雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

極私的愛聴盤2010_ボーカル編

   ↑  2010/12/25 (土)  カテゴリー: vocal
 
winterplay_songs of colored love.jpgsidsel storm?swedishSinne Eeg_remembering yousilje nergaad_thousandHalie Loren_After Dark 
 

1) WINTERPLAY / Songs of Colored Love  ( amazon )
2) Sidsel Storm / Swedish Lullaby ( HMV )
3) Sinne Eeg / Remembering You ( amazon MP3 Store )
4) Silje Nergaard / A Thousand True Stories ( amazon )
5) Halie Loren / After Dark ( amazon )



1)のウインタープレイは、女性ヴォーカルのヘウォンと、トランペット奏者のジュハン・リーによる韓国のジャズ・ユニット。この『 Songs of Colored Love 』 は実は昨年の夏に発売になったデビュー作で、今年の2月には『 Sunshines 』というタイトルでセカンドも発売済みですが、今年の愛聴盤ということで言うなら迷うことなくデビュー作ということになります。今年も僕の iPod に常駐し続け、疲れた心を癒してくれました。そろそろサード発売のアナウンスがあってもいい頃だけどなぁ。

2) はデンマークの超美形歌姫、シゼル・ストーム の最新作。もちろん美人は美人なのですが、このジャケはちょっと出来過ぎ。明らかにフォトショ美人。それはともかくとして、清涼感溢れるセジルの美声とラーシュ・ヤンソンのピアノがとてもマッチングがよくて惚れ惚れします。あなたのささくれた心を桃源郷へ心地よく拉致してくれますよ。

3)のシーネ・エイはデンマークの歌姫ですが、今まで日本では入手困難であった Red Dot Music に吹き込んだ2枚 『 Don't Be So Blue 』と 『 Remembering You 』 が国内で流通しはじめました。両方とも素晴らしい出来ですが、どちらかと言うとこちらの『 Remembering You 』のほうが好きかな。ピアノのヤコブ・クリストファーセンのサポートも見事。彼女の歌声も癖がなく、歌唱力も抜群によいので、何度聴いても飽きないところがよろしい。個人的には今、一番好きな歌声です。やっぱりボーカルというのは、声そのものに惚れるかどうかがポイントだよなぁ、と彼女を聴いていると思います。

4) はノルウェーを代表するジャズ&ポップス・ヴォーカリスト、セリア・ネルゴード の最新作。今作ではヴィンス・メンドゥーサ率いるメトロポール・オーケストラ ( ただしストリングス・セクションのみ )と共演しています。曲想としてはやはり前作を踏襲するようなポップな作りで、ジャズ色はあまり濃くありません。もともとスウェディッシュ・ポップ畑の歌い手でしたが、前作ぐらいから再びその色合いを強めてきているようです。ただ理屈抜きに彼女のチャーミングな歌声に惚れてしまっている僕としては、ジャズか否かはあまり気になりません。

5) 最後はアメリカ人歌手、ヘイリー・ロレンの最新作。ブルース寄りの趣向があまり僕は好きでなかったし、前作のライブ盤もいまいちだったので、今作も期待はしていなかったのですが、これはなかなか聴きやすい感じです。ボサノバ系の選曲とリキみのない自然な発声がよかったみたいです。


上記5枚以外ではリグモア・グスタフソン が弦楽四重奏団をバックに歌った最新作『 Calling You 』や、フェイ・クラーセンの WDR Big Band との共演作『 Sing! 』などもよく聴きました。

Rigmor Gustafsson_Calling Youfay_claassen_sing.jpg

6) Rigmor Gustafsson / Calling You ( amazon )
7) Fay Claassen / Sing! ( amazon )






Clip to Evernote 
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1430.html

2010/12/25 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


crissさん、こんにちは。

CD送って下さったのですね。。24日から26日までは、郵便配達がないので、来週中には、届くかもしれませんね。何だかお手数をお掛けしてしまってすみません。。楽しみにしています♪

ボルネオを今、地図で確認しました。見慣れない動植物を発見できそうですね。お料理は中華系?ですよね。のんびり、ゆったりと休暇をお楽しみ下さい。

今、チームバチスタの栄光の下を読み始めています。たくさんのドイツ語医療用語が出てきていますね。ムンプス、オーベン、シャーカステン、レントゲン、クランケ、カルテ、カテーテル(オランダ語)、ムンテラ、ドプラ・エコー、カニュレーション、スティッヒメス。。。これらの用語は、医療仲間では、現場で、このまま使われているのでしょうか。例えば、おたふく風邪は、ムンプス、指導教官は、オーベン(上)、などと言いあっているようでしたら、私にはとても新鮮です。シャーカステンって何だろうと思ったら、Schaukasten(ショーケース)からきていたのですね!ケロイドもドイツ語で、主人に話したら、全く聞いたことがない、って言っていました(笑)。

