雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

   ↑  2008/12/22 (月)  カテゴリー: bass

avishai cohen gently2 

イスラエル出身で、現在はNYで活躍中のベーシスト、Avishai Cohen ( アヴィシャイ・コーエン ) の通算9作目となる最新作。個人的には1997年に結成されたチック・コリアの“ Origin ”でのアヴィシャイの演奏を聴いてすっかり魅了されてしまい、以来、ずっと彼をフォローしてきた。今回の最新作もダウンビート誌の2009年1月号に掲載されている『 Best CDs of 2008 』 で4つ星選定され、現地米国でもすでに確固たる評価を得ているベーシストである。

以前は、ウード( oud : 琵琶に似た弦楽器)を多用して、楽曲自体も中東音階を取り入れたりと、セファルディとしてのアイデンティティを色濃く打ち出した曲作りをしていたが、前作あたりからウードも使わなくなり、だいぶ民族音楽臭さは薄らいできた。今回は初のピアノ・トリオ編成ということで、よりいっそう中東色は希薄になってきており、より幅広いジャズ・ファンにアピールできる作風に仕上がっているようだ。ドラムは以前から活動を共にしている Mark Guilliana ( マーク・ジュリアーナ )で不変だが、ピアノは Sam Barsh ( サム・バーシュ )から、若干21歳のイスラエル人、Shai Maestro ( シャイ・マエストロ!! 凄い名前だぁ~ )に交代している。全11曲で、そのうち9曲がアヴィシャイのオリジナル、2曲が Traditional 。

中東色は希薄になれど、メランコリックで哀愁美漂うメロディーと超難解な変拍子は健在。カッコよくて痺れるけど何だか悲しくなってくるような楽曲が目白押しだ。この変拍子―しかも1曲の中で目まぐるしく拍子が変化する―の、何とも表現しがたい “ 覚醒 ” 感って、一体どこから来るのだろう。私たちの脳内にあらじめプリセットされている2拍子、3拍子、4拍子、8拍子…などの定型的なビート感を、変拍子は心地よく撹乱してくれているようだ。つまり、脳を裏切り苛める快感みたいなものが変拍子の魅力なのではないだろうか。そして、この変拍子の快感は、ロバート・フィリップを聴くときに感じる快感と同質なものだ。

以前、ビル・ブラフォードがこんなことを言っていた。「かっこいい曲を作りたければ、変拍子を使えばいいんだよ。」と。確かにそうなのだが、アヴィシャイの場合はそうしたギミックとしての変拍子利用ではなく、イスラエルの伝統音楽の中から自然に獲得していったスタイルとしての変拍子の多用だと思われる。そもそも変拍子はその元を辿れば、アラブ系民族音楽に由来するわけだし。

≪ Shai Maestro : Short Biography ≫
1987年イスラエル生まれ。5歳でクラシック・ピアノを始め、8歳の時にオスカー・ピーターソンを聴いてジャズに開眼したマエストロは、テルアビブ郊外のギバタイムにあるテルマ・イェリン国立芸術高等学校に進学し、ジャズとクラシックを学んだ。在学中に IAJE ( 注1 ) 主催の演奏会にビッグバンドの一員として招かれて米国ツアーも経験したが、その際、バークリー音楽院の奨学金オーデションを受験し、4年間の学費全額免除という名誉で合格している。近年はジミー・グリーンやアントニオ・ハートらなどの著名なミュージシャンとの共演を通じてメディアからも注目されはじめている。ここ2年ぐらいは、アヴィシャイ・コーエンのトリオで活動しており、『 Gently Disturbed 』と、今年8月にイスラエルで発売された『 Sensitive Hours 』で彼のピアノを聴くことができる。

1 : IAJE ( International Association for Jazz Education, 国際ジャズ教育者協会)。ジャズの教育に携わる人々で構成された教育振興団体。約40年の歴史を持ち、アメリカ最大のジャズに関する団体である。しかし、20084月に、500,000ドルの負債をかかえて破産。執行役員によるずさんな経営管理と資金の使い込みなどがその理由のようだ。すでにウェブサイト( http://www.iaje.org/ は閉鎖されているのでリンクできず。

星1つ星1つ星1つ星1つ 

Chutzpan - Avishai Cohen Trio
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-162.html

2008/12/22 | Comment (8) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Christian Scott / Live at Newport
この前の記事 : Dave Holland / Pass It On

Comment


Re: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

久しぶりに変拍子を堪能した気がします。
心地よかったのでi-tuneとIMEEMにダウンロードしてしまいました

rhodia |  2008/12/23 (火) 13:04 No.22


Re: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

こんにちは。


>心地よかったのでi-tuneとIMEEMにダウンロードしてしまいました 。

え! IMEEMからダウンロードできるんですか?
知らなかった。ダウンロードできると、
著作権やなにやらでまずいんじゃないのかな?
どうなんでしょ。

ぼくもまだIMEEMについて熟知してないのでよく
わかっていません。けっこう複雑、多機能ですよね。

本当はanywhereFMで十分だったんですけどね。
音もanywhereFMの方がずっと良かったし。
IMEEMはいかにも圧縮した音ってな感じですよね。

というわけで、一昨日から風邪(おそらくノロウイルス)で発熱し、クリスマスどころではありません。今、やっと仕事が終わりました。長かった~。

Rhodiaさんは、体調いかがですか?
ノロが流行ってますから、うがい、手洗い、
しっかりやてくださいね。

では、よいお年を。

criss to Rhodia |  2008/12/25 (木) 17:08 No.25


Re: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

rhodiaです。
crissさん、ノロにかかってしまったのですか。。
私は今のところは頗る元気です。
IMEEMは回遊が割と複雑で、まだ使いこなせていないです。便利は便利ですけど、anywhereFMの方が単純で好きでした。

