雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

脱メタボリック・シンドローム

   ↑  2008/05/20 (火)  カテゴリー: 未分類
   医師がすすめるウオーキング

僕は、45歳。妻は35歳で子供はまだ3歳。子供が4年生大学までストレートに進学しても20年近くはまだ働かなければなりません。そのためには、まずは自分自身が健康でなければならないし、極端に言えば、それが全てです。健康なら大概のことはどうにかなるものですから。ところで、僕が自身の健康に意識を向けるようになったのは、4年前に妻が妊娠したときからです。まずは煙草をやめました。ニコチンパッチであまり苦労することなく止められたのです。最近はお酒もほとんど飲まなくなりました。平均すると1週間に1合程度です。とりあえず酒と煙草の問題はクリアできたのです。しかし、ここ数年で体重が徐々に増えていき、この2年ほどは身長171cm、体重74kg、BMI 25.3 ( 正常は< 25 )と肥満度1 が続いていました。腹部超音波(エコー)やCTでも高度の脂肪肝を認めていました。今、手元に2006年2月の検査データーがありますが、それを見てみると、GOT = 42 ( 11-35 ) 、GPT = 96 ( 6-39 )、γ-GTP = 53 ( 4-70 )、LDL(悪玉)コレステロール = 158 ( <140 )、中性脂肪 = 293 空腹時血糖 = 94 ( 70-109 ) [ カッコ内は正常値 ] で、過栄養による肝機能障害と高脂血症(最近は高脂質異常症と呼びます)であったことがわかります。そんな状態が続いていたものの、なかなか食生活を改善することができず、かといって、仕事で遅く疲れて帰ってきてまで運動する気にもなれず(マンション内にジムがあるにもかかわらず)、だらだらと過ごしてしまいました。本当はブログなど更新する暇があったらジョギングでもすればよかったのですが。ところが、今年の4月からそれまでの車通勤から、生まれて初めての電車通勤にかわり、歩行距離が格段に増えたことで、なんと体重が2.5kg減ったのです。そんなときに偶然、書店で目にした『 医師がすすめるウオーキング 』( 集英社新書 泉嗣彦著 )を読み、「いつもより少しだけ多く歩く無理のないライフスタイル・ウオーキングが健康な体を作り上げるのだ」という単純明快な方法論に感銘をうけ、それなら僕も実践してみようかと一念奮起し、このところ歩数計をポケットに忍ばせ、頑張っているのです。いや、頑張ったのでは長続きしないので、無理せずに楽しくウオーキングを実践しています。


この腹部CTは昨日撮影した僕の画像です。ちょうど臍部での断面です。メタボリーック・シンドロームの診断基準である、ウエスト周囲径≧85cm ( 男性 )、≧90cm ( 女性 ) とは、この臍部での測定を意味します。ちなみにこのスライスで僕のウエスト周囲径を測定すると 80.8 cm でしたので、この時点でメタボリック・シンドロームではない、と診断されます。
さて、CTでは真っ黒の部分が脂肪です。腹腔内の黒い部分が内臓脂肪であり、腹腔外の黒い部分が皮下脂肪です。わかりやすく、色をつけると、
このようになります。赤が内臓脂肪。青が皮下脂肪です。そこで、これらの面積を測定してみると、内臓脂肪面積 89.5 cm2 、 皮下脂肪面積 102.9 cm2 となりました。
いままでの研究から、この内臓脂肪面積 100 cm2 がウエスト周囲径 85 cm に相当することがわかっています。この100 cm2 以上を「内臓脂肪型肥満」と呼んでいます。僕も場合は、なんとか免れていますが、このままではいずれメタボへ突入してしまいます......。

今日の歩数 : 9018歩

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-26.html

2008/05/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Roberto Gatto / Notes
この前の記事 : 脱メタボリック・シンドローム

Comment

コメントを投稿する 記事: 脱メタボリック・シンドローム

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Roberto Gatto / Notes
この前の記事 : 脱メタボリック・シンドローム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。