雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Eumir Deodato / Love Island

   ↑  2010/12/16 (木)  カテゴリー: fusion
deodato_love islandEumir Deodato / Love Island
( amazon.co.jp )
1978 Warner


Eumir Deodato (phodes)
Larry Carlton (g)
George Benson (g)
Gordon Edwards (b)
Harvey Mason (ds)
Robert Popwell (b)



デオダート ( Eumir Deodato, Brazil, 1943~ ) の新作 『 The Crossing 』 が発売されましたね。70年代のCTI時代を彷彿とさせる原点回帰路線がオジサンたちの涙腺を思いっきり緩めることでしょう。超懐かしいローズの音色。もう山積している仕事の悩みなど忘れてしまうくらいにデオダートのメローなサウンドに酔いしれております。HMVのキャプションをみると、デオダートのようなサウンドを “メロウ・グルーヴ” と呼ぶんだそうな。確かにうまいネーミングだね。そんな感じがぴったりだ。アル・ジャロウも変にジャズをやろうとせず、こういうAOR/Fusion 系の歌を歌ったほうがカッコイイです。

ということで、今宵はその新譜ではなく、昔懐かし70年代のデオダートの傑作 『 Love Island 』 を引っ張り出して聴いています。初期のCTIもいいけど、この78年のワーナー移籍第一弾作品も超メローで、真夏の休暇にぴったりのリゾートソングが目白押しです。今年の正月は我が家はボルネオ島で過ごす予定ですが、iPod にデオダートをたくさん詰め込んで、プールサイドで果てしなくダレながら聴こうかと思いを巡らしている最中です。あ~、早く休みにならんかなぁ。




Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1423.html

2010/12/16 | Comment (16) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Eumir Deodato / The Crossing
この前の記事 : Jason Moran / Ten

Comment


crissさんもお好きでしたか。

こんにちは。新作、好きです。このアルバムもだいぶ前に記事にしました。私って、Deodatoのアルバムは★★★★ばかりつけてるみたいになってますが、根本的に好きなんでしょうね(笑)。

ダメもとでTBしてみます。

中年音楽狂 |  2010/12/18 (土) 13:47 No.4301


私も、このアルバム大好き!
この好きっていうのは、懐かしさなのかな?
でも、この曲は、今、初めて聴いたんだけど、とても、うれしくなる。
自分の中に、このタイプの音楽が根底にあるんでしょうね。
 波の音で始まって、南の島が浮かんで、気がつけば、ハイ!見渡す限りのエメラルドグリーンの海、その向こうには、白い波と、さらに深い紺碧の海が見え、そこにいるみたい。
  昨日は、チックコリアのソロがどうしても聴きたくて、コンサートに行きました、もう感激よ。
やはり、磨き抜かれたテクニック、意外なほどに、右足でカウントしてみえました。一定のリズムを刻むのは、右脳が得意だと思っていたのに、彼は、左利きなのかしら?
軽やかな、ピアニッシモを弾く時は、肩とひじを使って、右ひじを上手く使い、きれのある音を出していた。
奥様との夫婦愛にも、感激、、、アンコールで奥様のゲールモレインさんが出てみえて、熱唱の後、最後に御主人にキスしたんです。
ジーンときてしまった、、本当に、素敵な夫婦。
 また、先日、fourplayのコンサートに行く途中、街の中で、不思議な歩き方をした雨合羽を着た人が、気になり、じっとみていると、何と、ネイザン・イースト。日本人の歩き方とは違って、スイングしてるから、すぐわかってしまい、キャーーーー、
ネイザン!!!って声をかけたら、大きな瞳と、真っ白な歯で、とても爽やかな笑顔!
コンサートの始まる20分くらい前だったのに、ちょっと、今から、行って来ないと、、と、さらに、歩いて、出かけて行ったの。何か用があったのかしら?
もし、コンサートに備えて意識を集中している時だったのなら、悪いことをしてしまったわ、と後で思いました。
ステージに上がると、さっきの雨合羽の印象とは異なり、やはりスターですね、輝いていた。
ボブ・ジェームスはデスクラビアを弾いていたと思う。グランドピアノから、シンセの音が聴こえてくるし、おお!って。チャックはうれしそうだった、メンバーに入ってうれしいのが、わかる。
最近、知ったことが多々ですが、、、、ハービーが参加しているアルバムに、たくさんの好きな曲があります。この曲もそうだけど、夏にハービーのコンサートに行った時、折角サイン会でお話出来たのに、言えなかった、、残念。
 生のコンサートは、たくさんの気付きや、感動をくれる。
そして、この曲を聴いて、さらに、うれしいことが、いっぱい浮かぶ。
今月は、クリスさんはじめ、皆さんの紹介のCDが、まあ!いい!で、かなり注文しています。


