雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Paul Motian / Garden of Eden

   ↑  2006/02/07 (火)  カテゴリー: drums
paul motian band
ポール・モチアン・バンドの『 Garden of Eden 』(エデンの園)が発売になりました。詳しい記載がありませんが,90年代のポール・モチアン・エレクトリック・ビバップ・バンド(以下EBBB)の最新作と考えてよさそうです。ポール・モチアンという人はどうしてもビル・エバンス・トリオの黄金期のドラマーという形容がされがちですが,実際にはその後の活動の方が長く,評価されるべきものだと思います。でも,どうしてもビル・エバンス・トリオの呪縛から逃れられず,その反動で,彼自身のリーダー・アルバムにはピアノレスが圧倒的に多いという皮肉もあります。彼のリーダーとしての活動には大きな柱が2つあり,ひとつは80年代から現在まで続くビル・フリーゼル,ジョー・ロヴァーノらとのトリオとしての活動。もうひとつは前述した90年代からのEBBBとしての活動です。EBBBとしては,知るかぎり6枚のアルバムをリリースしています。第1作~第2作がBAMBOOからで,第3作~第6作がWinter&Winterからの発売でした。最初は1テナー,2ギター,ベース,ドラムの編成で始まりましたが,第2作目からは2テナー,2ギターが基本構成になっています。今までに在籍したテナー奏者には,デビュー間もないジョシュア・レッドマン(第1作),クリス・ポッター,クリス・チーク,ピエトロ・トノロらがいます。ギターではカート・ローゼンウィンケル,ウォルウガング・ムースピール,スティーブ・カルディナスらがいます。いわゆるブルックリン系の先鋭達のユニットであったわけです。その名前が示すように,エレキギター2本とテナー2本でビバップを演奏するという趣旨で結成されたユニットでしたが,徐々にオリジナル曲の比率が多くなり,第6作の『 Holiday for strings 』あたりになると,だいぶビバップ色は薄らいできていました。

さて,今回の最新作はEBBBとしては初のECM盤になります。とはいっても録音はNew Yorkのアバター・スタジオで,エンジニアはまたまたおなじみジェームズ・ファーバーですけどね。年月が経つごとにビバップ色が弱まってきたこともあり,レーベル移籍を期にいっそうの事,ユニット名からビバップを外してしまおうと考えたのでしょうか。今回は単純に「ポール・モチアン・バンド」と表記されています。でも編成,演奏内容は今までと変わらず,3ギター,2テナー,ピアノレスであります。ギターは以前からのメンバーであるスティーブ・カルディナズ,カルディナスと同系色のベン・モンダー,それから無名の(ただ僕が知らないだけか)ジャコブ・ブロの3人で,いずれもビル・フリーゼル系のディレイ,ボリューム・ペダルの業師達です。そしてテナーにはEBBBの以前からのメンバーであるクリス・チークと,新たに今やニューヨーク若手ナンバー・ワンのトニー・マラビーが参加しています。否応なしに期待が膨らむメンバーですが,はたして出来も素晴らしいものでした。前作『 Holiday for strings 』よりもバップの楽曲を多く取り上げているのが好感が持てます。なにしろM-1(直立猿人),M-2と,2曲続けてミンガスの楽曲を取り上げていて,モチアン独特のハーモニー感覚が美しく,テーマのギター,サックスのユニゾン・ラインが「やっぱりEBBBBはこうでなくちゃねー」とにんまりの美旋律を奏でています。ただ,ミンガス,モンク,パーカーの楽曲を取り上げているものの,全14曲中9曲がオリジナル曲であり,昔のEBBB,たとえば僕が一番愛聴している『 Reincarnation of a Love Bird 』(Banboo 1994)のような親しみやすいバップ一色のスウィンギーで楽しいアルバムに比べると,やや聴き手を選ぶアルバムかも知れません。

聴き所はなんと言ってもトニー・マラビーとクリス・チークでしょうか。クリス・チークがセンター左に,トニー・マラビーがセンター右に定位し,二人が極上のハーモニーを奏でます。バンドの性格上,二人のテナー・バトルといった趣はありませんが,各ソリストのバップ・ソロの受け渡しが心地よく,上品なアンサンブルに仕上がっていてます。

ポール・モチアンは1931年生まれですから今年で75歳です。今でもこうしてオリジナル曲を書き,孫ほど年齢の離れた若手先鋭ミュージシャンとバンド活動を積極的に続けていくそのバイタリティーには,ただただ敬服するばかりです。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-207.html

2006/02/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Paul Motian 『 Garden of Eden 』
この前の記事 : Avishai Cohen 『 The Trumpet Player 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Paul Motian / Garden of Eden

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Paul Motian 『 Garden of Eden 』
この前の記事 : Avishai Cohen 『 The Trumpet Player 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。