雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

iTunes Match なんだかヤバそうなサービスが始まるぞ!!

   ↑  2011/06/09 (木)  カテゴリー: iTunes
iTunes Match


現在開催中のアップル恒例の開発者向けのイベント WWDC 2011でスティーブ・ジョブズ氏は事前告知どおりにiOS5、Mac OS X Lion、iCloudを発表しましたが、僕ら音楽ファンにとっての最重要関心事はやっぱり基調講演のラストに “ one more thing ” としてお披露目されたクラウド音楽サービス『 iTunes Match 』でしょう。

『 iTunes Match 』は、ユーザーのハードディスクの中にある音楽ファイルをクラウド上に保存、ライブラリ管理し、手持ちのiPhone / iPod Touch / iPad などの iOS デバイスで聴くことができる、というサービスです。

すでにこのクラウド音楽サービスの分野では、 Google の 『 Music Beta 』 やAmazon の 『 Cloud Drive 』 などが一足先に公開されています。不覚にも Apple はGoogle やAmazonの後塵を拝するかっこうになってしまったわけですが、Apple もさすがに Google やAmazon と似たサービスは発表できないと、かなりユニークな特徴を打ち出してきて他社との差別化を図ってきました。

1) Scan & Match

Google やAmazonのサービスでは、ユーザーの音楽ファイルそのものをすべてクラウド側にアップロードするのに対して Apple の 『 iTunes Match 』では、Tunesで管理する手持ちのライブラリをスキャンして iTunes Store のカタログ1800万曲と照合。提供されている楽曲と一致した場合はアップロードはせずに、 iTunes Store 所有のファイルをクラウド上に配置する。そして、 iTunes Store にないファイルの場合のみアップロードする。そのため、クラウド環境へアップロードする音楽データの容量をかなり減らすことができる。したがって、Google やAmazon のサービスではアップロードにヘタすると何週間もの時間を要したのに対して『 iTunes Match 』では数分で終了することができるらしい。

2) Upgrade to 256 kbps AAC

Google やAmazonのサービスでは、アップロードする音楽ファイルのビットレートはクラウド側でもそのまま保持されますが、『 iTunes Match 』では、たとえ手持ちの音楽ファイルのビットレートが128 kbps mp3 であっても、クラウド側では 256 kbps AAC ( iTunes Plus と同じだね ) にアップグレードしてくれる、というトンデモナク凄い、そしてなんだかヤバそうな処理をしてくれちゃうのです。

ネット上を探すと、96 kbps や128 kbps の低ビットレートの mp3 ファイルがいくらでも見つかりますよね。まあ具体的にはここでは書きにくいのですが、探せばジャズの新譜などでも 低ビットレートの音源がフルバージョンで無料で試聴(ダウンロード ) できてしまうわけです。そんな試聴用ファイルでも『 iTunes Match 』を通じてアップロードすれば、256 kbps AACという WAVE に限りなく近いファイルに昇華されてしまうのです。本当にこんなことができてしまうのでしょうか?できたらこれは凄いことです。ジョブズが基調講演でこのアップグレード変換について話した時、会場から歓声と拍手が湧きあがったのも納得です。 

iTunes Match Amazon Google2

『 iTunes Match 』の使用料は年間24.99ドルと、サービスの内容を考えたら大変リーズナブルなのですが、個人的に一番気になるのところは、ストレージの容量に制限があるのかないのか、ということ。『 曲数無制限で年間24.99ドル』なのかどうか? いろいろ関連サイトを調べたのですが、いくつかのサイトで “20.000曲まで年間24.99ドル” と記載されています。たとえば、paidContent.org 『Comparing Music Services: Apple vs. Google vs. Amazon 』 と題した記事では“ 上限20.000曲 ” と明記しています。しかし、ジョブズの基調講演をいくら聞き返しても “ Add up to 20,000 songs ” とは言っていないのです。“5000曲だろうが20.000曲だろうが、費用は年間24.99ドルだ ” と言っているだけです。上掲のスライドにもあるようにジョブズは、“ Amazon では20.000曲アップロードすると200ドルのコストがかかるが、Apple なら24.99ドルなんだよ、安いでしょ!” というを言うために20.000曲という数字を挙げ示しただけです。

最大20.000曲というのは、普通の音楽ファンには十分な容量でしょう。でも、既に我が家の音楽プレーヤー内には43.000曲以上蓄積されているので、上限20.000曲では全然足りないのです。 ( しかもまだ所有するCDの1/3ぐらいしかリップできていないし )

とまあ、いろいろ楽しみなサービスではあるのですが、でも個人的に一番問題なのは、僕自身がすでに iTunes を利用していないということです。実は、iTunes って管理曲数が万を超えてくるととっても動作が緩慢になるんですよね。検索や編集機能も弱いし。しかも、当初はCDをリップする際、320 kbps mp3 でエンコードしていたのですが、最近は音質を重視し Flac でエンコードするようになってしまったので、iTunes が使えなくなってしまったのです。現在使用しているプレーヤーは MediaMonkey 。当然ながら iTunes Matchなど利用できません(T_T)

となると、俄然興味が湧いてくるのが FLAC もサポートしている Google Music Beta なのですが、これ、いまのところ米国内のみのサービスなのが残念なところ。日本からサービスを受けるには VPN接続しなきゃならないのでちょっと面倒。というか、そこまでしてクラウドに音楽ファイル貯め込んでなにがしたいの? という疑問も沸いてきて、まあ、いまのところ静観スタンス、です。



関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1447.html

2011/06/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: iTunes Match なんだかヤバそうなサービスが始まるぞ!!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。