雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Max Ionata / Dieci

   ↑  2011/09/02 (金)  カテゴリー: tenor
cover max ionataMax Ionata / Dieci ( amazon.co.jp )
2011 VVJ

Max Ionata (ts)
Luca Mannutza (p)
Nicola Muresu (b)
Nicola Angelucci (ds)
Fabrizio Bosso (tp,flh)


ダニエレ・スカナピエコと並び日本でも人気のイタリア人テナーサックス奏者マックス・イオナータ ( Max Ionata, 1972~ )の通算8作目となる最新作。

イタリアン・ジャズが日本のジャズ市場でも注目されるようになってから6~7年経つでしょうか。そのイタリアン・ジャズ・ブームの火付け役になったのが、ファブリツィオ・ボッソを中心として結成されたクインテット “ High Five ” だったわけですが、彼らが奏でるイタリア独得の哀愁美漂う現代のハードバップは、その後のイタリア・ジャズの雛型として機能し、多くのジャズファンを魅了しました。

2009年に Albore Jazz からリリースされたマックス・イオナータの 『 Inspiration 』 ( 前項あり ) は、そんな“ High Five ” 型に準じたイタリアらしい情熱と哀愁のせめぎ合いが見事に現出された、イオナータのキャリアを代表する素晴らしい作品として記憶に刻まれました。

さて、今新作はその『 Inspiration 』の録音前日に行われたセッションを収めた音源です。勿論メンバーも同じで、ルカ・マンヌッツァ (p) を含むレギュラー・カルテットに加え、ファブリツィオ・ボッソが3曲で客演しています。

ただし、『 Inspiration 』と『 Dieci 』とでは、だいぶ作風が異なります。前者がプリミティブな60年代ハード・バップを基調とした情熱的な演奏であったのに対して後者は、どちらかと言うとリリカルでメローな楽曲を取り上げた作品です。ですので一聴しただけだとどうしてもキャッチーで派手なメロディーが耳に残る前作『 Inspiration 』の方に軍配が上がりそうですが、今作『 Dieci 』も地味ながらもなかなか良いアルバムです。もちろんアドリブの質としては甲乙つけがたい出来です。

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1495.html

2011/09/02 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Gentle Giant / Octopus
この前の記事 : CDの盛況と衰退

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2011/09/07 (水) 17:18 No.4479


Re: こんにちは

全くOKですよ。基本的に僕の掲載した文章はリンク貼っても、あるいは転写、転用しても全然かまいません。そんな大したこと書いていませんので。ではよろしく。

criss |  2011/09/07 (水) 23:03 No.4480


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2011/09/08 (木) 09:26 No.4481

コメントを投稿する 記事: Max Ionata / Dieci

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Gentle Giant / Octopus
この前の記事 : CDの盛況と衰退
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。