雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jon Gordon / Within Worlds (2)

   ↑  2008/06/11 (水)  カテゴリー: tenor

では、実際にジョン・ゴードンの新プロジェクトがどんなものか覗いてみましょう。

まず、ArtistShare のweb site の [ Home ] から [ Featured Artists ] のタブをクリックし、ジョン・ゴードンのセクションから [ READ MORE ] のタグをクリックします。そうするとジョンのサイトに飛び、[ New Project Launched! ] という記事が出ますので、その記事の [ red more ] からプロジェクト詳細ページに進んでください。

jon gordon screenshot1 

右上にすでに日誌( Project Journal 01 )が公開されています。新規プロジェクトの案内を兼ねているので、参加者でなくても誰でも閲覧できます。しかし、次の日誌( Project Journal 02 )からは、参加者でないと閲覧不可になっていますね。Project Journal 01 によると、今回のプロジェクトの詳細、たとえば演奏曲目や参加ミュージシャンンなどはまだ具体的には決定していないようです。どんな方向にプロジェクトが進展していくかも未知です。しかし、現時点ではっきりしているのは、まず初の2枚組作品となること、つぎにいくつかの異なるメンバー編成で演奏すること、そして今までに経験したことのないような大編成(8人ないし9人編成)での演奏になること、ということです。そのほかにも、どうして ArtistShare から作品を発表しているのかについての説明なども書かれていますので、興味のある方はお読みください。 

jon gordon screenshot2  

ページの左下には参加コースの種類が表示されています。全部で6種類。最も安いコースで12.95ドル。最も高いコースでなんと7,500ドル! いったいこの違いはどこからくるのか。それぞれのメニューを簡単に紹介しておきましょう。

1) ArtistShare@ Project download ( 128 kbps MP3 )  12.95ドル
MP3ファイル化された音源やジャケット写真をダウンロードできるコース。また、創作過程を記した彼自身による日誌の閲覧や、ビデオおよびオーディオ・ファイルのダウンロードなども権利も含む。

2) ArtistShare@ LTD Edition CD 18.95ドル
プロジェクト終了時の09年6月1日に、CDが郵送されるコース。1)と同様に、彼の日誌の閲覧や、ビデオおよびオーディオ・ファイルのダウンロードなども権利も含む。

3) ArtistShare@ Bronze Participant  150ドル 100個限定
ジョンのサインとシリアル・ナンバーの入ったCDが郵送されるコース。ブックレットには参加者の名前もクレジットされる。また、このコース参加者限定のビデオも閲覧できる。このビデオは毎月アップデイトされる。さらに、ジョンの音声による曲解説が聞けるのもこのコース限定の特典。

4) ArtistShare@ Silver Participant  2,500ドル 10個限定
Bronze Participant の特典に加えて、(1) ジョンのお気に入りの曲をプレロードされたiPod 。(2) 参加者個別に用意されたメッセージ入りDVD。(3) ジョンが愛聴する5枚のCD(解説付き)。(4) VIP待遇でのライブ招待。

5) ArtistShare@ Gold Participant  5,000ドル 2個限定
Silver Participant の特典に加えて、(1) Gold Participant の2人に別々に書かれた手書きのレター。 (2) レコーディングで実際に使用されたスケッチ(曲の構成や流れをおおざっぱに記した譜面か。リード・シートと同じ?)。(3) ArtistShare からリリースされている過去の2作品のCD 。などが郵送される。さらに、参加者だけのためにヴァーチャル・コンサートを開き、リクエスト曲も演奏し、参加者のために新曲を録音しプレゼントする。

6) ArtistShare@ Executive Producer Participant 7,500ドル 1個限定
Bronze Participant の特典に加えて、(1) たった一人の参加者のために、スタジオ・ライブ・レコーディングを行う。(2) 参加者およびその友人を招いてのプライベート・コンサートの開催。(3) レコーディング、ミキシング、マスタリング現場への招待。(4) VIP待遇での全てのコンサートへの招待(一年間)。

上位レベルのコースは凄いでしょ。金さえあれば好きなミュージシャンとお友達になれる、かもしれないのです。

実際に僕らが選択するのは ArtistShare@ LTD Edition CD でしょうね。以前にIngrid Jensen のCDを この ArtistShare のネット通販で買ったときの送料は、確か7.25ドルか7.50ドルだったと記憶しているので、トータルで26~27ドルで買える計算です。国内の輸入盤店でもArtistShare の作品は3200円程度しますから(最近は2800円ぐらいの商品も目にするようになりましたが)、決して通販で買っても高くはありません。その上、このような特典が楽しめるのすから、一度利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

ということで、完全にArtistShare のお話になってしまったので、次回は本題の『 Within Worlds 』 の内容に触れてみたいと思います。



関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-238.html

2008/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Jon Gordon 『 Within Worlds 』 (2)
この前の記事 : Jon Gordon / Within Worlds (1)

Comment

コメントを投稿する 記事: Jon Gordon / Within Worlds (2)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Jon Gordon 『 Within Worlds 』 (2)
この前の記事 : Jon Gordon / Within Worlds (1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。