雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2011年の個人的重大ニュース

   ↑  2012/01/03 (火)  カテゴリー: diary



明けましておめでとうございます。4か月もブログを放置しておきながら言うのも失礼な話ですが、本年もお付き合いの程、よろしくお願い致します。

新年のご挨拶の代りと言ってはなんですが、新年を迎えるにふさわしい爽やかで清々しいピアノの曲を7曲ほどアップしてみました。

僕ら家族は年末、お友達らと一緒に、新潟の六日町でスキーや雪遊びなどをして過ごしました。

31日の早朝。夜明けを待てずに目覚めてしまった僕はひとり宿の玄関先に立ち、音もなくしんしんと降り積もる雪を眺めていました。見渡す限りの白銀の世界。時折吹く風に宙高く舞い上がる粉雪。電線や木々に降り積もる雪。頬を打つう凛とした冷たい空気。東京では決して体験できない幻想的な世界を眺めていると、精神が研ぎ澄まされ、そして心が徐々に浄化されていくような心地よさを感じました。そして、ジャズのいくつかの美しいメロディーが頭の中で鳴りだしました。その時のメロディーが上にアップした曲たちです。


さて、本当なら昨年中にアップすべき内容ですが、「2011年の個人的重大ニュース」を記しておきたいと思います。あくまで「個人的」という条件付きですから、東日本大震災や福島原発事故のことは今回は触れません。今、日記をめくりながら思い起こしてみると、まあ、色々あるにはありますが、ここは思いきって嬉しいニュースと残念なニュースの二つだけ挙げておきましょう。

まずは嬉しいニュースから。

1)息子が私立小学校に合格した。
この一年間、週末の塾通いで個別指導から集団指導、毎月のようにある公開模擬試験、平日は受験に特化した体操教室や絵画教室、さらには話し方教室などなど。もちろん毎日の家庭学習も欠かさずやって、なんとか受験した3校からすべて合格をいただきました。もちろん、ずっと憧れていた第一志望の小学校に進学します。ほんと、よかった。僕自身も受験を何度も経験してきたわけですが、自分自身の受験よりも神経をすり減らしたような気がします。何しろ、相手は6歳の子供ですから。

我が家が私立小学校を受験することを決め、慌てて塾通いを始めたのが昨年の一月後半。息子が年中も終わりかけていた頃のこと。普通は私立を受験するなら準備は幼稚園の年少か、遅くても年中になったらすぐに始めるものらしいのですが、我が家はあまりにもスタートが遅すぎました。ですので、もうこの一年間は遅れを取り戻すのに無我夢中でした。一番大変だったのは妻だと思いますが、ラスト半年は僕も仕事以外は自分の持てるリソースを全て集中投入し、家族一丸となって受験に向けて頑張りました。僕は、都内の私立小学校の全ての過去問を購入し、各校の傾向を分析し、僕自らが受験する学校の出題傾向に即した問題を自作して息子に毎日解かせたりしました。まさに集中と選択の戦略で、ハンディキャップを克服していったように思います。傍から見ると子供もかわいそうだし、親も大変そうに映るかもしれませんが、でも実際は意外に楽しい作業でした。子供って教えれば教えるほど吸収していくし、知っている知識を応用して、未知の問題も解いていったりするものです。そんな子供の日々の成長を目の前で実感しながら勉強を教えられるのって、僕にとってもこの上ない喜びでした。模擬試験を受けるたびに成績が上がり、最後には第一志望の小学校からも判定Aをもらえるようになりましたが、でも、もし不合格に終わったとしても、この一年間の頑張りは将来、必ず芽を吹くであろうと思いながら教えていました。そして、家族三人がこれほどまでに一致団結して一つの目標に向かって頑張ることって、おそらく、これが最初で最後なんだろうなぁ、とも思います。

12月に入り、やっと受験から開放され、今はしばらく休んでいた水泳教室や英語教室を再開し、今までに増して喜んでそれらに通っています。妻は、入学してからの授業に備え、いくつかの数学教室を見学に行ったりしているみたいです。僕としてはこの時期ぐらいはのんびりさせてやってもいいのに、と思ったりするのですが、妻は僕より遥かに教育に厳しいようです。

この4か月間、ブログを一切、自分の中から消し去り、放置していたのも、こんなことがあったからなんですね。ということで、受験もひと段落ついたので、ジャズ聴きをギター弾きはそろそろ再開しようかなぁ。



