雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2011年 極私的愛聴盤ベスト20 (その参)

   ↑  2012/01/08 (日)  カテゴリー: Jazz
2011年ベスト25(3)

12) Prysm [ プリズム ] / Five: Live At Opera De Lyon ( amazon.co.jp ) ( 前項参照 )

約9年ぶりとなるプリズムの通算5作目となる最新作。プリズムはピエール・ド・ベスマン ( p ) 、クリストフ・ウォーレム ( b ) 、ベンジャミン・エノック ( ds ) の3人からなるフランス人ユニット。95年のセルフタイトルを冠した 『 Prysm 』 でデビューして以来、仏新興ジャズシーンの牽引役として人気を博したが、僕個人的にも欧州ジャズにのめり込むきっかけとなったバンドなので思い入れも強い。個々のメンバーもそれぞれ巧いのは確かなのだが、この3人がユニットを組むと、1+1+1 ≫ 3  となっちゃうわけで、とんでもないパワーを発揮することろがなんとも不思議なバンドだ。今回はゲスト・ミュージシャンとしてアルティストのロザリオ・ジュリアーニと、エリック・トラファズやミシェル・ベニタらとの共演で近年その知名度を上げてきているギタリスト、エマニュエル・コジャが参加しているが、本当はゲスト抜きで純粋にプリズム3人だけのサウンドが聴きたかった、というのが本心。

13) Antonio Farao / Domi ( amazon.co.jp )

アントニオ・ファラオ ( Antonio Farao, 1965~, Milano ) の3年ぶりとなる最新作。このところずっと CAM JAZZ に吹き込みを続けてきたファラオだが、今作は アルフィオ・オリリオやニコラ・フォルメルらの良質な作品をリリースしているフランスの新興レーベル、Cristal Records からの作品である点に興味が湧く。なにしろ、近年のCAM JAZZ作品、特に『 Encore 』以降の耽美的なイタリア回帰路線には少々物足りなさを感じていた僕としては、そろそろ『 Black Inside 』(1998)や『 Next Stories 』(2001)などのEnja作品で見せた徹頭徹尾シャープでモーダルな硬派路線に戻ってもらいたいと期待していたが、はたして。

タイトルの『 Domi 』とは息子のドミニク ( Dominique ) のことで、つまり本作は息子に捧げられたアルバムとなっている。全10曲すべてがファラオによる自曲。そのうち7曲はCAM JAZZ 作品群を踏襲するような優雅で気品に満ちて、それでいて甘酸っぱい切なさを孕んだような美曲で構成されている。残りの3曲がEnja作品群で見せたモーダルな楽曲で、ファラオの本領発揮といったところ。完璧です。僕個人的には余裕の5点満点。ファラオの格の違いを見せつけた愛すべき傑作ではないでしょうか。


14) Brad Mehldau / Live in Marciac ( amazon.co.jp )

年末にリリースされた Art of The Trio 時代のリイシュー・7枚組ボックス・セットが話題のブラッド・メルドー。Vol.1 からVol.5 まで、既に所有しているが、7枚目の未発表曲集聴きたさに正月に購入。今も聴きながらメルドーの音楽性の豊かさを改めて痛感しているところ。やっぱり Vol3 の 『Songs 』 が一番好きかな。それにしても昨年はメルドーのアタリ年だった。

ひとつはケヴィン・ヘイズとのデュオ作品『 Mordern Mosic 』。現代音楽とジャズの折衷みたいなサウンドなんだが、現代ジャズの最高峰に位置する二人が繰り広げる深淵な音世界は、神秘的かつ敬虔的ですらある。スティーヴ・ライヒの有名な《 Music for 18 MusiciansM 》 をアレンジした《 Except from Music for 18 MusiciansM 》などは度肝を抜かれた。あの限りなき創造性、飽くなき探求心はいったいどこから沸いてくるのだろう。スティーヴ・ライヒのややもすると退屈になりがちなミニマル音楽をここまで刺激的なストーリに仕上げられるなんて・・・。

