雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Dreams 『 Imagine My Surprise 』

   ↑  2007/01/20 (土)  カテゴリー: group
Dreams  『 Imagine My Surprise 』
《 マイケル・ブレッカー追悼盤 No.1 》

マイケル・ブレッカーが亡くなって丁度1週間が経ちました。この1週間というもの,新譜を聴く気にもなれず,ひたすら過去のブレッカーの参加LPやレーザー・ディスクの映像を観たりして感涙に噎んでおりました。この30年間,ブレッカーに追従しようと多くのテナー奏者が登場しましたが,誰1人としてブレッカーを超えることが出来なかった。少なくともテクニカルな面では。そしてこれらもブレッカー以上にサックスを操れる吹き手は現れないでしょう。やや感傷的になりながら今日も古いアルバムを引っ張り出して聴いております。

本作『 Imagine My Surprise 』は幻のバンド,Dreamsの第二作目です。なんと今から遡ること35年前の作品です。

もともと60年代にブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ(BS&T)のホーンセクションに参加していたランディー・ブレッカーが70年代初頭に脱退後,マイケルや彼らの恩師のトロンボーン奏者のバリー・ロジャーズらと結成したバンドです。ブラス・ロック色の強いジャズ・ロック・バンドで,70年に1st album 『 Dreams 』,71年に本作『 Imagine My Surprise 』をリリースしましたが,あっけなく解散。ブレッカー兄弟が参加した幻のバンドとして後世に名を残すこととなったバンドです。

本作にはウィル・リー,ドン・グロルニック,ビリー・コブハムらも参加していて,メンバーだけ見るとかなりイカしたブラス・ロックが聴けそうですが,これがそれほどでもないのがちょいとトホホなところで,正直なところ,あまり出来はよくありません。初期のシカゴやBS&Tを狙った作風であることが見え見えなのですが,ブラス・アンサンブルが甘くてキレがなく,ダサい。ヴォーカルが下手。これじゃ短命に終わったのも肯けます。本当にブラス・ロックを聴きたいファンは Tower of Power やchase に走ったでしょうし,かと言ってジャズ・ファンはこんな下手なボーカルじゃいくらマイケルがソロを吹こうが食いつかないでしょうね。

ホーン・セクションはマイケルのテナー,ランディーのトランペット,そしてバリー・ロジャーズのトロンボーンと,シカゴと全く同じ3管編成なのですが,70年当時としてはアンサンブルに関してはシカゴの方が格上ですし,なんといってもシカゴにはギターのテリー・キャスがいましたからね。Dreams が敵うはずがありあません。ということで,辛口になってしまいましたが,肝心のマイケルはやっぱり素晴らしい。まだ頭でイメージするフレーズが上手く吹ききれていない箇所も散見されますが,基本的に既にマイケルのスタイルは完成されていて,特にフラジオ域での高音に上り詰める独特のフレーズは今と変りません。ただソロ・パートは僅かで,あくまでホーン・セクションの1人として参加しているといった感じです。

Dreams 解散後,ブレッカー兄弟はマイク・マイニエリ,トニー・レヴィン,スティーブ・ガットらとWhite Elepfantを結成,セッションを断続的に行う一方,様々なスタジオ・ワークをこなして腕を磨き,74年についに Breker Brothers Band を立ち上げることとなったのでした。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-167.html

2007/01/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dreams 『 Imagine My Surprise 』
この前の記事 : マイケル・ブレッカー 死去

Comment

コメントを投稿する 記事: Dreams 『 Imagine My Surprise 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Dreams 『 Imagine My Surprise 』
この前の記事 : マイケル・ブレッカー 死去
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。