雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Patrick Williams and his big band / Sinatraland

   ↑  2008/12/29 (月)  カテゴリー: large ensemble

patrick williams

Patrick Williams ( パトリック・ウイリアムス,  1939~ ) の名前は知らなくても、必ずや彼の音楽は耳にしたことがあるはずです。1970年代からハリウッド映画やテレビ音楽、ポップスの世界に身を置き、何百という数のスコアを書いてきた名アレンジャーです。グラミー賞を3回、エミー賞を2回受賞しています。

フランク・シナトラは晩年に 『 Duets 』、『 Duets II 』 という、ジャンルを超えた大物歌手らを招いてデュエットした作品を制作しました。バーバラ・ストライザンド、ライザ・ミネリ、ルーサー・ヴァンドロス、ナタリー・コール、フリオ・イグレシアス、シャルル・アズナブール、カーリー・サイモンなどなど、超VIPな歌手がシナトラのために集結したゴージャスな作品で、私の愛聴盤です。

この2作品を手掛けたのが何を隠そう、このパトリック・ウイリアムスだったのです。そのことがきっかけとなり、この 『 Sinatraland 』 ( 1997 ) が制作されました。30年代から40年代にシナトラが歌ってヒットした曲を、ビッグバンドでカヴァーしています。

参加メンバーも、エディー・ダニエルス、ピーター・アースキン、ミシェル・フォアマン、デヴィッド・サンボーン、トム・スコット、ビル・ワトラスなど超豪華です。

気難しいことなど一切なく、ストレートに楽しく、聴いているうちにだんだん元気になってくる作品で、何故か、このクリスマスからお正月の忙しく、それでいてわくわくする時期になると棚から引っ張り出して聴きたくなるCDなんですね。

と云う事で、これから栃木の実家に帰省してきますが、車の中で聴くために、今年もバッグに詰め込んだところです。

では、行ってきます。


関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-177.html

2008/12/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 2008年極私的愛聴盤+20
この前の記事 : 2008年極私的愛聴盤20選 ( 新譜 )

Comment

コメントを投稿する 記事: Patrick Williams and his big band / Sinatraland

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 2008年極私的愛聴盤+20
この前の記事 : 2008年極私的愛聴盤20選 ( 新譜 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。