはFC2ユーザーだけって、どこかに表示されていますか? ちょっと調べたのですが、僕はそんな制限かけていませんけどね。どうなってるんだろ。教えてください。

criss to 中年音楽狂さん |  2010/11/19 (金) 00:06 No.4245


 お久し振りです。
こうしているうちにも、時間が経ってしまったけれど、太陽が昇り始め、東の空がブルーとオレンジのコントラストでおおわれ、しだいにキラキラした光で目も開けていられなくなりました。
この朝に、ネイザンの歌声を聴けることを幸せに思います。
 私は、この曲が、アルバムの中で一番好きです。
ちょっと可愛すぎる長いイントロですが、このイントロの間にたくさんの笑みを用意しながら、ネイザンの歌声を待ち、一緒に口ずさんでしまします。
朝は本当に素敵。
夜も素敵だけど、青い空、太陽の光、そこに流れるネイザンの歌声、チャックの温かいギター、ボブ・ジェームスの優しいタッチ、、、本当に空にタッチしたくなります。
空にタッチだなんて、こんな素敵なことを、今まで気付かなかったです!
幸せがたくさん現れます。
 クリスさんもおっしゃるように、チャックのギターテクニックは超絶です。私は、ジィアントステップを弾いているyoutubeを観て驚いたことがあります。でも、Michael FranksのRendezvous In Rioを聴いた時は、紡ぎだされる音色に、温かい気持ちになり、まあ、、
超絶な技を持っている人が、それはあえて出さないのに、心に響いてボーカルととけあい、温かい。
最近私は、車の中で、この曲をエンドレスで何回も聴いています。
久しぶりにブルーノートにも行きます。ネイザンが必ず歌ってくれることを信じてます。
 今日は頭の痛い会議です。会社が統合して、様々な事でもめています。私は、明日、自分が死んでしまったら?と考えると、何でも受け入れられますが、プライドで生きてきた女性が多い職場なので、難航しています。みんな、この曲聴こうよ、もっと穏やかな気持ちになれるよ、大切な時間、、いままでのこだわりを捨てて、新しい空気入れようよ、空にタッチしようよ、なんて、心で思いますが、恐ろしくて言えません。
 私も筋トレしています、バタフライを続けていたら、ピアノが弾きやすくなった気がします。また、ジムに行く行為そのものが、全てをポジティブにさせます。
 また、増尾好秋さんの名前は本当に懐かしいです。当時聴いていた曲まで、浮かびます。今、聴いてる人達の音楽を、名前は知らないだけで、聴いていたんですね。
 あ、もう行かないと大変、大変、、、、

ひまわり |  2010/11/19 (金) 07:54 No.4246


ブログ復活おめでとうございます

ブログ復活おめでとうございます。

私もこのアルバム聴いていて、TBを打ちたいところなんですけど、FC2とココログの相性が悪く、naryさんのブログが2か月前にFC2に移ったんですが、1本も入ってないです。

CrissさんのところはTBの説明文に「この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)」と明記してあるので、TBはあきらめて、当方のブログアドレスを掲載させていただきます。
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2010/11/lets-touch-the.html

ギタリストのチェンジで話題になってますね。私ジャズ/クロスオーヴァーをはじめて知った’75年に、「ボブ・ジェームス2」で入ってきたので、フォープレイもボブ・ジェームス聴きです。でも、ここでのチャック・ローブ、いいですね。あと、私もいちばんよくこのグループで聴いたのは、最初の3枚でした。もう長いですよね。大いなるマンネリでもいいですから、まだまだアルバムを出してほしいです。

910 |  2010/11/19 (金) 17:44 No.4247


私の勘違いですね。

crissさん,こんばんは。これは私が完全に勘違いしたようです。その原因は「この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)」という文面です。しかし,よくよく見れば,その上にTBアドレスが書いてあるし,できないことはないんでしょう。

でも,910さんも同じように文脈をご理解なさっているようですので,これはFC2の書き方が悪いと言えなくもないですね。そもそもFC2とココログの相性は最悪(crissさんのは当方に入りました)ということからも誤解してしまったということで,申し訳ありません。

