雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Andre Ceccarelli 『 Golden Land 』 (1)

   ↑  2007/06/11 (月)  カテゴリー: drums
Andre Ceccarelli  『 Golden Land 』 (1)

仏ジャズ・ドラマー界の重鎮,アンドレ・チェカレリが,前作『 Avenue Des Diables Blues 』から2年ぶりのとなる新作を発表しました。今回は今が旬のデヴィッド・エルマレク(ts)を加えての4tet 編成です。しかもエンリコ・ピエラヌンツィ(p)とハイン・ファン・デ・ゲイン(b)が脇を固め,否応なしに期待が膨らむ編成です。全11曲でエルマレク以外の3人のオリジナルが大半を占める選曲です。タイトル曲の《 Golden Land 》 はチェカレリとバティスト・トロティニョンの共作です。さて,肝心の内容ですが,正直なところ何度か聴いていたのですが,あまり印象に残らない作品なのです。決して出来が悪いわけではないのですが,何と言うか,元気がないというか,妙に落ち着いているんです。チェカレリのリーダー作と言えど,やっぱりその作品のカラーを決めるのはピアノの音だったりするわけで,やはり全体にピエラヌンツィー色が濃厚な仕上がりなのですね。エルマレクもそれほどキャラ濃くないし,全体を牽引するほどの力量がないので,どうしてもピエラヌンツィーのノーブルなサウンド・カラーに染められてしまったような印象を受けます。繰り返しますが,決して駄作ではないのですが,今までのチェカレリのリーダー作を聴いてきた耳にはどうも物足りない,そう感じてしまうのです。ところで,チェカレリの新作の記事を書くにあたり,過去の彼の作品を引っぱり出してきたのですが,僕の手許には新作を除いて下記の計5枚のリーダー作がありました。1994 Ceccarelli Trio 『 3 Around The 4 』 ( verve )1995 Andre Ceccarelli 『 From The Heart 』 ( verve )1997 Andre Ceccarelli Quartet 『 West Side Story 』 ( BMG France )2004 Andre Ceccarelli 『 Carte Blanche 』 ( Dreyfus )2005 Andre Ceccarelli Trio 『 Avenue Des Diables Blues 』 ( Dreyfus )上記以外にも1999年に BMG France に吹き込まれた 『 61:32 』 が存在することは確認できてます(ジャズ批評 No111 特集「ジャズ・ドラム」 p37 に掲載)。というわけで,今回の新作についてはあまり書くことが見当たらないので,久しぶりに旧作でも聴き直してみましょう。             Ceccarelli Trio 『 3 Around The 4 』 1994 verveThierry Eliez (ティエリー・エリス)( p, org, vo ),Jean=Marc・Jafet (ジャン=マルク・ジャフェ)( b )とのトリオ。全曲ビートルズのカヴァーです。個人的にはビートルズのカヴァー集は嫌いなのですが,本作は程よい原曲の解体加減とお洒落なリハーモナイズの妙技でなかなか良いです。ジャン=マルク・ジャフェとチェカ爺は,Sylvain Luc (シルヴィアン・リュック)と組んで,SUDというユニットを起こしていますね。ティエリー・エリスはあまり馴染みがないかもしれませんが,かなりの凄腕です。ディーディーの作品によく顔を出してます。ディーディーのDVD 『 Live at North Sea Jazz 』にも登場していました。派手なジャケットを着込んで,お茶目なパフォーマーぶりを発揮していました。整った顔立ちでカッコイイと思いましたが,最後の挨拶でメンバー横一線に並んだ際,身長がディーディーの肩ほどしかなく,丁度,チェカ爺と同じくらい(160cmぐらいか?)しかないので,妙に親近感が沸きましたよ~。             Andre Ceccarelli 『 From The Heart 』   1995 verveSylvain Beuf (シルヴィアン・ビュフ)(ts),Jean=Michel Pilc (p),Thomas Bramerie (トーマス・ブラメリー)との4tetを基本編成とした作品。地味なジャケットで忘れがちな作品ですが,これが,凄いのです。臨界点ギリギリのテンションで,激しくお互いを揺さぶりながら曲が進行します。全体にモーダルな楽曲が大半で,ビュフやピルグの鬼気迫るプレイにチェカ爺も刺激され,今にも倒れそうなくらい激しくスティックを叩きつけます。いや~,こんなチェカ爺を聴いちゃうと今度の新作は聴けないなぁ~。中古店ではよく見かける作品です。しかも投売り価格です。DUでは何と525円! 昨日,茶水のDUで在庫確認済みです。僕の中では最高傑作です。きっぱり。             Andre Ceccarelli Quartet 『 West Side Story 』 1997 BMG Franceこれはメンバーが最強です。シルヴィアン・ビュフ,アントニオ・ファラオ,そしてレミ・ヴィジョーロですから,悪かろうはずがありません。やっぱりチェカ爺はピルクやファラオのような若き先鋭ミュージシャンとやっている方が生き生きしてます。ビュフとの相性も良いし。ビュフって音が肉厚で太くて,フレーズも適度に現代的でイイ感じです。僕は2001年にnaiveからリリースされた『 Soul Note 』が好きです。痺れる~。                      ~ つづく ~

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-267.html

2007/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Andre Ceccarelli 『 Golden Land 』 (1)
この前の記事 : Lorenzo Tucci 『 Drumonk 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Andre Ceccarelli 『 Golden Land 』 (1)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Andre Ceccarelli 『 Golden Land 』 (1)
この前の記事 : Lorenzo Tucci 『 Drumonk 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。