雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Sinne Eeg / Don't Be So Blue

   ↑  2010/12/01 (水)  カテゴリー: vocal
sinne eeg_Don't Be So BlueSinne Eeg / Don't Be So Blue
( HMV )
2010 Red Dot Music



Sinne Eeg (vo)
Jacob Christoffersen (p)
Morten Toftgard Ramsbol (b)
Morten Lund (ds)
Jesper Riis (tp on M-7)

今朝起きて、いつものように顔を洗うために洗面所に行ったら、妻 ( 37歳 ) が鏡に向かって化粧をしているんですよ。珍しいこともあるもんだと思いながらも、あまり気にも留めずに僕はトイレに行って、歯を磨いて、シャワーを浴びて、洗面所に戻ると、おっと、彼女はまだ化粧をしているのですわ。もともと妻はそんなに化粧に時間をかける人ではないのに、今日はどうしたものかと顔を覗きこんだら、あら、なんと別人のように綺麗ではありませんか。何処がどう違うかはすぐピンときました。目がデカくなっているんです。「どうしたの?」って恐る恐るたずねたら、「つけまつ毛をつけたのよ。どう?綺麗?」と目をパチクリさせているのです。

彼女と付き合って18年になりますが、つけまつ毛など付けた彼女を見るのははじめて。そして不覚にも、結婚してはじめて自分を妻を綺麗だと思ってしまった。まぁ、汚いよりは綺麗なほうがイイに決まっている。そう何事もね。

歌手だってそりゃ綺麗に越したことはありません。音楽は顔で聴くもんじゃないとはわかっていても、やっぱり綺麗な女性が奏でる音はそれだけで魅力的に響くものです。そんなわけで少々強引な話の持っていきかたでありますが、今日はとっても美しいボーカリストの新譜のお話です。今宵、トレーに乗って回っていただいているのはデンマークの歌姫、シーネ・エイ ( Sinne Eeg  , born in Lemvig ) 。

sinne-eeg-03

彼女にとっては5作目となる最新作『 Don't Be So Blue 』 のジャケットは上掲のようにいまひとつその美しさがわかりませんが、右の写真をご覧になれば、その美貌に納得されるでしょう。

まるでモデルさんのようです。でもまあ、Youtube などで実際のライブ映像などを観ますと、ちょっとこの写真とはギャップが無きにしも非ずのような。最近では画像処理が発達していますからね。「写真の君は本当の君ではない」ってことがたびたびありますよね。フォトショでいくらでも別人に加工できちゃう時代ですから。

2003年のセルフタイトルを冠したデビュー作 『 Sinne Eeg 』 にはマーティン・シャックが、2007年のセカンド 『 Wating For Dawn 』 にはラーシュ・ヤンソンが参加しており、いずれも素晴らしい伴奏を披露してくれましたが、今作でもヤコブ・クリストファーセン ( Jacob Christoffersen ) ( 前項参照 ) が伴奏はもちろん、随所で目を見張るソロを聴かせてくれています。彼女のボーカルだけでも十分楽しめますが、北欧ジャズ・ピアノのファンにも訴求できる付加価値十分な作品です。

全10曲収録で、彼女のオリジナル曲が中心になっています。このオリジナル曲がとっても耳い馴染む美しいメロディーを湛えていて心地よいのです。変にアーティスティックに構えたソングライターが多い時代にあって、とても好感が持てる曲作りだと思います。

オリジナルに混じって映画 『 サウンド・オブ・ミュージック 』 のサントラ 《 The Sound of Muisc 》 と《 My Favorite Things 》 をやっているのですが、この《 My Favorite Things 》 には鳥肌が立ちました。こんな《 My Favorite Things 》は聴いたことがありません。僕はこの曲が昔からあまり好きではなかったのですが、始めて胸が熱くなるカヴァを見つけた感じがしました。今まで類を見ない斬新で希少なアレンジと、彼女のフェイクの妙味が実にすばらしい。この一曲だけでも買う価値があります。

彼女の歌声からはあまり強い個性は感じられませんが、音程の寸分の狂いもなく、無理なく広い音域を出せ、歌唱力は抜群に良い歌い手です。まさにプロを感じさせる正真正銘の正統派ジャズ・ボーカリストと言えるでしょう。10人の聴者がいたとしたら、10人全員に好感がもたれ、そのうち2,3人に熱狂的に支持されるような歌手です。何処を突いても嫌われる要素が見当たらないような完成されたスタイルを持っているようです。こう書いているうちに、彼女は何処となくダイアナ・クラールに似ているような気もしてきました。






Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1411.html

2010/12/01 | Comment (8) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Kevin Eubanks / Zen Food
この前の記事 : Helen Sung / Going Express

Comment


奇麗なことはいいことです

crissさん、こんばんは。お久しぶりです。

どうですか調子は?
オイラ、禁煙して2ヶ月経ちました。
大丈夫みたいですね。人は変われる!を実践中。
それにしても賞賛多過ぎ。禁煙くらいでwww

tommy |  2010/12/02 (木) 05:36 [ 編集 ] No.4273


写真がみれなイ

久しぶりに、パソコンで訪れたら、、
なんと、写真がペケになっていて、、みられません。

シーネイさま、わたしも大好きです。
これも、楽しみです。
そう、、お出かけした先で、ダイアナクラールのクリスマスアルバムがかかってました。

すずっく |  2010/12/02 (木) 18:34 [ 編集 ] No.4274


見落としてました!