こちらの記事の最後に掲載されている、リグモア・グスタフソンですが、以下のメンバーで、来年の4月に近くの小ホールにくるようです。

Rigmor Gustafsson, Gesang
Jonas Östholm, Klavier
Max Schultz, Gitarre
Lars Danielsson, Bass
Eric Harland, Schlagzeug, Percussion

雪が降らなければ、来週の月曜まで仕事で、その後、私のみ日本へ2週間ほど里帰りの予定です。今回の目的は、箏の修理なので、予期せぬ痛い出費です(苦笑)。こちらでは修理ができないので仕方がないのですが。

今年も色々なことを教えて頂き、有難う御座いました。来年も健やかで、御家族皆様が充実した一年を過ごせますように。。



Laie |  2010/12/26 (日) 01:53 No.4317


Laieさん、こんにちは。

発送したのが16日か17日だったので、そろそろ到着すると思います。僕も聴きましたが、別段凄いわけではありませんが、BGMにはいいと思いますよ。

>ボルネオを今、地図で確認しました。見慣れない動植物を発見できそうですね。

僕は熱帯魚や水草など好きなのですが、ボルネオの川に住んでいるボララス・マキュラータというオレンジ色の綺麗な魚がいるんですよ。昔からこの魚が好きで、飼いこむと実に深みのある橙色に変化してくる魚なんですが、そういう魚が住むジャングルに行ってみたいと以前から思っていたので、やっと念願がかなうことになりそうです。たぶん、マキュラータは見られないとは思いますが。

>例えば、おたふく風邪は、ムンプス、指導教官は、オーベン(上)、などと言いあっているようでしたら、私にはとても新鮮です。

ええ、ごく自然な日常会話です。オーベン、ネーベンって言ってますよ。
「朝にシュットルフロストがきたから、グラム陰性桿菌が疑われるね。血液培養しておこうか。」なんて言う風な会話を普通にしてます。まだまだドイツ語が単語としては使われています。でもドイツ語を話せるわけではないですが。

>シャーカステンって何だろうと思ったら、Schaukasten(ショーケース)からきていたのですね!ケロイドもドイツ語で、主人に話したら、全く聞いたことがない、って言っていました(笑)。

そうでしたか。全然知りませんでした。シャーカステンがドイツ語だとも考えたことがなかったし。確かにそういえばドイツ語の語感ですよね。

>リグモア・グスタフソンですが、以下のメンバーで、来年の4月に近くの小ホールにくるようです。

これ、凄いですよ。ドラムがエリック・ハーランドですよ。ものすごく意外な顔合わせですよ。ベースもラーシュ・ダニエルソンだし。興味深いライブですね。

>箏の修理なので、予期せぬ痛い出費です(苦笑)。こちらでは修理ができないので仕方がないのですが。

そっか、海外で日本の文化を伝えるって、いろいろと大変なんですね。箏もバックにちょっといれて、とはいきませんものね。

今日は日曜日。仕事は休みです。年賀状書きと明日からの旅行の準備、大掃除、なんかやって過ごす予定です。

では、今年は大変寒いようですので、くれぐれもご自愛ください。トーマスさんにもどうかよろしくお伝えください。

criss to Laie |  2010/12/26 (日) 10:39 No.4318


Sinne Eeg

クリスさん、こんばんは。
クリスさんもSinne Eegが好きなんですね。
「Dont's Be So Blue」は未着なんですが、「Remembering You」は既に入手澄みで、結構聴きこんでいます。とても良いですね。
ところで本日、「Waiting For Dawn」が着いたんですが、なんと2枚組でした。Bonus Discの曲名を見ると、「Sinne Eeg」と全く同じでした。私が持っている「Sinne Eeg」は日本盤なので、1曲Bouns Trackが入っているんですが、複雑な気持ちです・・・。

Marty |  2011/01/25 (火) 22:58 [ 編集 ] No.4340


criss to Marty

Martyさん、こんばんわ。
Sinne Eeg に関心を持ったのはけっこう最近のことで、suzuckさんから教えてもらったのがきっかけです。聴きこむうちにどんどん好きになってきたシンガーです。聴きやすいですよね。癖がないけどうまいし。僕の持っているWaiting For Dawn は当然一枚組です。「Sinne Eeg」を既に持っている人にとってはこの2枚組はちょっとショックですよね。2枚組でも値段は1枚分と同様の値段なんでしょ? まあ、損はしていないわけですから、良しとしましょう。