 

ひまわり |  2010/12/18 (土) 21:40 No.4302


中年音楽狂さん、こんばんわ。

このアルバムについて以前、中年音楽狂さんが触れていたのを思い出し、今回アップした次第です。これいいですしょね。トミー・リピューマがプロデュースしているので、他の作品とちょっと雰囲気が違いますしね。このホンワカ、モッサリ感が時代を感じさせます。ということで、ココログのスパムはしっかりTBされるのに、中年音楽狂さんのは駄目みたいです。今回もリンクを貼らせてもらいます。では、また。

criss to 中年音楽狂さん |  2010/12/19 (日) 03:10 No.4303


ひまわりさん、こんばんわ。

ビッグネームばかりたくさんライブ行かれているんですね。それも会話したりして、ミュージシャンと直に触れたりして、すごいなぁ。声掛けるなんて、僕にはできません。まあ、だいたい英会話苦手ですので。

あ、そうそう、チックコリアのソロで思いましたけど、夏ごろ、コリアの3枚組ソロ・ボックス買ったのに、全然聴いてなかった。これからとりあえず1枚ぐらい聴いて寝よっと。

criss to ひまわりさん |  2010/12/19 (日) 03:27 No.4304


言われてみると、確かにビッグネームのコンサートですね。ただ、先月末から、今月に入って、ジャンルを問わず、いろんな人のコンサートに行っています。
 その中で感じたのは、世の中には、素晴らし才能があっても、日の目をみない人、淘汰されてしまう人がいること。その中で、長く、その分野で現役で活躍されてみえる人には、それなりに理由があり、それが知りたかったし、Jazzのピアノソロには、本当に関心がありました。
 あと、私、英会話はむしろ苦手、、でも、一流と言われる人の多くは、とても寛容で、つたない会話にも耳をかしてくれることが多いのを知っているので、これは、私のずうずうしさだと思います。

ひまわり |  2010/12/20 (月) 10:19 No.4305


ひまわりさん、こんばんわ。
今年もあと10日ですね。今年は忙しくてクリスマスツリーもまだ用意していないし、大掃除もまだ、年賀状もまだ、な~んにもできていません。なのにこんなぶろぐばっかり更新して、まったく現実逃避しているみたいで、妻からは白い目で見られてます。というか、今も、白い目で見ています、ソファーでチョコレート喰いながら。

>世の中には、素晴らし才能があっても、日の目をみない人、淘汰されてしまう人がいること。その中で、長く、その分野で現役で活躍されてみえる人には、それなりに理由があり、

理由はあるかもしれませんで。でも、ミュージシャンの世界って僕らにはわからないドロドロした利害関係、人間関係があるようですよね。才能が互角でも、売れる人と売れない人がいますからね。なんでしょうね。人間性ですかね。ほんのちょっとした出会い、逆にすれ違い、そんなことで人生決まっていくんですよね。僕らの社会も才能だけで渡っていけるほど単純じゃないですものね。

>私、英会話はむしろ苦手、、でも、一流と言われる人の多くは、とても寛容で、つたない会話にも耳をかしてくれることが多いのを知っているので、これは、私のずうずうしさだと思います。

