雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
4.0point  アメリカ  西海岸  くつろぎ    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Charlie Haden Quartet West / Sophisticated Ladies

   ↑  2010/12/19 (日)  カテゴリー: bass
Charlie Haden_Sophisticated LadiesCharlie Haden Quartet West / Sophisticated Ladies
2010 Universal Music
 

Ernie Watts (ts), Alan Broadbent (p), Charlie Haden (b), Rodney Green (ds), Melody Gardot (vo,M-1), Norah Jones (vo,M-3), Cassandra Wilson (vo,M-5); Ruth Cameron (vo,M-7), Renee Fleming (vo,M-9), Diana Krall (vo,M-11), string orchestra arranged and conducted by Alan Broadbent



チャーリー・ヘイデンが中心となり、アラン・ブロードベント、アーニー・ワッツ、ビリー・ヒギンズらの西海岸で活躍する名手らと1987年に結成した クァルテット・ウェスト ( Quartet West ) の通算7作目となる最新作。前作である『The Art of the Song』がリリースされたのが1999年だから、実に11年ぶりの新作発表ということになります。前作まで参加していたドラマーのローレンス・マラブルが健康上の理由により脱退し、代わりにグレッグ・オスビーやエリック・リードのバンドで活躍する若手ドラマー、ロドニー・グリーンが新たに加入しています。

結成当時は、古きアメリカの映画をテーマにしたコンセプト作品を作ろう、ということで始まったプロジェクトでしたが、活動を続けていくうちに映画とは必ずしも関連性のない作品作りになってきています。ただし、アメリカの古きスタンダードを主体にした洗練さを兼ね備えたノスタルジックなサウンドは今まで終始一貫して変わっていません。

拙ブログを古くからご覧の方は御存じと思いますが、僕個人的にはチャーリー・ヘイデンがあまり好きではないので、殆どアルバムを所有していないのですが、このクァルテット・ウェストは大好きなアラン・ブロードベントとアーニー・ワッツが参加しているということで、チャーリー・ヘイデン関連では唯一大好きな企画で、昔から好んで聴いていました。

クァルテット・ウェスト名義で制作された作品は現在までに下記の6作品です。いずれも Verve から発売されています。

『 Quartet West 』( 1987 )
『 In Angel City 』 ( 1988 )
『 Haunted Heart 』 ( 1992 )
『 Always Say Goodbye 』 ( 1993 )
『 Now is the Hour 』 ( 1996 )
『 The Art of the Song 』 ( 1999 )

また2007年には『 The Best of Quartet West 』というベスト盤も発売されているようです。

この作品群の中で評論家の評価が最も高いのは最後の『 The Art of the Song 』のようですが、個人的に最も愛聴しているのはグラミー賞にもノミネートされた第三作『 Haunted Heart 』 です。レイモンド・チャンドラーにインスパイアされて制作された完全なコンセプト・アルバムで、《 The Long Goodbye 》、《The Lady in the Lake 》、《 Hallo, My Lovely 》 など、チャンドラー作品名を引用したオリジナル曲を配しています。また、ジョー・スタッフォードが歌う《 Haunted Heart 》や、ジェリ・サザーンが歌う《 Ev'ry Time We Say Goodbye 》 や、ビリー・ホリデイが歌う《 Deep Song 》などを、クァルテット・ウェストの同曲の演奏の最後にコーダ的に継ぎ目なくごく自然に繋いだりして挿入するなど、凝ったギミックもあってなかなか素敵な作品です。

閑話休題。さて、待望の最新作ですが、今作は現在活躍している著名な女性ジャズ・ボーカリストへのオマージュ作品です。本格的なボーカル作品はクァルテット・ウェストとしては初めての試みです。一応、前作 『 The Art of the Song 』 の続編という位置づけのようですが、、、。ジャケットのアートワークがいい薫りを放ってます。50年代から60年代のキャピトルの女性ボーカル作品を彷彿とさせるデザインですね。

収録曲12曲中半分の6曲がボーカル入り。しかも1曲ごとに歌い手が違う豪華仕様。参加ボーカリストは、メロディ・ガルドー、ノラ・ジョーンズ、カサンドラ・ウィルソン、ダイアナ・クラール、ルネ・フレミング、そしてルース・キャメロンという超豪華。

ルース・キャメロンはチャーリー・ヘイデンの奥様です。ヘイデンの名曲に《 First Song 》というのがありますが、あれはこのキャメロンさんに捧げた曲だということは知っていましたが、彼女の歌声を聴くのは僕は今回が初めて。他のボーカリストがかなり濃いお声をしているので、その中にあっては一服の清涼剤的役割を演じていて安らぎました。けっこう好きな歌声です。

それから、ルネ・フレミングという歌い手はジャズファンにはあまり馴染みがないかもしれませんね。この人、本職はソプラノ歌手です。最近人気急上昇中らしいのですが、もともとはジャズ・シンガー志望だったようです。2005年にはフレッド・ハーシュ、ビル・フリーゼルらのサポートを得て『 Haunted Heart 』を、2006年にはブラッド・メルドーとのデュオ作品『 Love Sublime 』をリリースしています。後者は本業のソプラノを披露していて当時聴いた僕は思いっきり興覚めしてしまいましたが、前者は発声法を完璧に変えて、ジャズ・ボーカリストとしても何ら遜色ない素晴らしい歌声を披露しています。

本作をプロデュースしているのは、90年代からヘイデンの作品に関わってきた現フランス・ポリドール社長でもあるジャン=フィリップ・アラール (Jean-Philippe Allard ) 氏。ヘイデンの『 Beyond The Misssouri Sky 』も『The Montreal Tapes 』のシリーズも、それから前述したクァルテット・ウェストの『 Haunted Heart 』や『 The Art of the Song 』 もみんな彼の作品です。




Clip to Evernote 
関連記事

この記事に含まれるタグ : 4.0point アメリカ 西海岸 くつろぎ  

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1426.html

2010/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Andrea Beneventano / The Driver
この前の記事 : Novecento / Featuring

Comment

コメントを投稿する 記事: Charlie Haden Quartet West / Sophisticated Ladies

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Andrea Beneventano / The Driver
この前の記事 : Novecento / Featuring
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。