雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

土曜深夜のジャズ日記

   ↑  2010/12/04 (土)  カテゴリー: diary

久しぶりにのんびりできそうな土曜日の夜なので、ゆっくりジャズでも聴きながらブログを更新しようかな。今聴いている音楽をリアルタイムでアップしていきます。今晩は5枚ぐらいは聴けるかな。

sixun live 2009sixun / Live in Marciac
( amazon.co.jp )
2010 Futur Acoustic
 

フランスのテクニカル・フュージョン・バンド、シクサンの最新作。2009年の夏に開かれたMarciac jazz festival の実況盤です。2008年リリースのスタジオ盤『Palabre 』のサポート・ツアーの一環ですね。ライブだけあってパコ・セリ (ds)ソロも聴けたりシクサン・ファン、ザビヌル・シンジケートのファンには見どこ万歳だけど、まあ一曲を除いて基本的に『Palabre 』と同じなので、どちらか一枚でもOKかな。やっぱりシクサンを聴くなら『 Nouvelle Vague 』( 1998 ) か『 Nomad's Land 』( 1993 ) がカッコイイねぇ。




fabrizio bosso jazzitaliano2009 Fabrizio Bsso / Jazzitaliano Live 2009
2009 LESPRESSO

ご存じローマのジャズ・クラブCasa Del Jazzでのライブ音源シリーズ、JAZZ ITALIANOの2009年盤からボッソのライブ。以前はこのシリーズはディスクユニオンでも4500円ぐらいで販売されていたのですが、今年は2000円で購入可能でした。わざわざ海外サイトに注文せずに済んでホットしていますが、Vento Azulさんの情報では、もともとこのシリーズはイタリアの駅の売店などで売られている雑誌の付録として流通していたもので、海外への流通は全くなかったものだそうです。それで異様に高価だったのですね。今年のボッソの出来はまずまず。いつものように巧いのは言うまでもありませんが、これまたいつものように全くノイエスがない。イタリア人ってやっぱりこういう暖かいサウンドをジャズにも求めるんでしょうかね。ボッソもこれだけ巧いなら一度ぐらい単身渡米でして、ニューヨーク・アンダーグラウンド界隈の危ない奴らとギグってもらいたいものです。


tim bowman_collection02Tim Bowman / Collection
( amazon.co.jp )
2010 Trippin & Rhythm



スムースジャズ界のギタリスト、ティム・ボーマンの最新作。新曲3曲を含むベスト盤。いつの間にかボーマンも中堅ですね。90年代半ばから活動しているから15年になります。ジェフ・ローバー絡みで聴いてきましたが、最近はちょっとご無沙汰でした。ノーマン・ブラウンと非常によく似たスタイルで、いわゆる《 Benson's Children 》なんて呼ばれてきましたが、ノーマン・ブラウンよりも癖がなく聴きやすいかも。この夏よく聴いたCDを久しぶりに引っ張り出して聴いています。




dave liebman _trio liveDavid Liebman Trio / Lieb Plays the Blues a La Trane
( amazon.co.jp )
2010 Daybreak



ブログ仲間の中年音楽狂さんがリーブマンの最高作と賞していたので、普段はあまりリーブマンを聴かない僕ですが、試しに買ってみました。本日到着したばかりの新譜です。ピアノレスのサックス・トリオという聴く前から身構えてしまう編成。しかもコルトレーン所縁のブルースばかりの一発撮り。いや~、やっぱり気合いが半端じゃありませんね。今は夜も遅いので大音量では聴けませんが、ぜひ日中に環境が許す限りの爆音でこのアルバムは聴いてみたい。うねるベースと爆発するドラム,そこに切れ込む鋭いリーブマン。リーブマンっていつもこんなに凄いのだろうか。ここらでちょっと集中的にリーブマンを漁ってみようかなぁ~。



Jeremy Pelt_Men of HonorJeremy Pelt / Men of Honor
( amazon.co.jp )
2010 High Note



ジェレミー・ペルトの最新作。とは言っても今年の1月に店頭に並んだアルバムだからちょっと古い。でもこの一年を通してよく聴いたアルバムです。ぺルトは Max Jazz からHigh Note に移籍したんですね。でもメンバーは、J.D.アレン、ダニー・グリセット、ジェラルド・クリーヴァーと変わらず、僕の大好物ばかりです。ジャケットのメンバーは狂暴性に満ち満ちたお姿ですが、出てくる音はクールで知的で、とってもスカしたカッコよさがあります。それにしてもダニー・グリセットのモーダルな浮遊感はたまらんなぁ。











Clip to Evernote

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1413.html

2010/12/04 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dejan Terzic Underground / Diaspora
この前の記事 : Kevin Eubanks / Zen Food

Comment


念のため「今年の最高作」ってことで...

crissさん,こんばんは。Twitterのメッセージもありがとうございました。念のため申し上げておきますと,Dave Liebmanの最高傑作は別にあると思いますが,「今年」の最高作は,ここで取り上げて頂いた作品と,Evan Parkerとの激突盤だと思います。Liebmanって多作なんで,フォローも大変ですが,これはよかったですよねぇ。私も大音量で聞きたくなってきました。月曜日のライブ行くぞ~!!