でも、あれですよね。ミュージシャンのほうとしても日本人女性だから愛想がよくなる、ってとこもありませんか? 日本人でも僕のような親父だと警戒されちゃいそうで、腰が引けます。

criss to ひまわりさん |  2010/12/21 (火) 19:19 No.4307


何故だかわからないけど、気が進まない、身体が重い、違う事には関心がわくけど、やらなければならないことには、やる気がしない、、って、私にもあります。
その時は、あきらめて、勿論、罪悪感は伴うけど、ただ、身体を休ませるようにしています。
ウルトラマンでも、弱ると、ピコピコ点滅しますよね?( 、、、、、今のは、しない?)
その後は、すごい勢いで、挽回しますが。
 私はピアノで、好きな曲だけを弾いていると、かなりリフレッシュするみたいなので、それも、効果的に使っています。
クリスさんは、ブログなのでは?
 Herschのソロがとても気に入り、昨夜から、雪の街、雪の森の中、雪の道路、雪の空港、全て雪、雪、、の世界で想像して弾いています。
友人が、中欧のクリスマスの写真を送ってくれたのですが、冬景色がきれい、ツリーに本物の雪。
 私が子供の頃に読んだマッチ売りの少女は、本当に悲しい絵が描かれていました。
クリスマスの温かい家庭の窓の向こう、氷点下の外気の中、女の子はマッチを売り歩きました。
どれだけ、悲しかったことでしょう。
クリスマスの温かい家庭、家族の思い出は、子供の心に、永遠に残ります。
 私は、今日、ボランティアの子供達と、ミニコンサートでした。楽しそうな子供達の笑顔に、何度も、幸せを感じました。自分の行為を喜んでくれる、待ってる人がいるのは、うれしいです。
でも、終わるとホッとしたのか? 
ドッと疲れが出て、接骨院で、マッサージを受けました。
何度も、言いますが、クリスさんより若いです。(笑)
年賀状、私も22日は、徹夜で、23日が勝負です。
 

ひまわり |  2010/12/21 (火) 23:34 No.4310


ひまわりさん、こんばんわ。
既に午前1時を回っていますが、今日は休みなので、部屋の片づけなどをしながらジャズを聴いて過ごしています。

>私はピアノで、好きな曲だけを弾いていると、かなりリフレッシュするみたいなので、それも、効果的に使っています。クリスさんは、ブログなのでは?

僕もギターを弾いているときは気分転換になりますが、ブログを書くことはあまりリフレッシュにはなっていませんね。むしろ書くのは疲れる作業です。でも好きだから書きますが、やっぱり疲れますよ。仕事で一日中、モニタや細かい作業をして、家に帰ってくるともう眼が霞んでよく見えないんですよ。ひまわりさんはそういうことないですか。だんだん暗いところでの作業が苦痛になってきてしまって、やっぱり眼も確実に老化しているんだなぁ~って思います。


>私は、今日、ボランティアの子供達と、ミニコンサートでした。
僕もボランティアや寄付などをいつかはしたいと思っているのですが、日々の忙しさに負けて行動に移せません。
そう言えば、先日、僕の知人の医師が、一月分の給料をまるまるある団体に寄付したと言ってました。50歳近くの医者の給料一カ月分って、自分で言うのもなんですが、けっこうな額ですよ。それをポンと寄付しちゃうんだから凄い奴だと感心しました。僕には絶対できませんね。そんなことをしたら妻が怒りまくるのが目に見えていますから、怖くてできません。ボランティアやろうものなら、家族のためにもっと時間を作って、と怒られそうです。ボランティアも寄付も現状の自分には無理かな。

あ~、年賀状、書かねば。掃除もしなきゃ。要らない雑誌をスキャンして捨てなきゃ。車のオイル交換しなきゃ。網戸を掃除しなきゃ。嫁さんのクリスマスプレゼント買わなきゃ。あ~、もう時間が足りない。やっぱり師走は否応なしに忙しくなりますね。

ということで、週明けから僕ら家族はボルネオのジャングルにコモドオオトカゲに会いに行ってきます。しばらくブログはお休みです。では、来年もどうかよろしくお願いします。
寒いですから十分、ご自愛ください。ゴホン、ゴホン、、、。



criss to ひまわりさん |  2010/12/23 (木) 01:21 No.4312


今年も、残りあとわずかですが、新年も、どうぞ、よろしくお願いします。
ボルネオで聴いた音楽是非、お待ちしています。

ひまわり |  2010/12/31 (金) 23:23 No.4320


ひまわりさん、あけましておめでとうございまず。
お正月はいかがお過ごしでしょうか?
僕は昨夜、ボルネオより帰還し、今日はゆっくり体を休めつつ、年末にできなかった大掃除をしています。明後日まで一応休み(ちょっとは仕事ありますが)なので、今夜遅くに栃木に帰省する予定です。テレビをつけちゃうとついだらだらと駅伝なんか観て過ごしてしまいそうなので、今日は絶対テレビはつけずに、ジャズを聴きながら掃除しようかなぁ。