kohenの曲を自分のプロフィールに入れて、そのままitunestoreで購入しました。だから著作権は購入サイトに飛ばしてフォローしているんじゃないかしら。ituneかamazonに飛べますよねIMEEMって。anywhereは前こんなことが出来なかった?記憶が。

ところで、プロフィールのcrissさんのお嬢さん、
crissさんに目がそっくりでビックリしちゃいましたww
クリックリのおめめがかわいいですね。

今年はお会い出来て本当によかったです。来年も引き続きブログを拝読いたします。よいお年をお迎えくださいね。
buon anno nuovo...!!!
tanti cari auguri!!

rhodia |  2008/12/27 (土) 15:26 No.29


Re: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

>ところで、プロフィールのcrissさんのお嬢さん、
crissさんに目がそっくりでビックリしちゃいましたww
クリックリのおめめがかわいいですね。


ありがとうございます。
お褒めいただいて。
でも、、、うちの子、、男ですけどね。

>kohenの曲を自分のプロフィールに入れて、そのままitunestoreで購入しました。だから著作権は購入サイトに飛ばしてフォローしているんじゃないかしら。

ようは、IMEEMからitunestore 経由でダウンロード購入したってことですか?
それなら全然問題ないですよね。
たぶん、僕より早く、rhodiaさんのほうが、
IMEEM習得するの早そう。

ということで、本年中は大変お世話になりました。
また来年もまったりと、気楽にお付き合いください。
では、よいお年を。

criss to Rhodia |  2008/12/28 (日) 22:29 No.32


TB三連発です(笑)

今回のメンバーはピアノのShai Maestroがちょっと影が薄いような気がしたのですが、サウンドとしてはそんなに民族音楽臭くなくてなかなか良かったです。
ここ何作品かでアヴィシャイはようやく好みの範疇に入ってきたのですが、よく聴くとやっぱり巧いベーシストですね。
さすがにチック・コリアが目を付けただけのことはあります。
またMark Guilianaもいいドラマーですね。

nary |  2008/12/29 (月) 13:27 No.37


TB三連発ありがとうございますだ!

>ここ何作品かでアヴィシャイはようやく好みの範疇に入ってきたのですが、よく聴くとやっぱり巧いベーシストですね。

いや~、めちゃくちゃ巧いですよ。
音の立ち上がりの遅いウッドベースで、あれだけ
ジャストにきびきび乗ってくるって、意外に難しですよ。独特のリズム、音色を持っているし、
かなり僕は尊敬してます。

ことしも、もう終わりですね。
お互い、なんだかんだと長くブログ続いてますね。
こんなに続くとは正直思っていませんでした。

こんなに長く続くなら、もっとちゃんとした
タイトル考えてつければよかったと、最近、
つくづく思ってます。

今日は、家族で大掃除、年賀状書きで終わりそうです。

では、よいお年を。
来年もよろしくお願いいたします。

criss to nary |  2008/12/31 (水) 00:39 No.42


TBさせていただきます。

Avishai(B)にハズれなし。と常々思っておりますが、
中近東色を薄めたピアノトリオという新しい切り口でもそのテーゼに狂いは生じませんでした。

本年もよろしくお願いいたします。

oza。 |  2009/01/03 (土) 07:45 [ 編集 ] No.52


Re: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

oza さん、明けましておめでとうございます。

このアヴィシャイの新譜もダウンビート誌で
四つ星でした。ダウンビートで四つ星以上なら
まずはずれはない、と常々思っていますが、
これもホント良い作品でしたね。

ということでTBさせていただきます。

今年もゆる~く、マイペースでやっていきます。
よろしくお願いいたします。

criss to oza |  2009/01/04 (日) 09:50 No.55

コメントを投稿する 記事: Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

Avishai Cohen Trio/Gently Disturbed(I)

Avishai Cohen(B) Mark Guiliana(Ds) Shai Maestro(P) Rec. September 24-28,2007,Algvagen (Razdaz Records SSC4607) 大好きなチック・コリアの「オリジン」出身なのにもかからわず、リーダー作は中近東臭くて音楽的にいまいち好きになれなかったアヴィシャイ・コーエン...

Jazz&Drummer 2008/12/29

Avishai Cohen Trio "Gently Disturbed"

ベーシストAvishai Cohenの新譜です。 前作が、約1年前なので良いペースで新作を作り続けていると思います。 今回の盤は、初?のトリオ作品となっています。 メンツは以下の通り Avishai Cohen(B)、Shai Maestro(P)、Mark Guiliana(Ds) 演奏曲は、以下の通りt...

JAZZとAUDIOが出会うと...? 2009/01/03
この次の記事 : Christian Scott / Live at Newport
この前の記事 : Dave Holland / Pass It On
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。