雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Ben Williams / State of Art

   ↑  2011/08/29 (月)  カテゴリー: bass
Ben Williams_state of artBen Williams / State of Art ( amazon.co.jp )
2011 Concord Records

Ben Williams (b)
Gerald Clayton (p,key)
Matthew Stevens (g)
Marcus Strickland (ts,ss)
Jamire Williams (ds)
Etienne Charles (per)
Jaleel Shaw (as,ss on 6,7,10)
Christian Scott (tp on 3)


ニューヨーク界隈で今最も注目されている若手ベーシスト、ベン・ウィリアムスのデビューアルバム。

2009年のセロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝したことを契機にコンコード・レコードと契約。この2年間にコンコード専属のミュージシャンであるステフォン・ハリスやジャッキー・テラソンらの作品に参加し認知度を上げてきた。

一方で、ベンの才能をいち早く見出したテナー・サックス奏者、マーカス・ストリックランドのバンドでも活躍。ベンの演奏は『 Idiosyncrasies 』( 2009 strick muzik )、『 Of Song 』( 2009 cross cross ) などで聴くことができるし、9月発売予定のストリックランドの新作『Triumph of the Heavy, Vol. 1& 2』 ( strick muzik )にも参加しているようだ。

メンバー的に目を引くのは、トランペッターのクリスチャン・スコットおよびその周辺人脈がこぞって参加していることだろうか。スコットのバンド・メンバーであるギターのマシュー・スティーヴンスやドラムのジャマイア・ウイリアムスが参加しているし、更にはスコットのブレインとして常に行動を共にしてきたプロデューサーのクリス・ダン ( Chris Dunn ) も顔を見せている。先日、拙ブログでも紹介したステフォン・ハリス、デイヴィッド・サンチェス、クリスチャン・スコットの『 Ninety Miles 』もクリスチャン・スコット&クリス・ダンによる制作であった。

収録曲は全11曲で約半数の5曲がベンの自曲であるが、それ以外の選曲がとても興味深い。マイケル・ジャクソンの《 ittle Suisie 》、ジェームス・ブラウンの《 Mr. Dynamite 》、スティービ-・ワンダーの《 Part-Time Lover 》 などのソウル系の名曲をカヴァしているかと思えば、ジャズ・スタンダードの《 Moonlight in Vermont 》 やウディ・ショウの《 Moontrane 》 なども取り上げている。彼の自曲である《 The Lee Morgan Story 》ではジョン・ロビンソンのラップを大々的にフューチャーし、ジャズ・ジャイアントへの敬意の念を表現している。

そんなわけでアルバム全体としては、あまりジャズ色が強くなく、少なくとも聴く前に想像していたNYコンテンポラリー系の作風ではなく、ソウル~フュージョン寄りの作品に仕上がっている。ちょうど、GRP あたりのフュージョンを、機材も楽器もジャズ用のものを用い、アンプラグドで演奏したらこんな感じになるかなぁ、みたいなサウンド。これはこれでカッコいいが、カヴァものはさておき、彼の自曲の訴求力という点ではいま一つの出来でしょうか。マーカス・ストリックランドもなんだか居心地悪そうな演奏で、物足りない部分もあるしね。

自分の大好き音をぜんぶ、古い素材も新しい素材も水平線上に並置し、それらを彼なりのフィルターを通して、キュレーションしてみせたらこんなになりました、みたいな、ベン君を知らないジャズファンにベン君をわかってもらうにはそれなりに意義のある作品ではあるかな。ちょっと詰め込み過ぎてフォーカスボケ気味なのは大目にみましょう。



関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1490.html

2011/08/29 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Chris Potter & The DR Big Band / Transatlantic
この前の記事 : Bugge Wesseltoft / Moving

Comment


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  2013/04/07 (日) 16:38 No.4529

コメントを投稿する 記事: Ben Williams / State of Art

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Chris Potter & The DR Big Band / Transatlantic
この前の記事 : Bugge Wesseltoft / Moving
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。