>ボルネオで聴いた音楽是非、お待ちしています。
いやいや、ほとんど聴いていませんのです。子供相手に一日中プールと海で遊んでいて、のんびり音楽を聴く時間などなかったですわ。それにリゾート地に行くと気分的にジャズは聴きたくなくなるものです。山下達郎なんかをリピートで繰り返し聴いていたぐらいですかね。そんな訳で一週間ぶりぐらいに今ジャズを聴いていますが、かえってジャズが新鮮に聞えていいもんです。今日は一週間分まとめてどっぷりジャズに浸ろうかと思ってます。

では、今年もよろしくお願いいたします。適当に更新していきますので、あまり期待しないように。ほんと、今年は適当に行きますからね。

criss to ひまわりさん |  2011/01/03 (月) 12:09 No.4322


ボルネオ満喫されたようで、良かったですね。
プールや海で、のんびり過ごされたようで、一番良い旅の過ごし方ですね。
 私は、今年は、親戚活動でした。
一年に一回くらいしか会えない人達にも会いました。兄弟の子供が、母の事を、バーバリーと、呼んでいて、娘としては複雑な心理でした。
母は、目上の人への挨拶に、とても厳しい人で、必ず相手の目を見て、腰からお辞儀をして挨拶するよう注意していましたから。甥、姪も名門私立で、成績は優秀みたいですが、私から挨拶しても、知らん顔しながら、お年玉を受け取りました。
ボランティアで接している子供達と、かなりのギャップがあり、これは?
と、思いましたが、気になったのは、私と従兄弟だけで、さらに悲しく思いましたが、自分も、若い頃は恥ずかしくて出来ないこともありましたから、人のことは言えないし、本人が気付いていくことなんですよね。
 そのような訳で、心を温めてくれる書物を読みたい心境で、捨てようとしていた本を取りだして読みかけたり、ショパンのワルツ集を弾いていました。ワルツは、難易度も高くないので、弾いているうちに、別の部屋に入っていけ、現実逃避にはもってこいなんです。
 山下達郎もいいですね、、毎年、夏になると、踊りだしたくなるようなヒット曲が出てました。
それなりに大変なこともあったかもしれないけど、毎日が楽しいことしか目に入らなかった時代。
山下達郎、聴いてみよう!
JLFが来日してくれたら、全て吹き飛びますが、新春とうとう、夢にも出てきて、NHKの歌番組に出ていたのに、気付かず、残り数分を見たくて、あわてて、テレビを探している夢でした。
友人が、慌ててテレビを買った話が、記憶にあったのでしょうね。
 話が長くなりましたが、今年もよろしくお願いします。クリスさんのペースで、、無理なくで、大丈夫です。






  

ひまわり |  2011/01/04 (火) 18:03 No.4328


ひまわりさん、明けましておめでとうございます。

ボルネオから帰ってきたばかりだというのに、すでに仕事に忙殺されて、あんなにプールでのんびり過ごしていたことが遠い昔のようです。完全に現実に引き戻されて、慌ただしい日々を送っています。

ところで、ひまわりさんはピアノを弾かれるのでお聞きしたいのですが、電子ピアノを買うなら、ヤマハ、ローランド、カワイのどれがお薦めでしょうか。実はうちの息子(5歳)がピアノを習っているのですが、今までは僕が昔ちょっと使っていた安物のエレピを使わせていたのですが、彼もだいぶピアノが好きになってきたようなので、このあたりで少しちゃんとしたピアノを買い与えようかと思っています。もちろんアップライトを買えればいいのですが、マンション住まいなので防音の問題もあり、まずは電子ピアノをと思ってます。20マン円前後で探しているのですが、ローランドの HPi-6F ( 229000円 )あたりがいいかなって思っていますが、お店の人が言うにはそれそれのメーカーで音色が全然違うらしく、ただ具体的にどう違うのかは言ってくれなかったので、よくわかりません。教えてくれている先生はローランドが好きだと言っていました。同僚の芸大出身の婦人科医師は、絶対電子ピアノはいけない!の一点張りで、電子ピアノなど論外というスタンスなので話しになりません。
ひまわりさんはどう思いますか? お教えいただけると幸いです。