ちなみにBossoはBlue Noteでのライブはよかったですけど,ここでの作品はちょっと器用貧乏みたいな気もしますねぇ。ちょっともったいなかったと思っています。ということで,パリ到着早々コメントしちゃいました。

中年音楽狂 |  2010/12/05 (日) 02:09 [ 編集 ] No.4283


中年音楽狂さん、こんにちは。

そうですか。ちょっと読み違えましたね。あとで本文の「最高作」を「傑作」か「今年の最高作」に訂正しておきます。でもよれ良かったですよ。それから、ビッグバンドとの競演したものも届きましたが、まだ聴いていません。今晩でも聴いてみようかなって思ってます。
Evan Parkerとの作品も近日中に入手してみようと思ってきます。
パリ、到着ですか。楽しみですね。ライブ観れたらぜひご報告アップしてくださいね。では、お気をつけて。


criss to 中年音楽狂さん |  2010/12/06 (月) 08:09 No.4284


びっくり!
私、Tim Bowman 、、全く存じませんでした。
コメントを今、ゆっくり読み、すごい衝撃です!
最近、なんとなくハードな日々で、記事を見逃すところでした。金曜は、名古屋のブルーノートにナベサダさんのステージ観に行ったんですよ!
Jimmyが運良く私の横を通ってステージに上がられたので、Jimmy!と声をかけたら、微笑んで下さって、幸せでした。
ナベサダさんのお人柄と、ラッセルのとても優しそうな笑顔、温かいステージでしたよ。ウィルのドラムは、ジャイアントステップのyoutubeでしか見たことがなかったので、生で見る楽しさを感じましたし、ボブミンツァーと、ナベサダさんのソロの掛け合いもワクワクだったんです。
 さっきの曲の話に戻りますが、バッキングのリズムと、進行が、なんとなく香りがクンクンしますが、どのような繋がりなのかしら、、、何も存知あげず、今、初めて聴いています。
 12月に入り、もう、いろんなことがあり、、昨日は、ボランティアで関わっている子供達が、とても感動する演奏を聴かせてくれて、苦労が報われ、友人と感激していました。今日は久しぶりな友達からメールが着た、と思ったら、10日から、娘を連れて欧州に行くと言うので、聞いてみると、ウイーンに14、15日いるの?JLFのライブが見られる?
えーー、絶対見て来て、お願い、、、、。
 、、行きたいです、、でも、12月は、きっとすごい速さで流れて行くのでしょうね。
でも、これは、健康と、無事だから、順調に、流れているんですよね、それだけでも、かなり、幸せです。
 少し前の話ですが、私、80年には、ジョージベンソンの、あのアルバムを聴いてません。
もう少しだけ後になってからです。
 20代の頃は、少しでも歳をとってカッコよく見せたい時期がありました、最近は、たとえ1歳でも、大きな意味を持ちますので、、、ウフ。
 

ひまわり |  2010/12/07 (火) 00:28 No.4285


ひまわりさん、こんばんわ。

>私、Tim Bowman 、、全く存じませんでした
ふつうは知りません。スムースジャズファンであっても、この人は地味ですから。正直なところ、ギターが凄い巧いというわけではありませんし。この人聴くならそれこそ本文にも挙げたノーマン・ブラウンのが3倍ぐらい巧いです。ただ、僕自身、ちょっとギターを手にする身としては、このボーマンンというギタリストって耳コピーしやすいんですよ。ちょっと真似したくなるような親近感があってついトレーに載せては、自分のギターを構えて、みたいな。そんな使い方です。意外にそういうギタリストのほうが結局はいちばんよく聴いていたりするんですよね。

ナベサダさん、よかったでしょ。イエロージャケットをバックに従えてライブですからね。金かけてますよね。ジミー・ハスリップ、いいですね~。ミュンツァーとナベサダの掛け合いも観たいです。ミュンツァーの勝、かな。ナベサダも80近いでよ。10月くらいにはジェラルド・クレイトンらとライブやっていたと思ったら、今度はイエロージャケットでしょ。衰えを知りませんね。みんな高齢なのに凄いや。僕も疲れたぁ~~~なんて言ってられません。頑張らないと。

