雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Bugge Wesseltoft, Henrik Schwarz / Duo

   ↑  2011/08/27 (土)  カテゴリー: 未分類
Bugge Wesseltoft, Henrik Schwarz Duo / Bugge Wesseltoft, Henrik Schwarz ( amazon.co.jp )
2011 Jazzland

Bugge Wesseltoft ( p )
Henrik Schwarz ( computer )



昨日は大阪で仕事がありました。午後には仕事も終わり新幹線で東京に向かってところ、例の東京を襲った突然のゲリラ豪雨のため新幹線がストップ。そこで僕は途中の小田原で下車し、箱根登山鉄道に乗り換え、箱根にやってきました。ここ箱根には会員になっているホテルがあるので突然泊まりたくなったときには大変便利です。東京からも近いし。家族に電話して呼び寄せ、ホテルで一夜を過ごして、せっかくなので今日は箱根小涌園ユネッサンで遊んで雨があがったら深夜にでも東京に戻ろうかと思ってます。それよりも明日も雨なんだろうか? 明日は日比谷野音でプログレッシブ・ロック・フェスティバルなんだけどなぁ。

さて、ブッケ・ヴェッセルトフトの新譜がでました。

ブッゲ・ウェッセルトフトは、いわゆる Future Jazz 界の中心的存在として 自らも “ Jazzland ” レーベルを主宰し、クラブ・シーンとの交流を深めるノルウェーの鍵盤奏者。

一方のヘンリク・シュワルツは、ベルリンのハウス・レーベル“ Innervision ” を拠点に活躍するドイツのエレクトロニクス奏者。

ジャズとエレクトロニカ。各々の分野では奇才と称される二人のアーティストの邂逅がもたらす不思議な異次元音空間ともいいましょうか、なんともアンビエントでクールな世界が提示されています。

でも何ですなぁ、こんな音楽は今までにもブッゲ・ウェッセルトフトの自己の作品でも散々やってきたことの延長線上にありそうで、目新しさは感じませんねぇ。

2007年の『 IM 』、2009年の『 Playing 』などと同様、“ ブッゲのピアノソロ+α ” 的な作品です。ブッゲだって相当ラップトップ・ワーク得意ですから。ライブだって何だかわからん機材を大量にステージに持ち込んで、リアル・タイム・サンプリングやルーピングを駆使して即興しちゃうんで、ヘンリク・シュワルツの手助けなくてもこのくらいのサウンドは生み出せそうですが・・・。でもそれは僕がこのヘンリク・シュワルツという人を知らないからだけで、本当はこの人、その世界では凄いクリエーターなのかもしれません。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1488.html

2011/08/27 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


crissさん、こんにちは。

日本でのドシャ降りの様子は、映像ニュースで見ました。
こんなに降ると、交通機関も完全に麻痺してしまいますね。

今、箱根にいらっしゃるのですね。。。2年前に、主人と一緒に箱根に行きました。宿泊先は、プリンスホテルだったのですが、中心地から離れていたせいか、ホテルのみで、周りに何もなくてつまらなかったです。肝心の温泉も、ちょっとインチキっぽかったし。。

登山鉄道は、いいですね~。私達は、行き帰り、一番前を陣取りましたよ!大涌谷も行きましたが、ものすごい霧で、景色が全く見えず。。(ケーブルカーの中も同様)何処へ旅行するのにも、お天気次第!だと思いました。

楽しい週末をお過ごし下さい♪

Laie |  2011/08/27 (土) 18:17 No.4473


Laieさん、こんばんわ。

>日本でのドシャ降りの様子は、映像ニュースで見ました。
こんなに降ると、交通機関も完全に麻痺してしまいますね。

僕も箱根の宿のテレビで初めてその凄さを知り、ビックリしました。練馬区あたりはたいへんだったようですよ。僕も大雨になると大変で、僕のクルマはマンションの地下に置いてあるのですが、大雨が降ると当然、地下駐車場に雨が流れ込んできて、もちろんポンプは設置されているのですが、ポンプのパワーを超えて雨が入り込むとクルマが浸水してしまうんですよ。ですから大雨が降ると管理室が掲示板に張り紙をします。

「地下駐車場のお車をお持ちの方は、お車を避難させてください。浸水によるクルマの保障は当管理組合では負いかねます。」

っていうのが貼られるんですよ。何処に避難しろっていうのでしょうね。仕方ないので、近くの100円パーキングに留めるのですが、そのたびにお金かかりますからね。

地下駐車場は夏涼しく、冬暖かく、そして直射日光も当たらないので、車も痛まなくて便利なのですが、洪水だけは駄目ですね。

>2年前に、主人と一緒に箱根に行きました。宿泊先は、プリンスホテルだったのですが、中心地から離れていたせいか、ホテルのみで、周りに何もなくてつまらなかったです。

そうですね、あそこはね。あまり遊ぶところないし。でも水族館があったような。しばらく行っていないの記憶があやふやですが。基本的に箱根はあまり面白いところはないです。商店街もしょぼいですし。子供がいれば小涌園 が楽しめるのですが。



criss to Laie |  2011/08/30 (火) 22:41 No.4474

コメントを投稿する 記事: Bugge Wesseltoft, Henrik Schwarz / Duo

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

Wesseltoft, Schwarz - Duo (Jazzland Records:060252770419)

Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤) クラブミュージックとジャズが融合したクラブジャズと言うジャンルがある通り、そのお互いの親和性の良さは言うまでもありませんが、その両者から本気なアーティストが手を組んだアルバムがここに到着。Laurent Ga...

Tokyo Experiment 2011/10/12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。