そしてもうひとつが2006年録音のソロライブ作品『 Live in Marciac 』。こちらも前者に負けず劣らず素晴らしい作品だった。2時間近くもピアノのソロで観衆を惹きつけ魅了し続け、最後に最大級の拍手喝采を受けるとこいうこと。それはとりもなおさず、メルドーが天才であることの証左に他ならない。


15) Jeremy Pelt / Talented Mr. Pelt ( amazon.co.jp )

ジェレミー・ペルトのHigh Note からの第二弾にして最新作。メンバーは2007年から活動を共にしている現レギュラー・クインテット。すなわち、ジェレミー・ペルト、J.D. アレン、ダニー・グリセット、ドウェイン・バーノ、ジェラルド・クリーヴァーの5人。このメンバーでのレコーディングは本作で3作目となる。今月末には4作品目となるタイトル『 Soul 』がやはり High Note からリリース予定であり、そちらも今から楽しみ。アルバム全体に通底するダークなセンスは、60年代のマイルス黄金クインテットを彷彿とさせる。マイルスは60年代終盤、“革新性” という名のもとにエレクトロニクスを呑み込み、急激に肥大化していったが、もしも、マイルスが、ショーター、ハンコック、カーター、ウイリアムスらとともに、“ まっとう ” な緩やかな進化を遂げていたら、70年代にはきっとこんな音楽を演奏していたんじゃないかなぁ~、って思わず空想してまうほど、マイルスの音楽を強烈に感じさせる音だ。


16) Perico Sambeat / Baladas ( amazon MP3 download )

スペイン出身のアルト奏者、ペリコ・サンビートの最新作は全編バラードの意欲作。サンビートと言えばブラッド・メルドーやカート・ローゼンウィッケル、あるいはジャビエ・ベルシェなどとの共演盤などを聴く限り、けっこう現代的なロジックでウネウネ吹きまくるタイプだと思っていたので、本作のようなしっとりとロマンティックなアルバムを作るとは意外。でもこれがかなり心に沁みる作品で壺にはまった。バックを務めるベルナルド・サセッティ ( Bernardo Sassetti )( 前項あり )の繊細にして静謐な響きを湛えるピアノも絶品。

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-1506.html

2012/01/08 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ご無沙汰しております。

crissさん,こんばんは。ご無沙汰致しております。

crissさんが暫く記事のアップを休止されていたのは息子さんのためだろうと考えておりましたが,crissさんらしいなぁと思っておりました。

それはさておき,昨年がBrad Mehldauの当たり年だったことは間違いのない事実であり,ファンとしては本当に嬉しかったです。

crissさんが取り上げられている作品の中には聞いていないものも多数ありますが,かぶっているものもありました。Jeremy Peltなんかは記事にしていませんが,カッコいいですもんね。皆さんがほめるので,慌ててAntonio Faraoを買ってきちゃいました。

ということで,今年もよろしくお願いします。

中年音楽狂 |  2012/01/15 (日) 20:37 [ 編集 ] No.4510


Re: ご無沙汰しております。

中年音楽狂さん、お久しぶりです。

子供の受験があったのでブログどころではなかった、というのが確かに一番の理由ではありますが、いざ書かなくなると、ちょっと空き時間ができてもなかなか文章が書けないもので、そのうち、「まあ、別に書かんでもいいか~」みたいな気持ちになってきて、さらには音楽(特に新譜)に対する興味もなくなってきて、だんだんと音楽自体から遠ざかってしまっていました。

で、たまにCD聴くときでも、最近はもっぱらクラシックばかりを聴いています。正直、昨年はクラシック5割、ジャズ2割、ロック3割ぐらいの比率で聴いていたと思います。


ファラオの新譜は僕的には最高ですわ。音も良いし、曲いいし、ブログでも書きましたが、格の違いを思い知らされたアルバムでしたね。

ウイルス性胃腸炎は良くなりましたでしょうか? 連日、寒い日が続きますが、インフルエンザも流行りだしています。ご自愛くださいませ。

では、ことしもどうかよろしくお願いします。

criss to 中年音楽狂さん |  2012/01/17 (火) 07:52 No.4513


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/05/30 (水) 19:35 No.4522

コメントを投稿する 記事: 2011年 極私的愛聴盤ベスト20 (その参)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。