雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Vince Mendoza / Night On Earth

   ↑  2011/09/18 (日)  カテゴリー: large ensemble
vince mendoza nights on earth_256
Vince Mendoza / Night On Earth ( amazon.co.jp )
2011 Ais

John Abercrombie, John Scofield, Peter Erskine, Louis Conte, Larry Goldings, Kenny Werner, Alan Pasqua, Fred Sherry, Bob Mintzer, Joe Lovano, Ambrose Akinmusire, Luciana Souza, Hector Del Curto, Tom Diakite, Nguyen Le, etc.

メトロポール・オーケストラの常任指揮者兼音楽監督をつとめる現代最高のアレンジャー、ヴィンス・メンドゥーサ ( Vince Mendoza ) の通算9作目となるリーダー作。

メンドゥーサは1961年11月17日、コネチカット州ノーウォークの生まれ。オハイオ州立大学で作曲法で学位を取得。卒業後はロサンゼルスに移り、スタジオミュージシャンやテレビ番組の音楽制作などで生計を立てる一方、80年代後半に、南カリフォルニア大学大学院に進学し作曲と指揮を学んでいる。ちょうどその頃、ピーター・アースキンと出会い、彼の作品『 Transition 』に楽曲を提供。そのことがきっかけとなり様々なジャズミュージシャンとの交流が始まった。交流のあるミュージシャンはジャズの分野に留まらず、ジョニ・ミッチェル、スティング、エルビス・コステロ、ビヨークなどなどロック / ポップス界のビッグネームのアルバムに参加し、絶大なる信頼を得てきた。

一方、メンドゥーサは自らもリーダー作をリリースしてきた。89年に晴れて 『 Vince Mendoza 』( 前項あり ) でデビューを飾り、その後も90年に 『 Start Here 』( 前項あり ) 、91年に 『 Instruction Inside 』( 前項あり ) と、立て続けにフュージョン系ビッグバンド作品をリリース。93年にはフラメンコ・ミュージシャンとドイツの WDRビッグバンドらとともに制作した『 Jazzpana 』、続く94年にはデイヴ・リーブマン、チャーリー・マリアーノ、グェン・レなど、豪華なソリストを迎えたWDRビッグバンド共演盤『 Sketch 』、そして97年にはロンドン交響楽団をバックにマイケル・ブレッカーやジョン・アーバクロンビーらがソロをとる壮大なる絵巻物語『 Epiphany 』をリリースし、特にストリングス・アレンジャーとしての名声を確固たるものとしていった。その後しばらくは他ミュージシャンのサポートに徹し、自身のリーダー作は発表しなかったメンドゥーサだったが、2005年には上記のようにメトロポール・オーケストラの常任指揮者兼音楽監督に就任し、2008年に待望のストリングスが入った約15人編成のアンサンブル作品『 Blauklang 』、2009年にはスペインの詩人兼劇作家のフェデリコ・ガルシア・ロルカを題材にしたメトロポール・オーケストラ演奏の 『 El Viento 』( 前項あり ) をリリース。

また、厳密にはメンドゥーサのリーダー作ではないが、2010年にジョン・スコフィールドをソリストとしたメトロポール・オーケストラ作品 『 54 』( 前項あり ) やジョー・ザビヌル追悼盤 『 Fast City 』( 前項あり ) などでも編曲&指揮している。

そして今新作は、今までのシンフォニックな大編成とは違い、主役はあくまでジャズ・ミュージシャンから成るコンボであり、ストリングスは味付け程度の役割。 いわば “ Symphonic Orchestra with solist ” から “ Jazz Combo with Strings ” に変わった感じ。

ストリングス・セクションとブラス・セクションが絡み合って壮大なドラマツルギーを演出するメトロポール・オーケストラ作品が好きな僕としては、今作はいまひとつスケール感に欠けるし、ロマンティックな物語を紐解いていくようなワクワク感も乏しいので、ちょっと残念。





関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1501.html

2011/09/18 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは

お久しぶりでございます。
ご子息の第一志望合格、おめでとうございます。
パパもダーリンもしっかりこなしてくださいませ。
あのお目目ぱっちりパパそっくりな息子さんも小学生なるんですねぇ。。
たくさん幸がありますよう。

と、愛聴盤2011にとらばしようとおもってたのですが、今日、、このアルバムにトラバしてないことに気がつきました。トラバ大好きなのに。(^_^;)

私的にはジャケットデザインもかんじんな中身もとても好きです。
世界中のミュージシャンがあこがれる気持ちはわかります。
どうも、日本うけはイマイチのようですが。。

って、ことしもよろしくお願いします。


すずっく |  2012/01/15 (日) 22:34 [ 編集 ] No.4511


Re: こんばんは

すずっくさん、ご無沙汰です。
新潟市は大雪ですか? 僕らは年末、六日町で過ごしました。積雪量が1m50cmもあって子供たちは大喜びでした。二月初めにも新潟にスキーにいく予定です。

>ご子息の第一志望合格、おめでとうございます。
パパもダーリンもしっかりこなしてくださいませ。
ありがとうございます。よきパパに向けては日々努力しているつもりなんですが、どうも夫としては色々な意味で失格なようで、たびたび妻に駄目だしされてしょぼくれています。昔は虫も殺さぬ可愛い嫁だったのに、子供ができたら豹変し、鬼嫁になってしまいました。

このアルバムね~、僕の「超私的愛聴盤20選」には悩んだすえ、入れなかったのでが、やっぱり良かったですよね。ただ、いま一つ、めりはりがなくて、印象が薄いアルバムだった点がマイナスポイントかな。で、20選にはいれなかったです。ジャケットは素敵ですしね。ジャケット見ながら聴いていると、昔、まだ可愛いかったころの妻と二人で行った西表島の満天の星空を思いだします。

ということで、今年もテキトーにブログ更新していきますので、どうか見離さないでくださいませ。

criss to すずっく |  2012/01/17 (火) 23:33 No.4514

コメントを投稿する 記事: Vince Mendoza / Night On Earth

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

-

管理人の承認後に表示されます

 2012/01/15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。