ついで、かなり凹んだというか、憤慨したニュースは、
2)オリンパスの損失隠し問題で、オリンパス株が急落。大損した。

僕は絶対つぶれないであろう優良企業の株を数社、昔から持っています。具体的にポートフォリオを晒すことはここではできませんが、たとえば、僕は消化器の専門医ですので、日々、お世話になっている超音波や内視鏡、CT や MRI などを扱っている大手の企業、日立や東芝、オリンパスなどの株式を長期保有してきました。実情がある程度わかる分、買いやすい、っていう思いこみがあったんですね。本当は全然不透明だったのに。オリンパスの機材なんて、そりゃもう凄く優秀だし、病院に出入りしているオリンパス社員の方もみなさんいい人ばかりです。まさか、上層部があんなことをしているなんて、僕らはもちろん、社員の方々も寝耳に水だったはずです。忘れもしない10月14日。ネットで「英国人社長、マイケル・ウッドフォードが解任」というニュースがザラ場中に流れました。その瞬間、オリンパス株は派手にガラったのです。僕はあの数日間で小ベンツが一台クラッシュ大破するくらいの損失を出してしまったのです。



オリンパス暴落.



関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1503.html

2012/01/03 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 2011年 極私的愛聴盤ベスト20
この前の記事 : Vince Mendoza / Night On Earth

Comment


お久しぶりです。(当方も全くアップしていなかったので人のこと言えないのですが)お元気かなと気にしていました!今年も、たまにでもいいので、記事アップしてください!楽しみにしています。(新春早々、素晴らしい曲に感謝です。ところで、だれの曲でしたっけ????)

billevanz |  2012/01/04 (水) 00:25 No.4501


あけましておめでとうございます。

crissさん,あけましておめでとうございます。
しばらくアップされてなかったのでどうされているかと思っていました。
ところで私も以前はよくスキー場で新年を向かえていましたが、このところは里帰りするのが恒例行事となっています。
新年のさわやかなメロディーありがとうございます。
嫁さんと2人で聴きながらたぶんこれではないかと考えました。
イヴァン・パドゥア、高田ひろ子、ラース・ヤンソン、
Vincenzo Danise、どこかできいたことありますが...後藤浩二??、MY SONG(キース?) HOPE

JAZZを聴けるのを幸せに思うこのごろです。
今年も宜しくお願いいたします。

baikinnmann |  2012/01/04 (水) 19:24 No.4502


Re: タイトルなし

billevanz さん

あけましておめでとうございます。今年も緩い感じでお付き合いの程を。
billevanz さんが、おっしゃっていましたことですが、「新譜が届いても、まずはどんな音だったかと、旧作を聴き返しているうちに新譜を聴くチャンスを逸してしまう」ということは僕も同じです。でも、そういう機会でもないと旧作を聴かないので、まあ、いいことなんじゃないかと、勝手に思ってますが。billevanz がベスト10に挙げていたマイクスターンとDR Big Band の共演盤は知らなかったなぁ。これからアマゾンで即買いします。・・・・・・・・・・・・・・で、今、買いました。1枚だけ1,136円で出品されていましのでそれを買いました。ビッグバンド物には目がないもので。ベスト10を拝見させてもらいましたが、僕とは殆ど接点がありませんね(笑)。もちろん、そこが面白いのですが。僕は平賀さんは絶対聴かないなぁ。絶対。いろいろな意味で、好みからはだいぶ外れますね。「Chet Baker&Paul Bley」は買うのを迷っていたのですが、やっぱり買うかな、Youtube見るとやっぱりいいですね、これ。

criss to billevanz |  2012/01/04 (水) 21:39 No.4503


Re: あけましておめでとうございます。

baikinnmann さん

あけましておめでとうございます。ご無沙汰してます。

いや~、すごい! よくわかりますね。Vincenzo Danise もわかっちゃいますか。唯一、高田ひろ子ははいっていないです。諸事情があり、それ以上は申し上げられませんが。キースの< My song >を引いているのはパドゥアです。

今年もブログは続けていく予定ですが、しばらくは手持ちの旧作の再聴を8割、新譜聴きを2割ぐらいの配分で聴いていこうかと思っています。したがって、ブログ更新はだいぶペースが落ちるかな。でもなあ、ゆる~い感じで細く長く続けていきたいと思いますので、どうかよろしく。

criss to baikinnmann |  2012/01/04 (水) 21:48 No.4504

コメントを投稿する 記事: 2011年の個人的重大ニュース

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 2011年 極私的愛聴盤ベスト20
この前の記事 : Vince Mendoza / Night On Earth
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。