ということで、全然関係ない話ですみません。今年はいろいろジャズ以外のことに時間を使おうと思っているので、ブログの更新はたまにしかできないと思います。まあ、のんびりやっていきますので、どうかよろしくお願いいたします。

criss to ひまわりさん |  2011/01/06 (木) 21:49 No.4330


お疲れ様です。
私も、どっぷり仕事につかり、年末年始の時間の流れが遠い日の事のようです。
ヤマハ、ローランド、カワイ、、、難しい選択ですね。
マンションの事情から考えると、エレピわかりますが、将来クラシックをしっかり弾くのなら、私もピアノが良いと思います。
指先の微妙なタッチが本当に違います。これは、言葉で表現しにくいのですが、常にピアノで弾いている人がエレピを弾くと、弾いた瞬間に違和感を感じます。出来れば、早い時期に、ピアノで弾くことが望ましいと思います。
日頃から微妙な感覚を磨き、良い音をだすために訓練しているので、それは最もなことで、芸大出身の産婦人科医の先生がおっしゃるのは、とても理解できます。
さらに、上達していくと、アップライトでは、うまく弾きこなせなくなり、グランドピアノに移行します。
グランドも、楽器のグレードが上がると、不思議なことに、こちらの意図する音を表現するのが伝えやすくなります。
あと、べーゼンドルファー、スタインウェイの音、深く、美しいです。
良いものは、さらに輝かせるし、弾いていると、湧きあがってくる音で、うれしくなり、さらに相乗効果で、上手くなり演奏に磨きがかかります。
そんな気持ちにさせてくれる魔法のピアノが存在します。すみません、横道にそれていますね。
 今は各メーカーのエレピも進化しているようなので、実際に展示会に行かれたり、弾き比べをしてみられることを、おすすめします。
ただ、小さい頃についたクセはなかなか矯正しにくいので、軽いタッチのものだけは、選ばないようにしてあげて下さい。
ローランドは、私の中では、シンセのイメージが強いですが、ストリングスの音が非常にきれいで、ピアノの音もきれいであった記憶があります。カワイは、子供の頃、教えて下さった先生の自宅にありました。個人的には、音がきれいで好きでした。ヤマハは、自宅にあるので、一番知っているピアノです。
 今は、中古アップライトピアノもあり、良いものに出会えれば、グランドピアノを買うまでのつなぎとして使用しても意味があるかもしれません。
サイレント機能を付ければ、ご近所に迷惑をかけないですみます。
 ごめんなさい、私も、これ!と結論が出ないです。
ただ、ピアノが弾けることは、幸せなことであり、私は親が与えてくれた財産の中で、一番感謝しているものです。身に付けたものは、一生、子供の中に残り、人生を楽しいものにしてくれると思います。
実際、外国人とも、音で、すぐに仲良くなれます。
感覚で感じたものには、偽りはなく、その人の意志や気持ち、その時の感情までわかることがあります。思春期の男の子には、将来、好きな女の子が出来た時に、何回も好きだ!と言うよりも、この曲をマスターした方が効果があるわよ!と、笑いながら、教えています。
実際、私がそうですから、、、女性の心理がわかります。
もし、楽器でお困りの時は、気楽にアドレスに連絡下さいね。知っている人を御紹介出来るかもしれません。
クリスさんのお子さんの成長をお祈りしています。
 

 

 

ひまわり |  2011/01/06 (木) 23:50 No.4331


ひまわりさん、ご返事が遅くなってすみません。ここ数日、福島で開業した知人に頼まれ、ネットもつながらない山奥の診療所で働いてきました。昨夜遅くに東京に戻って、今日からまた激しく働いています。

