雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル2007 (2)

   ↑  2007/11/08 (木)  カテゴリー: live report
GINZA 071103 LEGNINI

山野楽器本店のでエリック・レニーニのライブまで2時間程あったので,まずは久しぶりに松坂屋屋上ライブ会場すぐ隣の「銀座松坂屋屋上熱帯魚売場」を覗いてみました。興味の無い方には全然お分かりにならないと思いますが,熱帯魚や水草ファンにはまさにこのお店は聖地であります。南米から直接採取してきたワイルドのアピストグラマや超レア水草の品揃えは日本一です。でも値段も日本最高ですけどね。

さて,松坂屋を後にして向かったのは山野楽器本店。年に2,3回しか銀座に出向かない僕にとって,山野楽器での珍しいビッグバンド物を物色するのは至福の喜びです。今回は,Vienna Art Orchestra の『 All That Strauss 』 Big Phat Band の『 The Phat Pack 』を購入。ライブ会場への入場は整理番号順なので,早くから並ぶ必要も無く,銀座の街をブラブラして時間をつぶし,6時きっかりに山野に戻り入場。整理番号9番の僕はなんと最前列に案内されました。しかも中央。ベルモンドの唾がかかるほどの近距離での鑑賞が可能なポジションでした。この山野楽器本店7階のイベントスペースは思ったより小さく、客席は100席ほどしかなく、大勢の方が立ち見状態でした。薄暗いステージにライトがあたり,まずはエリック・レニーニ,マティアス・アラマンヌ,フランク・アギュロンが静かに登場。そして銀座松坂屋屋上でのライブと同様,レニーニの新曲《 New Boogaloo 》で幕を開けました。結局,演奏曲は前ステージから≪ Mojito Forever ≫を除いただけで、それ以外は曲順も構成も全く同じでした。しかし、小さなホールでしかも最前列で聴く演奏はまさにライブ。興奮度も全然違う別モノです。また、レニーニやベルモンドと何度も目が合って、凄く嬉しかったし。最初の2曲は,トリオでの演奏だったため、ベルモンドはステージの袖のイスに座って出番を待っていたのですが、旅の疲れからか眠ってしまい、3曲目でレニーニがベルモンドを呼んでもなかなか目を覚まさない。会場爆笑。というハプニングもあったりして、なかなか楽しいライブでした。

2007年11月3日(土)Eric Legnini Quartet @山野楽器本店 Jam Spot
18:30 ~ 19:40

1. New Boogaloo
2. Trastevere
3. Soul Brother
4. Darn That Dream
5. Unknown ( Fm7 one mode )
6. Big Boogaloo

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-283.html

2007/11/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: ギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル2007 (2)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。