雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

訃報 Esbjorn Svensson ( E.S.T. )

   ↑  2008/06/16 (月)  カテゴリー: piano

訃報 Esbjorn Svensson ( E.S.T. ) 

Pianist Esbjorn Svensson Dead at 44


Swedish jazz musician Esbjörn Svensson, 44 years old, died during a diving accident yesterday outside of Vrmdö near Stockholm.
( From All About Jazz  Posted 2008-6-15 )

先ほど、ブログ仲間のMartyさんから知らされました。スキューバ・ダイビング中の事故死であったとのこと。44歳という若さでの死。悲劇としか言いようがありません。

現在、警察が詳しい死因を調査中ですが、いったい何が彼の身に振りかかったでしょうか。致命的な不整脈による心臓発作が起きたのか、 水中でのパニックなのか、それともボートなどとの接触があったのか、まだわかっていません。

そして、やはり37歳という若さで交通事故死した同郷のヤン・ヨハンソンを思い出し、そこに運命的な何かを感じずにはいられません。

才能豊かな人が亡くなるということは、その優れた頭脳がこの地球上から消えてなくなることです。スヴェンソンの頭の中には、いまだ作品として具体化されていない無数のアイディアがあったはずです。それらずべてが消え去ってしまったことが、残念でしかたありません。

また、残された家族、バンド・メンバーらの気持ちを察すると、胸が痛みます。

僕もE.S.T. はすごく好きで、彼らの作品をすべて書いてきました。今、記事を読み返しながら、あらためて彼らの業績を振り返ってみたいと思います。

心からエスビョルン・スヴェンソン氏のご冥福をお祈りいたします。

<当ブログ内のe.s.t.関連記事>
『 When Everyone Has Gone 』  2006年12月13日掲載
『 Live ‘95 』  2006年12月13日掲載
『 Plays Monk 』  2006年12月13日掲載
『 Winter In Venice 』  2006年12月19日掲載
『 From Gagarin’s Point of view 』  2006年12月19日掲載
『 Good morning Susie Soho 』  2006年12月21日掲載
『 Strange Place For Snow 』  2006年12月22日掲載
『 Seven Days of Falling 』  2006年12月22日掲載
『 viaticum 』  2006年12月27日掲載
『 Tuesday Wonderland 』  2006年12月13日掲載
『 Live in hamburg 』  2008年1月9日掲載



北極海から届く風。
フィヨルドの香り。
極寒の地,スヴェーデンの白夜の夢は続く。
関連記事

FC2スレッドテーマ : 音楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-232.html

2008/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 訃報 Esbjorn Svensson ( E.S.T. )

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。