雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

《 My Fav Song This Week 》

   ↑  2010/12/08 (水)  カテゴリー: vocal
Toots Thielemans with Silje Nergaard 《 Last Night When We Were Young 》
from Album 『 One More for the Road 』 ( 2006 Verve )



トゥーツ・シールマンスの新譜『 European Quartet Live 』( 2010 Challenge ) がとっても沁みる。聴けば聴くほど沁みてくる。決して新しくはないけれど、忘れてはならないものが彼のこの作品には込められているような気がする。こういう音楽は時を経ても決して風化することはないだろう。そんなことを考えながら、古いシールマンスのアルバムを引っ張り出しては片っ端からい聴いている。やっぱりシンプルにピアノトリオをバックに吹くシールマンスがいい。フレッド・ハーシュ、ジョーイ・バロン、マーク・ジョンソンとの共演作『 Do Not Leave Me 』( 1986 Milan )とか『 Only Trust Your Heart 』( 1990 Concord )とか。




Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1415.html

2010/12/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 《 My Fav Song This Week 》

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。