雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Billy Childs 『 The Child Within 』

   ↑  2007/02/07 (水)  カテゴリー: piano
Billy Childs  『 The Child Within 』
愛娘の登場するジャケットですと Jack Wilson の『 Song For My Daughter 』( Blue Note BST-84328 )(前項あり)や Joe Chindamo の『 Anyone Who Had A Heart 』( atelier sawano AS056 )などが真っ先に思い浮かびますが,愛息子ジャケとなると僕なんかはすぐにこの Billy Childs (ビリー・チャイルズ)の『 The Child Within 』( 1996 Shanachie 5023 )が思い出されます。息子を静かに見守る父親の姿が表現されたイイ写真です。

ビリー・チャイルズと言っても日本では今ひとつ人気のないピアニストですが,本国では結構売れている中堅どころのミュージシャンです。グラミー賞にもたびたびノミネートされ,昨年は Best Instrumental Composition 部門と Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalist 部門でそれぞれグラミー賞を受賞しています。これだけ日本と米国との間に人気度に乖離があるミュージシャンは珍しいです。

例の『 幻のCD 廃盤/レア盤 掘り起こしコレクション 』に『 Portrait of a Player 』 (1993 Windham Hill )が紹介されて局地的に話題になりましたが,僕にしてみれば取り立てて騒ぐほどの作品ではなく,むしろこの『 The Child Within 』や,あとで紹介しますが『 Portrait of a Player 』の2年前にリリースされたWindham Hill Recordds の第3作目となる『 His April Touch 』あたりの方が,彼のずば抜けた作曲能力が堪能できる秀逸な作品だと思うのです。

本作はテレンス・ブランチャード(tp),スティーブ・ウイルソン(as&ss),ラヴィ・コルトレーン(ts),ルイス・ボニーラ(tb)の4管+デイヴ・ホランド(b),ジェフ・ワッツ(ds)とう豪華編成です。チャイルズは作曲法で博士号を取得しているだけあって,手の込んだ緻密な構成,アレンジが施された曲を作らせると右に出るものがいません。多彩なキメと変拍子をたくみに織り込み,スケール感のある独特の楽曲を披露してくれます。14歳の時にエマーソン・レイク&パーマを聴いてピアノに目覚めた,というだけあって,曲によってはプログレッシブ・ロックに通じるフレーズやキメが垣間見られ,その手が好きな人にはたまらない魅力です。ちなみに,息子アーロン君のために書いた3曲目の美麗バラード《 Aaron’s Song 》は1997年のBest Instrumental Composition 部門でグラミー賞にノミネートされています。

        
Bill Childs 『 His April Touch 』 (1997 Windham Hill )
最も愛聴しているのが本作です。滅茶苦茶カッコイイです。これでもかというくらいのキメと変拍子。切れ味抜群のチャイルズのモーダルなソロ。これを聴いちゃうと他の彼の作品が色褪せて見えます。Bob Sheppard (ボブ・シェパード)のテナーなどブレッカーそっくりで上手いし。大好きなJimmy Johnson (ジミー・ジョンソン)のベースも聴けるし,Mike Baker (マイク・ベイカー)という全然知らないドラマーがこれまたビリー・キルソン風でカッコイイし,なんでこのアルバムが知られていないのか不思議です。

話はちょっと逸れますが,ボブ・シェパードってホント,ブレッカーに似ているですよ。以前に紹介したオーベ・イングマールソンと同じくらい極似です。昨年発売されたマイク・スターンのパリでのライブDVDにおまけで1曲だけボブ・シェパードが参加している曲が入っていたので喜んで買ったのですが,《 Jean-Pierre 》のテーマだけしか吹かしてもらえず,可愛そうな扱いだったのは残念でした。それから,ドラムのマイク・ベイカーって,無名ですが凄く上手いのに,その後全く耳にしませんがいったい何処へ行ってしまったのでしょうかね。

        
Bill Childs 『 Bedtime Story 』(2000 M&I)
チャイルズの場合,総じて管入りフォーマットの作品の方が出来が良いという印象を受けます。この『 Bedtime Story 』もそれほど良いとは思いませんが,彼のルーツでもあるハンコックの曲をメインにスティングの《 Fragile 》やショーターの《 Oriental Folk Song 》などを挟み込み,とっても聴きやすい作品に仕上がっている快作です。Key'stone の木全信氏による非常にコマーシャリスティックな作品ですが,日本では過小評価されているチャイルズにスポットライトを当てたという点では評価されるべき作品です。

それにしても,なんでしょう,このジャケット。Bedtime Story って,寝る前に子供に聞かせてあげるおとぎ話のことでしょ? 全然関係ないジャケットですよね。ちなみに< 32 Jazz > というreissue label から本作が再発されていますが,そこでのジャケはチャイルズが眠っている実息子を抱きしめている写真で数倍素敵です。

あと,ついでにこのジャケットについて。どうしても脚線美に目がいってしまいますが,ジャケの上の方をよく見ると,奥の男性と手錠で繋がれているんですよね。いったいなんなんでしょうかね~。


関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-173.html

2007/02/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Billy Childs 『 The Child Within 』
この前の記事 :  Jan Kare Hystad / Vargtime

Comment

コメントを投稿する 記事: Billy Childs 『 The Child Within 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Billy Childs 『 The Child Within 』
この前の記事 :  Jan Kare Hystad / Vargtime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。