お忙しいのに詳しくご説明いただいて、ありがとうございます。エレピより生ピ。アップライトよりはグランド。というのはやはりピアノを長年やってこられた方には自然な考えなのでしょうね。そういわれると大変迷いますが、なんだかんだ言って、今のマンションにグランドピアノを物理的に入れるのは無理だし、第一、子供がピアノをずっと続けていく意志があるのかも定かではないので、グランドは選択肢には入れれませんね。せいぜいアップライトが精一杯ですが、やっぱり値段がそれなりにしますから、簡単には買えません。やぱりまずはエレピのそこそこの値段のものを買い与えて、それで続くようならアップライトにグレードアップしようかと思ってます。夢としては、今のマンションを売却して、一戸建てを買って、地下に僕のオーディオルームを作り、そこにグランドピアノを入れることなのですが、まあ、一生無理かな。

実際にお店で弾かせてもらっても、僕ら夫婦はろくに鍵盤なんか触ったことがないので、よくわからないです。もう少し購入なで時間をかけて、いろいろな方に話を伺おうと思ってます。またひまわりさんにもお聞きすることがあるかもしれません。そのときはどうかよろしく。

criss to ひまわりさん |  2011/01/11 (火) 09:01 No.4333


  どうぞ、お気軽に、困ったことがありましたら、お知らせ下さい。
クリスさんのお気持ちよくわかります。
お子さんがどこまで鍵盤楽器を続けるか?わからないですものね。
当時の私は、ピアノのレッスン日に、ドリフの番組があり、レッスンに行かないとドリフを観せてもらえない、先生に丸をもらえないと、母親に叱られる、と、やむなく続けていた時もあります。
ピアノを買ってしまい、母親が後悔し、愚痴を言っているのを聞くと、子供としては、辞められない心境にもなりました。
 救いは、時々遊びに来る祖母が、ピアノの横に椅子を並べて聴いてくれました。
何を弾いても、上手、上手、と手を叩いてくれて、笑ってくれて、うれしかったです。
母は、どうしても、子供を上手くさせたい気持ちが強すぎて、また、間違えた!
また、間違えた!と、間違えた時しか言わないので、子供心には、悲しかったです。
あげくに、何々ちゃんは、ものすごく上手なのに、、でした。
今は、母の気持ちもよくわかりますが、、、お子さんには、たくさん、ほめてあげて下さい。
良い部分を見つけて、具体的に誉めると、もっと、もっと、上手くなります。

 あと、携帯の電波もつながらない山奥、私、時々憧れます。


ひまわり |  2011/01/15 (土) 12:17 No.4336


ひまわりさん、こんにちは。

いまのところ息子は楽しそうにピアノ教室に通っていますので、いずれ嫌になってやめるかもしれませんが、とりあえず今の彼の気持ちを大切にのばしてあげたいと思っています。
先生も電子ピアノは薦めておらず、グランドとは言わないまでもアップライトを買うことを薦めています。ちなみに教えてくれている先生は、ボストンピアノを使っています。

家に帰ってきてからも、妻と息子で仲良くピアノの練習をしています。妻もピアノは弾けないのですが、この機会にと、一緒に練習に励んでいるようで、二人ではしゃぎながら楽しそうに鍵盤を叩いています。

先生が言うには、同じ値段を出して電子ピアノを買うなら、ローランドがいいんじゃないだろうか、ということで、気持ちはだいぶローランドに固まりつつあります。あとは電子楽譜機能が付いているほうがいいか、あるいは不要なのか迷うところですが、僕や妻が遊びでいじるには電子楽譜付きがいいかなって、思っているところです。

それから、僕の実家は、「携帯のつながらない山奥」ではありませんよ(笑)。「WIFIが届かない山奥」です。携帯はちゃんとつながります。でも僕も東京で生活していると時々、携帯もつながらないような山奥に住んでみたくなるときがあります。でもそれはあこがれであって、いざ住んでみると一週間でいやになってしまうだろうと思います。
理想的には東京に家を持って仕事も東京でしながら、週末だけ山奥の別荘でのんびり高級オーディオでジャズを聴いて過ごすこと、でしょうか。まあそんなの夢のまた夢ですが。

ということで、またなにかわからないことがあったらご相談に乗ってください。では、また。

criss to ひまわりさん |  2011/01/17 (月) 08:37 No.4339

コメントを投稿する 記事: Eumir Deodato / Love Island

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Eumir Deodato / The Crossing
この前の記事 : Jason Moran / Ten
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。