雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Eumir Deodato / The Crossing

   ↑  2010/12/18 (土)  カテゴリー: fusion
deodato_The CrossingEumir Deodato / The Crossing
( amazon.co.jp )
2010 Expansion



Eumir Deodato (el-p), Rossana Nicolosi (b), Lino Nicolosi (g), Pino Nicolosi (key), Mimmo Campanale (ds), Marco Fadda (perc), Al Jarreau (vo), Dora Nicolosi (vo), Jimmy Helms (vo) , Jimmy Chambers (vo), William Upshaw( vo), John Tropea (g), Billy Cobham (ds), Airto Moreira (perc), Leonardo Govin (tb), Gianni Virone (ts, fl), Janier Isusi (tp), Chris Wakler (vo), J. Patrick Lundquist (vo), Joe Turano (vo)


1972年の『 Prelude 』(邦題:ツァラトゥストラはかく語りき) や1973年の『 Deodato 2 』( 邦題:ラプソディー・イン・ブルー ) などが日本でもヒットしたクロスオーバー時代の寵児、エウミール・デオダート ( Eumir Deodato, Rio de Janeiro, 1943~ ) の久しぶりの新作が突然リリースされました。僕個人的にはデオダートは完全に過去に人ですが、ただ、青春を共に過ごした初恋の女性のような存在で、すっかり忘れていいたけど名前を聴くと心の奥底がじんわり熱くなるようなミュージシャンです。

前に聴いたのがいつ頃のことなのかすぐには思い出せないくらい久しぶりに今回聴いたのですが、どのくらい久しぶりかというと、多分、1989年のアトランティック盤『 Somewhere Out THere 』以来だと思いますので、実に20年ぶりということになります。実は今回まで知らなかったのですが、ブログのお仲間さんである中年音楽狂さんの記事によると、2007年にトリオ編成でのライブ盤『 Ao Vivo No Rio 』がリリースされているようです。

デオダートは、90年代は自身のバンド活動はほとんど行っておらず、もっぱら他のアーティストのプロデュース業に励んでおり、Cool and The Gang や EW&F などのサポートではだいぶ懐が潤ったらしいです。2001年には15年ぶりにソロ活動を開始し、2002年の North Sea Jazz Festival に出演、2008年には31年ぶりの来日を果たし、コットンクラブでライブを行っています( 知らなかった!)。

現在イタリア在住のデオダートは、今作の制作にあたって優秀なイタリア人ミュージシャンを起用しています。プロデュースを担当しているのは、ビリー・コブハムの『 Drum'n Voice 』シリーズやトゥーツ・シールマンスの『 Live Takes 』、あるいはゲイリー・ハズバンドの『 The Things I See 』などのプロデュースなどで徐々に認知度を上げてきたイタリアの兄弟姉妹グループ、Novecento 。

Novecento はギターのリーノ、キーボードのピーノ、ベースのロサーナ ( 女性 ) のニコロッシ兄弟にボーカルのドーラカロフィグリオ( 女性 ) を加えて1984年に結成されたダンス・ユニットで、のちにボーカルのドーラとギターのリーノが結婚したため、完全なファミリー・バンドになっています。80年代から90年代にかけて、時流に乗ったユーロビート系の音楽を演奏していましたが、近年は自身のバンド活動よりもむしろ、他のアーティストのプロデュース業に活動の軸足を置いているようです。Nicolosi Production というレーベルを立ち上げ、さらにはミラノ市内に録音スタジオまで所有するという、なんだか凄い一族なんです。

ノヴェチェントはプロデュースだけに留まらず、楽曲の提供からアレンジ、そしてもちろん演奏までこなり、文字通りデオダートを全面的にバックアップしています。ゲスト陣も豪華で、アル・ジャロウをはじめ、CTI時代からの盟友であるジョン・トロペイ、アイアート・モレイア、そしてビリー・コブハムなどが参加。現在は欧州を拠点に活動しているビリー・コブハムはいいとしても、ニューヨーク在住のジョン・トロペイは一曲のソロのために渡伊したわけではないでしょうね、きっと。また、ジャズファンには馴染みがないかもしれませんが、ロンドンビートという英国で80~90年代に活躍したダンスポップ・グループがボーカルで参加しています。

デオダート~アル・ジャロウ~ノヴェチェント~ロンドンビート。一見、まったく脈絡のないミュージシャン達の邂逅のように思われますが、彼らの今までの音楽的変遷を俯瞰してみると実に面白い共通項が見えてきます。それはどのミュージシャンも90年代にR&B あるいはアーバン・コンテンポラリー系の音楽に傾倒していった、という事実です。

デオダートは80年代の『 Happy Hour 』『 Motion 』から前述した89年の『 Somewhere Out There 』にかけてブラコン 路線に宗旨替えしていって、ファンに愛想尽かされた経歴を持っています。アル・ジャロウも80年代のAOR / フュージョン系から90年には次第にR&B に趣向が変わっていき、『 Heaven and Earth 』ではついにグラミー賞の “ 最優秀R&Bボーカル賞 ” を獲得するまでに至ってます。ただ、この時期のアル・ジャロウはジャズ・ファンからはあまり評価されてはいませんが。ノヴェチェンコも今でこそジャズ系アーティストとの連携を深めていますが、90年代は今や恥ずかしR&B ダンスユニットとして名を馳せていたわけですし、同時期にイギリスではロンドンビートがブラコン系の楽曲《 I've Been Thinking About You 》をヒットさせたりしていたわけです。

そんなバックグラウンドを持つミュージシャンが集結してどんなサウンドが生まれるか、それはある程度予想できます。M-8《 Border Line 》のような曲では確かにCTI時代の懐かしいサウンドも聴かれますし、デオダートのお得意のローズ・サウンド ( とは言っても、実際に弾いているのはYAMAHA MOTIF で、ローズをシュミレートしていると思われますが) の健在ぶりをアピールしていますが、タイトル曲のM-3《 The Crossing 》はEW&F を彷彿とさせるヘヴィーでファンキーなリズム(アル・マッケイ風のカッティング・ギターが最高にカッコイイ!! ) にブラス・セクションが絡む楽曲です。総体としては、デオダートの光輝くCTI 時代と、不遇のWarner 時代の両面のサウンドを併せ持つ作品ではないでしょうか。音はHi-Fi でまさに現代の音ではありますが、曲想、作風はとっても懐かしい匂いを放っています。40~50代の僕らオッサンには大ウケ間違いなしのサウンドでしょうね。



Clip to Evernote
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1424.html

2010/12/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Novecento / Featuring
この前の記事 : Eumir Deodato / Love Island

Comment

コメントを投稿する 記事: Eumir Deodato / The Crossing

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Novecento / Featuring
この前の記事 : Eumir Deodato / Love Island
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。