中年音楽狂 |  2010/11/19 (金) 19:44 [ 編集 ] No.4248


明け方のこの一人の時間が貴重です。

ひまわりさん、おはようございます。

僕も今日、日曜日は夜明け前に目が覚めてしまいました。今、4時46分。まだお空は真っ暗です。これからだんだん空が白んでいって、夜が明けてくるこの時間帯がとっても好きです。滅多にこの時間に起きることはありませんが、それでもたまに早起きして、短期間の間に空の色、模様が変化していくのを眺めながらいろいろと考えていると、いつもとは違ったアイディアが生まれ、おもしろいものです。もうしばらくすると妻も目を覚まし、コーヒーを入れてくれるのですが、それを呑みながら、まずは音楽のことを考え、買ってきたばかりの本を読んだりするのが好きです。

さて、僕もこの曲が一番好きです。チャックのギターがフューチャーされている曲をブログにアップしようかとも思いましたが、やっぱりこの曲を聴いているととっても安らぐのでこの曲にしました。ネイザン・イーストの歌声ってほんと綺麗ですよね。ベース弾きでもボーカルとる人ってけっこういるけど、彼ほど上手いベーシストってまずいないです。
このアルバムを買ってからなんだか昔のスムースジャズを引っ張りだしてよく聴いてます。

>今日は頭の痛い会議です。会社が統合して、様々な事でもめています。

今、何処の業界もM&Aが盛んですよね。僕らの病院は流石に統合などと言う話はありませんが、でも医薬品業界は大変多くて、病院に出入りしている薬屋さん(プロパーとよびます)はみなさん大変苦労してるようです。統合と言えば聞こえはいいですが、ようはそこには喰うものと喰われるものの関係があるわけで、喰われるほうはたまったもんじゃありませんよね。特に役職に就いていた人のプライドはずたずたにされるようですし。

>私も筋トレしています、バタフライを続けていたら、ピアノが弾きやすくなった気がします。また、ジムに行く行為そのものが、全てをポジティブにさせます。
ジムも夏場は行きやすいですが、だんだん寒くなると億劫になりますよね。このところ僕がブログ更新ができるのも、ようは寒くてジムに行けてないので、それでブログに手をかける時間でできた、というだけです。そろそろまた体を動かさないといけませんね。

criss to ひまわりさん |  2010/11/21 (日) 05:05 No.4250


誤解を生む表現です。

910さん、こんにちは。

>CrissさんのところはTBの説明文に「この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)」と明記してあるので、TBはあきらめて、

僕も最近、テンプレを変更したばかりで気づかなかったのですが、FC2ブログにはFC2ブログユーザーだけのあいだで通用する「FC2ブログユーザー間トラックバック」というのがあるらしく、僕は説明分を読んでもよくわからないのですが、その時にこのリンクをクリックするらしいです。あたかも「トラックバックはFC2ユーザーじゃないと受け付けませんよ!」みたいな誤解を生みそうな表現でしたので、先ほど削除してしまいました。今までと同様に、トラックバックURLをコピペしていただければトラックバックできます。ただ910や中年音楽狂さんのところのココログとは以前から相性が悪いので、なかなか成功しないのですが。でも、時間をおいて再度トライすると上手くいくこともあるので、お手数ですが、次回はトラバためしてみてください。
なんとかこの問題をサービス側で解決していただきたいのですが、なにせタダで使用させてもらっているサービスですから仕方ないかなっておもってますが。

>私もいちばんよくこのグループで聴いたのは、最初の3枚でした。

やはりそうですか。中古店でこのあたりの中古はゴミ同然で売られていたりするので、見つけ次第買っていたのですが、最近のものは持っていてもほとんど聴いていなかったので、この機会にカールトン在籍時のCDを片っ端から聴いているのですが、やはり初期の3作のほうがしっくりきますね。

というわけで、とりあえず、本文最後にリンク貼らせていただきますが、今後はお手数ですがトラバを一度は試してみてください。宜しくお願い致します。

criss to 910 |  2010/11/21 (日) 06:13 No.4251


同感です

なんでもFC2ブログユーザー間で使える「FC2ブログユーザートラックバック」という機能があるらしいんですよ。僕も全然知らなかったのですが。それでこのテンプレを作ってくれた方がわざわざこのような「この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)」というリンクを貼ってくれたわけですが、知らない人にはかえって誤解を生む機能なので、テンプレ制作者には申し訳ないのですがこの(FC2ブログユーザー限定)という箇所を削除させてもらいました。今までとおりトラバURLをコピペしていただければできます。
とはいってももともとココログとは相性が最悪なので滅多に成功しないとは思いますが。残念です。

criss to 中年音楽狂さん |  2010/11/21 (日) 06:18 No.4252

コメントを投稿する 記事: Fourplay / Let's Touch The Sky

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。