雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

訃報 : Niels - Henning Orsted Pedersen

   ↑  2005/07/20 (水)  カテゴリー: bass
Niels - Henning Orsted Pedersen 

今日は仕事が早く終わったので、久しぶりに浅草のジャズ喫茶「がらん」に寄ってきました。そこで手にしたスイングジャーナル7月号でニールス・ペデルセンの訃報を知りました。 4月19日に亡くなっていたんですね。3ヶ月も知らずにいました。こんな突然になぜ。てっきりオスカー・ピーターソンの方が先に逝くかと思っていたのに(失礼)。

死因については言及してなかったので、早速、帰宅して検索してみました。ほとんどのサイトで、「no cause of death is unknown 」でしたが、1件だけ死因に触れていたサイトがみつかりました。「The cause of death was a heart attack.」心臓発作だったんですね。心筋梗塞か致命的不整脈だったのでしょうか。それ以上の詳細については触れてませんでした。

私は大学時代には軽音楽部でベースを弾いていて、よくペデルセンのコピー(とはいってもフレットレスエレキベースに置き換えてですが)をしていて、非常に思い入れのあるベーシストでした。 追悼の意を込めて、レコード棚から思い出の2枚を引っ張り出してきました。

オスカー・ピーターソンの「Nigerian Marketplace」での16分音符で刻むリフはジャコもびっくりのハイスピードで、ベーシストのチャレンジ魂を刺激する傑作。それからペデルセンのリーダーアルバムでは同じくPABLOの「The Eternal Traveller」が最高です。A面1曲目のパガニーニの「Moto Perpetu」を聴けば、誰もがその超絶技巧に感服することでしょう。一般にsteeple chaseの「jaywalkin'」の方が知名度はあるかもしれませんが、「The Eternal Traveller」の方が出来は良いと私は思いますが、いかがでしょう。 A面最後の「jeg ven en laerkerede」が悲しすぎる名曲です。

毎年、多くのジャズマンの訃報を聞きますが、久しぶりに心底残念な訃報で涙がでました。合掌。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-258.html

2005/07/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ホレス最高
この前の記事 : 逝ってしまったペデルセン

Comment

コメントを投稿する 記事: 訃報 : Niels - Henning Orsted Pedersen

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : ホレス最高
この前の記事 : 逝ってしまったペデルセン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。