このところあまりジャズを聴いていないんですよ。もっぱあロックばかり聴いていまして、しばらくはブログも半休止しようかと思ってます。ロックはいくら好きでもブログにアップできるほどのうんちくは持ち合わせていないもので。今はジョー・サトリアーニなんかを聴いています。先日買ったスピーカー,Piega ts3 がロックをイイ感じに鳴らしてくれるんですよ。しばらくはこのts3で昔のロックを聴きまくろうかと思ってます。

criss |  2011/01/26 (水) 23:21 No.4341


クリスさん、こんばんは。
>2枚組でも値段は1枚分と同様の値段なんでしょ?
特に意識せずに、amazon.comで買ったので、送料込で、1,323円でした。
>このところあまりジャズを聴いていないんですよ。もっぱらロックばかり聴いていまして
私も行き付けの店が閉店した影響からか、急に聴かなくなりました。年末に20枚位買ったので、未だ聴いていないのが半分以上あるのも事実ですが・・・。
クリスさんがロックですか?私はジョー・サトリアーニは聴きませんが、確かキース・リチャーズ・フリークな方ですよね。キースと言えば、奥田英朗さんの部屋にキースの肖像画が飾ってあって、結構羨ましく思ったことを思い出しました。(話題が関係なく飛んで、申し訳ありません。)
ロックと言えば、私も3月には、Eaglesの来日公演に行きますよ。初めて私が買ったレコードが「Hotel California」でしたので・・・。年齢がバレますね(笑)

Marty |  2011/01/27 (木) 00:27 [ 編集 ] No.4342


>特に意識せずに、amazon.comで買ったので、送料込で、1,323円でした。

それは安過ぎですよね。今、アマゾンみたけど、輸入盤で1,877円でしたよ。「Sinne Eeg」は現在、入手困難な状態ですから、オークションに出品すれは意外に高値で売れるかもしれません。僕なら知らんぷりしてだしちゃうな。

ジョー・サトリアーニやスティーブ・ヴァイなどが大好きです。基本的にテクニック指向のギタリストはロック、ジャズに関係なく好きなんですよ。

イーグルスは迷っているんですよ。東京ドームは3月5日、6日なんですが、その日、マンションの総会があって、僕も理事なんで出席しなきゃならなくて、子供のピアノ発表会やなにやらが重なって、観にいけそうでいけない、みたいな。医局で隣に座っている呼吸器の医師(50歳)も行くか行かないか迷っているみたいです。コドバは悪いけど、これが最後の来日になるかも、って思っていたりして、これを逃すと多分すっと後悔しそうな感じもするし。ウーん、迷うな~。

criss to Marty |  2011/01/28 (金) 10:09 No.4343


crissさん、こんにちは。ご無沙汰をして折りました。

年末に頂いたCDを聞かせて頂いています。全体的に、静かでしっとりしたサンプル曲集ですね。ボーカルも中々良いし、私好みのCDです!有難う御座いました。寺島氏の各曲のコメントの書き方が、とてもサバサバしていて、ダイレクトメッセージで、とても分かりやすかったです。

>>これ、凄いですよ。ドラムがエリック・ハーランドですよ。ものすごく意外な顔合わせですよ。ベースもラーシュ・ダニエルソンだし。興味深いライブですね。

そうですか!crissさんのお勧めなら、行って見ようかな♪
全席自由で16ユーロです。

ところで、こちらでしか手に入らないCDとかで、何かリクエストはないでしょうか?いつも何だか頂き過ぎちゃって、恐縮しています。。もしもあるようでしたら、遠慮なく、おっしゃって下さいね。

Laie |  2011/01/30 (日) 16:30 No.4344


Laieさん、こんにちは。

ご無沙汰してます。寺島氏のコンピレーション、気に入っていただけましたでしょうか。まあ、あまりインパクトのある選曲ではありませんが、どの曲も寺島氏の独得のフィルターを通過した選び抜かれた楽曲であることは間違いありません。

>ところで、こちらでしか手に入らないCDとかで、何かリクエストはないでしょうか?

昔と違って、amazon.uk とかその他いろいろの世界中の通販会社、あるいはレーベルからの直販などもありますので、廃盤以外はどんなCDでも手に入る時代ですから、いまのところ不自由してません。僕も最近はamazon.uk からのまとめ買いを頻繁に利用してます。もし、どうしても手に入らないものがあったら、その時はお願いします。

このところブログの更新が滞っていますが、実は子供が今年の秋に小学受験をひかえていまして、その準備で超多忙になってしまったのです。ずっと小学は公立でいいや、と思っていたのですが、いろいろ周囲の人の話を聞くうちに、やっぱり公立は不安になってきて、昨年暮れぐらいから私立受験の準備をはじめたんですよ。そしたら、思っていた以上に大変で、もともと水泳教室、体操教室、英語教室、めばえ教室などをやっていたうえにさらに塾を二つかけもちしているので、それこそ毎日親子で忙しく勉強しています。僕も塾の送り迎え、模擬試験への付き添い、先生との面談、親子面接の対策などなどでてんてこまいです。まあ、今年いっぱいは子供といっしょに受験を頑張ろうかと思ってます。そんなわけでブログ更新はめったに出来なくなりますが、閉鎖するつもりはありませんので、今後ともお付き合いさせてください。

ということで、今、朝の5時ですが、これからキリスト教についての勉強をするつもりです。なにしろ受験学校がほとんどキリスト教系の学校なので、面接でいろいろ宗教観についてきかれるみたいなんですよね。では、また。

criss to Laie |  2011/02/03 (木) 04:57 No.4345

コメントを投稿する 記事: 極私的愛聴盤2010_ボーカル編

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。