crissさん たいへんお久しぶりです。

その後、ブログの方も、完全に復活されたようで、よかったです。
Sinne Eegは、好きな歌手ですが、このアルバムは、
全く知りませんでした。
最近、いろいろチェックが甘くなっているようで
大事なものを見落とすことが多くなってます。
いい情報を得ることができました。早速チェックしてみます。

J works |  2010/12/02 (木) 21:05 No.4275


(VO)

ヴォーカルものは、普段あまり聴かないのですがcrissさんの記事を拝見して入手してみようと思いました。
以前記事にされていたWINTERPLAYのヘウォンもGOODでした。
ボーカルはできれば美人女性のほうがよいですよね?
なんとか10000歩WALKING続けています。とはいえまだ一ヶ月ちょっとですが体重1KG減量でき少しやる気になっています。

baikinnmann |  2010/12/03 (金) 05:34 No.4276


tommyさん、こんばんわ。

禁煙して2ヶ月ですか。がんばって続けてください。
まだまだ先は長いですよ。

>それにしても賞賛多過ぎ。禁煙くらいでwww

いやいや、50歳過ぎてから禁煙補助剤の力を借りずに禁煙できる人は統計上ほとんどいないわけですから、tommyさんのお歳で禁煙できるということはそれは賞賛に値することだと思いますよ。

それからちょっと古いデータですが、1994年にメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)が発表したデータでは薬物依存度の強さは
ニコチン>ヘロイン>コカイン>アルコール>カフェイン>大麻
という順位なんですよ。
つまりコカインやヘロインをやめるよりも禁煙は難しいということでして、tommyさんはそんな困難を克服しているわけですから、そりゃ、すごいことです。

こちらを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87

http://www.tfy.drugsense.org/tfy/addictvn.htm

僕が臨床やっていて感じることは、サラリーマンは最近、禁煙するかたが非常に多いのですが、会社の社長さんや自営業のかたはなかなか禁煙できないみたいです。やはり周囲からうるさく禁煙しろって言われない自由な立場、つまり偉い地位についてしまったかたはよほど自制心がないと禁煙は無理みたいです。

ということで、禁煙はぜひ続けてください。肺がんはほんと苦しいですよ。肺気腫も怖いし。食道癌も喉頭がんも、、。
陰ながら応援しております。では、お体にはお気をつけください。

criss to tommy |  2010/12/03 (金) 17:10 No.4277


suzuckさん、こんばんわ。

>シーネイさま、わたしも大好きです。

というか、僕にシーネエイを教えてくださったのはすずっくさんですから。「奇麗だから歌はそこそこだろう」なんて先入観があったのですが、この人、美人なうえに歌もしっかりして最初びっくりしました。あまり癖がなくていつ聴いてもほっとします。

>そう、、お出かけした先で、ダイアナクラールのクリスマスアルバムがかかってました。

僕は昨夜はコリーホールのクリスマスアルバムを買って聴いていました。新譜じゃないですが。でもあまり良くなかった。

ことしは僕もすこしクリスマスアルバムをアップしようかと思ってます。手持ちの中からクリスマスアルバムを探すのはちょっと大変なんですけどね。

criss to suzuck |  2010/12/03 (金) 17:16 No.4278


J work さん、こんばんわ。

>ブログの方も、完全に復活されたようで、よかったです。

復帰というか、体力作りを主体にこのところがんばっていたのですが、寒くなってきて単にジムにいくのが億劫になって、それでブログを書いているだけで、本当はよろしくない傾向なのですが。でもこうも寒いとね~。

>Sinne Eegは、好きな歌手ですが、このアルバムは、
全く知りませんでした。

多分、J workさんが知っているのはファーストとセカンドだと思います。日本ではその2枚しか手に入らなかったのですが、最近、新作2枚が輸入盤通販業者(ベントさんやキャッツさん)で取り扱いを開始したみたいです。僕は最近、欧州からの個人輸入に凝っていて、それで手に入れていたのですけどね。



criss to J work |  2010/12/03 (金) 17:21 No.4279


baikinnmannさん、こんばんわ。

>ヴォーカルものは、普段あまり聴かないのですがcrissさんの記事を拝見して入手してみようと思いました。
以前記事にされていたWINTERPLAYのヘウォンもGOODでした。
winterplay よかったですよね。日本では全然話題になりませんでしたが。かえって個人的にはうれしかったりします。
あれよりは今ひとつかもしれませんが、でもこの人は癖がないから聴きやすいです。ボーカルはけっこう聴いていますが、やはりバックバンドに惹かれる人がいないとなかなか触手がのびません。この盤だって、ピアノがクリストファーセンなのんで買いましたが、やはりボーカルも聴けて、バックメンバーのソロもそれなりに楽しめないと僕は好きになれませんね。ボーカルだけは個人個人の好みもあるので強くは勧めにくいのですが、これは多分気に入ってくれるんじゃないかな。

criss to baikinnmann |  2010/12/03 (金) 17:27 No.4280

コメントを投稿する 記事: Sinne Eeg / Don't Be So Blue

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

-

管理人の承認後に表示されます

 2016/12/07
この次の記事 : Kevin Eubanks / Zen Food
この前の記事 : Helen Sung / Going Express
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。