雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Fred Hersch / Whirl

   ↑  2010/12/13 (月)  カテゴリー: Jazz
fred hersch_whirlFred Hersch / Whirl
( amazon.co.jp )
2010 Palmetto Records
 

Fred Hersch (p)
John Hebert (b)
Eric Mcpherson (ds)





►はじめにお断りしておきます。このエントリーに関しては今週いっぱいかけて少しづつ加筆しながら完成させるつもりですので御了承ください。

エイズ脳症からの奇跡の生還を果たしたピアニスト、フレッド・ハーシュ ( Fred Hersch, Cincinnati OH, 1955~ ) の復帰第一弾作品。

ハーシュは1986年に自らHIV感染者でもあることをカミングアウトし、以来、エイズに対する偏見をなくし、撲滅するための教育や基金に関する活動を続けてきましたが、残念なことに自身もエイズを発症。懸命な治療を行ってきましたが、ついに2008年の初めにエイズ脳症を発症。重症化するなかエイズ認知症も併発し、入院を余儀なくされました。エイズの末期に出現するエイズ脳症は通常は非可逆的で進行性に増悪していきます。ハーシュも遂には完全な昏睡状態に陥り、腎不全から定期的な人工透析を要するようになり、また肺炎から呼吸不全となり、気管切開&人工呼吸器管理も必要なほど状態は悪化していきました。家族も彼の死を覚悟したといいます。普通はこの時期には医師も諦めムードになるものです。いわゆる多臓器不全のICU管理ですから、よほど原疾患がコントロール可能でない限り、リカバーする可能性はないと判断。万事休す、といった状態だったと思うのです。がしかし、ここからハーシュは奇跡的な回復を見せます。奇跡などという言葉は容易く使うものではありませんが、この場合は本当に奇跡的と呼んでもいいくらいの回復だったのではないでしょうか。信じがたいエイズ脳症からの生還です。( source: The New York Times Magazine )





Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1418.html

2010/12/13 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Fred Hersch / Dancing in The Dark
この前の記事 : Toots Thielemans / European Quartet Live

Comment


大切になる一枚

crissさん、こんにちはmonakaです。
集中してハーシュありがとうございます。
この時期に何度もハーシュを確認することいいことです。
命とのかかわりでも、音楽が横にあること幸せですね、ハーシュの次がヴィーナスと聴いておどろいていますが、それもこれは許せます。
crissさん、最近凄い勢いですが、ご無理な去れないように、自分を見ながらの心配です。
ッア、TBさせていただきました。

monaka |  2010/12/16 (木) 22:00 No.4299


TBありがとうございます。

>この時期に何度もハーシュを確認することいいことです。
たしかに。このところハーシュの古い作品をたくさん聴きなおしています。日本では意外にアンダーレイテッドな扱いを受けていますが、この人は90年代以降のニューヨーク・シーンでもかなり重要な位置にいるピアニストだと思います。
エバンスにはじまり、ハーシュを経て、メルドーに至る旅。
大好きです。

criss to monaka |  2010/12/16 (木) 23:08 No.4300

コメントを投稿する 記事: Fred Hersch / Whirl

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

美薗で弾く  Whirl / Fred Hersch

記事のUPが随分出来ません。仕事のボリュームが影響しています。 乱暴に書いたような記事をそのままUPしてしまって、とても恥ずかしいものでした。 そして今でも、ビジネスは異常な状態なので、どうも上手く記事をかけません。 それでも何とかJAZZ最中を維持しよ

JAZZ最中 2010/12/16
この次の記事 : Fred Hersch / Dancing in The Dark
この前の記事 : Toots Thielemans / European Quartet Live
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。