雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

金曜深夜のジャズ日記

   ↑  2008/06/06 (金)  カテゴリー: diary
先程から過去の自分の書いたものを適当に読み返していたのですが、文章の中に「本当に素晴らしい」とか、「カッコいい」といった表現があまりにも多くて、恥ずかしくなってしまいました。できるだけ「素晴らしい」という褒め言葉は使わず、その作品が“どのように素晴らしのか”を表現しようとつとめてきたのですが、知らず知らずのうちに使ってしまっていたのですね。 以前にも書いた記憶がありますが、料理評論家は、その料理のおいしさを表現するのに、「おいしい」と言ってしまったら評論家失格なのです。評論家はその料理がどのようにおいしいのかを読み手にわかるように説明しなければなりません。音楽も同様であるはずです。 何かを読んだり、聴いたり、食べたり、まあ、何でもいいのですが、表現するとき、とっさに「素晴らしかった」とか、「おもしろかった」とか、「おいしかった」とか言ってしまうのですが、そんな時によく、小学生や中学生のころ書かされた読書感想文を思いだすのです。僕は大の国語嫌いで、とにかく文章を書くのがいやでした。特に読書感想文は苦手で、何を読んでも「すばらしい作品でした。」とか「おもしろかったでした。」なんて言葉しか思い浮かばず、先生を困らせてばかりでした。 でも今思うと、先生の方にもその責任はあったように思います。「川端康成の『雪国』を読んで、その感想を書きなさい。」と言うから難しいのであって、「川端康成の『雪国』は、どんな物語であったかを書きなさい。」と言われれば、ストーリーを要約しながら、所々に感想を交えつつ、ある程度のレベルのレビューが書けていたと思うのです。 今まで約3年間、こうして書き続けてこられたのも、「最低限のデータ」+「ちょっと感想文」というスタイルで書いてきたからだと思っています。まあ、データに逃げる、という見方もあるかもしれませんけどね(笑)。 いすれにしても音を言葉に転換させることは至難の業です。しかも常に新しい修飾語、比喩などを用いて作品を表現し続けるのはやはりアマチュアには無理と言わざるを得ません。やはりプロの方々は凄いですよね。 言葉で簡単に説明できるようなジャズは、当然つまらないジャズであるし、逆に、これは面白いと思ったジャズは、言葉では到底説明できない難解さを内在しているわけですし、これはなかなかややこしい問題です。 さて、くだらない戯言はこのくらいにして、寝るまでの2時間ほどの間、できるだけジャズを聴いて疲れを癒すことにしましょう。なにしろ明日は久し振りの休日ですから。 1)Enrico Pieranunzi 『 Parisian Portraits 』 EGEA 1990 エンリコ・ピエラヌンツィのIDA三部作のうちの一枚、『 Parisian Portraits 』 がジャケット新装でEGEAから再発されましたね。『 Untold Story 』 (前項あり)は06年にすでに再発されていますから、残るはマーク・ジョンソンとのデュオ『 The Dream Before Us 』だけです。エンリコのソロ作品って沢山ありすぎて、どれがどれだか分らなくなってしまっています。まあ、そんなにソロばかり買う必要もないのですが、なにしろIDAは幻ですから、買わないと落ち着かなくて。 2)Enrico Pieranunzi 『 Racconti Mediterranei 』 EGEA 2000 もう一枚、エンリコ。ガブリエレ・ミラバッシのクラリネットの優雅さ、ここに極まれり!名曲≪ The Kingdom ≫ をAnywhere.FM で。 3)Carlo Uboldi 『 Free Flight 』 Music Center 2007 カルロ・ウボルティの人気盤。バイク・ジャケの第二弾も出ているんですよね。メランコリックで哀愁漂う≪ Welcome to Nippon ≫ がイイ感じです。 4)Alexandra Caselli 『 Out The Aquarium 』2003 moonjumpers ロサンエルスの女流ピアニスト。マーメイドをあしらった涼しげなジャケットに相応しく、内容もあくまで軽快で端正な佇まいのオリジナル曲が並びます。とりたて秀作というわけではありませんが、耳当たりがよく、つい手が伸びるアルバムです。 5)Mitchel Forman 『 Patience 』 2000 village records CD棚を眺めていたら、目についたので久しぶりに聴いています。ミッチェル・フォアマンって、最近あまり名前を聞かないけど、どうしてるんでしょうね。凄腕なのに、いま一つ日本で知名度がないですね。ジョン・スコの『ブルー・マター』なんか、凄くカッコイイ(あ、言っちゃった)けどね。 6)David Benoid 『 Waiting For Spring 』 1989 GRP デヴィッド・ベノワの新譜が出ましたね。と言っても、だれも興味ないかもね。22年程前に、ロサンゼルスでライブを観て以来のファンです。今度、Blue Note Tokyo にも来るのかな?ぜひ行きたい。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-241.html

2008/06/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Pat Metheny 『 Tokyo Day Trip Live EP 』
この前の記事 : Billy Childs

Comment

コメントを投稿する 記事: 金曜深夜のジャズ日記

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Pat Metheny 『 Tokyo Day Trip Live EP 』
この前の記事 : Billy Childs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。