雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

捨てられないアルバム

   ↑  2005/08/15 (月)  カテゴリー: Around Jazz
松田聖子の「 Pineapple

なんで「JAZZ」のカテゴリーで「松田聖子」なんだ。とお叱り受けそうですが、僕の中では「JAZZ」とリンクする「ポップス」が結構あります。ほとんど個人的体験に基づく連想なのですが、南佳孝やオリジナルラブとかもまさに「ジャズの周辺音楽」かな、と感じてしまうんです。

この松田聖子の「 Pineapple 」は1982年のアルバムで、作詞は全曲、はっぴーえんどの松本隆が担当。一方作曲は、財津和夫、松任谷由実、来生たかおと、豪華顔ぶれが並び、そしてなんと原田真二が2曲提供しているんです。既にこの頃から親密な関係だったのでしょうか。

サポート・ミュージシャンは、岡沢章(b)、高水健司(b)、松原正樹(g)、吉川忠英(g)、松任谷正隆(key)、斉藤ノブ(per)らがサポートしています。たかが新人アイドルのアルバムに、これほどまでのエリートを集結させるとは、恐るべし松田聖子。

大学時代の軽音楽部の志賀高原合宿では、ハンコックなどの曲を練習する一方でこの「 Pineapple 」を休憩時間によく聴いていたので、僕の中ではどうしても「Jazz」を連想させる「J-POP 」になっているんです。 いずれにしても本作は、松田聖子というアイドル性と日本のエリートミュージシャンの音楽性を高い次元で融合させた「J-POP 」史上、稀にみる完成度をもった傑作だと思うのです。(ちょっと大袈裟。)
関連記事

FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-222.html

2005/08/15 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ボサノバを聴きながら。
この前の記事 : 今夜は Lee Wiley 。

Comment


Re: 捨てられないアルバム

crissさん,こんばんは。記事発見(笑)!

せっかくですので,恥を忍んでTBさせて頂きます。記事のトーンは似ているかもしれません。やっぱり同じような感想になりますよね。このアルバムは。

中年音楽狂 |  2009/08/16 (日) 20:54 [ 編集 ] No.580


Re: 捨てられないアルバム

そっか~、見つかってしまいましたか。
そりゃ、見つかるわな。

くやしいからこっちからもTBさせていただきます。

今日、amazon で「パイナップル」と「ユートピア」買っちゃいました。
Blu-spec CD、デジタルリマスター、DVD付き、そして限定盤(売り切れ必至!)ですからね。
2980円のところ、amazonなら2444円ですから、思い切って買いました。

この2枚は一番聴いた作品ですからね。これ以外は安いCDもいいかなって。

この前、NHKの佐野元春のソングライターとかいう番組に松本隆が出てました。
久し振りに彼のしゃべりを聴きましたが、相変わらずぼそぼそしゃべってました。
でも、すごく魅力的、知的、育ちが良さそう(なにしろ大学までずっと慶応、生まれは
青山ですからね)。

その中で、松田聖子プロジェクトについても多くを語ってました。
あのころのレコーディングって、松田聖子は当日譜面を渡され、
その場で曲を覚え、3テイクまででOK出ていたんですって。

松本氏は「聖子は天才」と言ってました。彼はお世辞をつくような人では
ないので、本心なのでしょうね。最後は聖子とけんか別れしたとかしないとか、
当時は噂になっていましたけど、今でも彼女の才能は認めているのは確かです。

結局、松田聖子プロジェクトには、まず松本隆が参画し、ついで大滝、
そして細野、最後に鈴木茂が参加し、最後にははっぴいえんどが全員そろって
松田聖子を盛り上げたんですよね。すごいな~。

細野が≪天国のキッス≫っていう転調の嵐みたいな難解な曲を聖子に
作ったときも、彼女は一回歌って完成させちゃって細野はびっくりしたって言ってた。
細野も聖子を天才だってどこかで言ってた。
ユーミンも聖子の歌唱力は素晴らしいって当時絶賛していましたよね。

と、話はつきないので、このへんで。


ホント、これ、ジャズブログか!?  って話で、お互い、恥ずかしいですね。

criss to 中年音楽狂さん |  2009/08/18 (火) 22:49 No.582


TBのリトライお願いします

crissさん,おはようございます。crissさん,熱弁ふるってますねぇ。相当の聖子好きですか,実は。

「ユートピア」と言えば,「マイアミ午前五時」ですねぇ。実はあの曲についてもブログに書きました。私も相当の好き者ということで。

ところで,TB入っていないようです。リトライして頂けますか。入ったり,入らなかったり,どうもいけません。最近は私のTBは入るようになったようですが。

中年音楽狂 |  2009/08/19 (水) 07:36 [ 編集 ] No.584


Re: 捨てられないアルバム

松田聖子のファンというよりも、松本隆のファンでして、はっぴいえんど時代から好きでした。

あの松本節というか、彼の世界観が好きです。

松田聖子の曲などほとんど世俗から隔離された
「わたし」と「あなた」の世界ですし、
しかも舞台は「夏の海」でしょ、
もうこれは逃避ソングですよ。

当時は大学生だったからちょうどそのころの
自分自身の気持ちにフィットしたのだと思います。

>「ユートピア」と言えば,「マイアミ午前五時」ですねぇ。

この曲も人気ありますよね。なんでマイアミなのかはよくわかりませんが。

マイアミで午前5時に男と別れる。
車の来ない道の白いセンターライン
駆け寄ってサヨナラとキスして。

別れる理由は「生きる世界が違う」から。

日本人女性がアメリカ旅行中に現地の
男にナンパされ一晩遊んじゃった話でしょうか?

よくわかりませんが、松本隆の詩には意味不明は
言葉がたくさんでてきて想像力を掻き立てられます。

なんだか村上春樹にその点で似ていなくもないですね。

僕は「ユートピア」ではやっぱり細野晴臣の
≪天国のキッス≫でしょうか。べたですが。
なかなか難しい楽曲で、細野氏の聖子に対する
挑戦状のような曲です。それをあっさり
歌いこなすあたりがさすがですが。

あとでもう一度TBしてみます。
では、また。

criss to 中年音楽狂さん |  2009/08/20 (木) 08:13 No.586

コメントを投稿する 記事: 捨てられないアルバム

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

松田聖子の最高傑作

゛Pineapple 松田聖子(Sony) 現在の松田聖子には全く何の興味もない

中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar 2009/08/16
この次の記事 : ボサノバを聴きながら。
この前の記事 : 今夜は Lee Wiley 。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。