雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Michiel Borstlap 『 Eldorado 』

   ↑  2008/05/26 (月)  カテゴリー: piano
Michiel Borstlap  『 Eldorado 』
オランダ人ピアニスト、Michiel Borstlap ミケル・ボルストラップは、日本では過小評価されているアーティストの一人だ。ハービー・ハンコックやウェイン・ショーターらから称賛される逸材であるにもかかわらず、話題になることは少ない。そんなミケルの最新作がひっそり発売させた。これがなんとクラブ・ジャズというから驚いた。

こういう音楽をクラブ・ジャズと言うのかどうかは、そっち系には全く疎い僕にはわからないのだが、CDのキャプションにそう書いてあるからそうなのだろう。今やアコースティックとエレクトリックを同時進行形で遂行していくアーティストは珍しくないが、エレクトリックがここまで飛躍しているとミケルのファンとしては戸惑いを隠せない。やはり近年のBill Brufordビル・ブラフォードとのデュオはこの新作への伏線だったのかもしれない。

ハンコック激似ぶりはここでも健在で、ヘッドハンターズ以降のハンコックを彷彿とさせる作風だ。楽器構成はピアノ・トリオ+ちょっとだけヴォーカル。ドラムは打ち込み。この時点でミケルのファンの10人中9人は逃げ出す。しかし実際に聴いてみたら何と心地よいことか。

特にmp3プレヤーに落として屋外に持ち出したときに妙にその良さが実感できる。東京メトロとの相性は抜群だ。彼にとっては≪ セロニアス・モンク・コンペティション作曲家部門優勝 ≫ という肩書はあまり意味を持たないのかもしれない。


2 songs upload by criss
1) Happy Mummy
2) My Old Piano

今日の歩数 : 7328歩 体重69.8kg 
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-161.html

2008/05/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Michiel Borstlap 『 Eldorado 』
この前の記事 : Miles Davis 『 Four & More 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Michiel Borstlap 『 Eldorado 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Michiel Borstlap 『 Eldorado 』
この前の記事 : Miles Davis 『 Four & More 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。