>少し前の話ですが、私、80年には、ジョージベンソンの、あのアルバムを聴いてません。
もう少しだけ後になってからです。

そうでしたか。それはそれは失礼しました。で、ところでお歳は

criss to ひまわりさん |  2010/12/08 (水) 23:20 No.4286


crissさん、こんにちは。

こちらは、雪が大量に降っています。予定していた用事も、泣く泣くキャンセルせざるを得ない状況です。交通網が全く駄目なので仕方がないのですが。。明日の演奏の仕事も、会場まで行けるかどうかで、先方とギリギリまで待って、決めましょう、という話になっています。

今日、前にテレビで撮ったDVDを一枚送らせて頂きました。
リニーのが入っていないので、あまり面白くないかもしれませんが、時間がある時にでも、是非、御覧になってみて下さいね。

Laie |  2010/12/09 (木) 00:44 No.4287


crissさん、今、3SATの予定表を見たら、12月分が余分にアップされていました。今年のレーバークーゼンの追加もあるようですが、古い映像がかなり多いみたいです。もしも、この中でご希望があれば、御一報ください。

http://www.3sat.de/dynamic/sitegen/bin/sitegen.php?tab=2&source=/musik/41383/index.html

Laie |  2010/12/09 (木) 16:33 No.4288


Laieさん、こんばんわ。
雪ですか~。今まであまり考えたことがなかったけど、Laieさんからいただくコメントやメールを読んでいると、ドイツってやっぱり北国なんだなぁと実感します。北海道みたいなもんなんですかね? 
3SATの番組表拝見しましたが、ほとんど知らないミュージシャンばかりで、観たい、という番組はありません。アル・ディ・メオラやパコ・デ・ルシアなんか観たい気もしますが、既にDVD持っていますし....。
それにしてもこの出演者たちはドイツでは活躍されているミュージシャンなわけですよね。日本にはまったく情報が入ってこない人たちです。僕らのもとに届く海外のジャズ情報なんてかなり国内輸入盤取り扱い業者のフィルターを通過した限られたミュージシャンだけなんでしょうね。

クリスマスに間に合うように、こちらからもちょっと贈り物を送らせていただきます。ちょっと毎年この季節に買うCDがありますので、一年の〆になんとなく聴きたくなるオムニバスアルバムなんですが、それを送らせていただきます。日本でしか手に入らないものですので、楽しみにしていてください。では、寒いですから十分ご自愛ください。

criss to Laie |  2010/12/09 (木) 17:52 No.4289


crissさん、どうぞお気を遣わないで下さ~い。。もしかしたら、お気遣いされちゃうかと思っていましたが、お送りしたのは、今回は一枚のみです。それなので、本当にもらいっぱなしにしておいて下さい。。

ドイツと北海道は、緯度が大体同じくらいなので、天気も似ているのかもしれませんね。先日の雪にかなり水を含んでいて、スコップで2時間おきに一日5,6回雪掻きしたら、すっかり腰をやれました。カイロプラクティックに通っている最中なのに。。(苦笑)

こちらの記事に紹介されている曲をステッパーをしながら、全部聞かせて頂きました♪選曲がとても良かったです。有難う御座いました。

Laie |  2010/12/10 (金) 07:29 No.4290


Laieさん、こんにちは。

昨日、例のCDを買ってきました。夜だったのでまだ聴いていませんが、それほど内容は期待しないでください。ただ、日本では一番有名なジャズ評論家、寺島靖国氏が監修して、毎年出しているコンピなんですが、聴きやすいことは保証します。彼の美意識は女性にはけっこう受けるとおもいますから。明日には郵便局に行ける時間が取れそうなのでお送りできると思います。

>ドイツと北海道は、緯度が大体同じくらいなので、天気も似ているのかもしれませんね。

地図をよく見ると確かに北海道ぐらいの緯度があるんですよね。漠然ともう少し南にある国のような気がしますが、やっぱり寒そうですね。というか、以前、春にドイツに行ったとき、確かに旅行中ずっと寒い寒いっていいながら移動していましたからね。
では、ステッパーがんばってください。腰はほんと大切ですから、お気をつけください。僕も連日の大腸内視鏡検査をしていて右手首を腱鞘炎を起こしてしまい、整形外科通院中です。だいぶ良くなりましたけどね。

criss to Laie |  2010/12/13 (月) 07:57 No.4292

コメントを投稿する 記事: 土曜深夜のジャズ日記

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Dejan Terzic Underground / Diaspora
この前の記事 : Kevin Eubanks / Zen Food
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。