雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Lars Danielsson / Libera Me

   ↑  2009/02/11 (水)  カテゴリー: bass

lars danielsson libera me

東京の空は、いまだに鉛色の雲に覆われ、はっきりしない天気です。
幾分、憂鬱な気分です。
原因は天気のことだけではありません。
昨夜から左肋骨弓下から左側腹部にかけてのズキズキする痛みが続いているのです。
我慢できない痛みではないし、夜も眠れたのですが、
年齢も40歳代半ばになるといろいろ怖い病気のことも頭をよぎり、
少しずつ憂鬱な気分に傾いてきます。

先々週には人間ドックで血液検査から胃内視鏡、腹部CTなどを受けて問題なかったし、
大腸内視鏡も一昨年受けたばかりなので、
まあ、悪性腫瘍ってことはないとは思うのですが、、、
それでも、憩室炎かな~、尿管結石かな~、
それとも10年前に罹患した結核が再発したのかな~、と、考えは良からぬ方へ。

そんな訳で、せっかくの休日も一人寂しく、病床に伏しております。

こんなフィジカル的にもメンタル的にも衰弱している時に聴きたい音楽なんてそう多くはなくて、
僕の場合は、ウルフ・ワケニウスの『 Forever You 』やラーシュ・ヤンソンの『 Hope 』とか、
それからこのラーシュ・ダニエルソンの『 Libera Me 』あたりと大体きまってきちゃうのですね。

それにしても、ラーシュのコレ、イイねぇ。

本作はスウェーデンのベテラン・ベーシスト、ラーシュ・ダニエルソン ( b. 1958 ) 2004 の作品。Danish Radio Orchestra のシンフォニーが全編を優雅に包み込む大作です。

クラシックでもない。フォークでもない。ジャズでもない。そんな安易なカテゴライズでは掴みきれない、ジャンルを超えた領域で創造されたラーシュの音世界がそこにはあります。

北欧独特の透明感を基調としながら、柔らかく、静かに、情景を描いていくかのような旋律。
とっても自然で、無垢で、シンプルで、そこには全く作為的な要素が感じられません。
だから、心の奥底のどこまでも深くへ浸透していく。

たぶん、こんな音楽、Crap 扱いするジャズ・ファンも多いと思うけど、僕にとっては愛すべき好盤です。





関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-294.html

2009/02/11 | Comment (18) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Lars Danielsson / Libera Me

びっくりした。
記事が何も無くても、めちゃめちゃ嬉しい。。
ACTから新譜だすんですよぉ。。。
夕暮れ時が似合うアルバムだけど、、お天気のよい今、、聴いちゃおう、、。

で、、いつも、、すみません。
寝ないで待ってまァす。(嘘ぉ)

Suzuck |  2009/02/11 (水) 11:29 [ 編集 ] No.144


憩室炎

crissさん,こんにちは。

私は以前大腸憩室炎をわずらい,入院を余儀なくされたことがあって,その時の悪夢が蘇ってきました。2週間入院して,その後,1週間後の注腸検査で患部を刺激され,再発,またまた2週間入院というひどい目にあいました。あの病院には二度と行かないと心に誓いましたが,全然関係のない話を書いてしまいました。

お大事に。

中年音楽狂 |  2009/02/11 (水) 12:19 [ 編集 ] No.145


Re: Lars Danielsson / Libera Me

crissさん、こんにちはmonakaです。
Libera Meはスズックさんと兄弟杯を交わすこととなったアルバムです。
この記事に喜んでTBしようと探してみたら、なんと記事にしていなかったみたいです。
これはどうしたことでしょう。
大のお気に入りです。いつか私もUPすることに決めました。

お大事に。

monaka |  2009/02/11 (水) 15:11 No.146


Re: Lars Danielsson / Libera Me

>記事が何も無くても、めちゃめちゃ嬉しい。。

ジャケットとiTune からアップだけして、
そのあとから作文しましたからね。
体調不良なんですよ。
先ほど、座薬を入れたら少し良くなったみたいです。

このCDは、もちろんsuzuckさんがブログで騒いで、いやもとい、ほめていたので購入しました。

これ好きだ! と大声出すと、反論も多そうなので、いつアップしようかずっと考えていました。

こういうの嫌いな人も多いですよね。

ということで、今日あたりHMVに頼んでおいた
ペトちゃんとペデルセンのデュオが届くはずなので、寝床でじっと待っている状態です。

では、よい、休日を。

criss to suzuck |  2009/02/11 (水) 16:10 No.147


Re: Lars Danielsson / Libera Me

>その後,1週間後の注腸検査で患部を刺激され,再発,またまた2週間入院というひどい目にあいました。

それはそれは大変でしたね。
憩室炎は、絶食+抗生剤点滴でほとんどは治りますが、治ったからといってすぐに注腸検査をすると
感染が治まりつつある憩室にバリウムがつまり、
また憩室炎をおこすことがあるので、注意が必要です。
だから、僕などは、いったん退院し、2~3か月後に
注腸検査のためだけに来院してもらってます。
そのほうが安全です。

大腸内視鏡検査なら、そう云った心配もありませんが、正確な憩室の位置や数がつかめないので、あまりやりません。

憩室炎は再発も多いので、お気をつけください。

あくまで経験的なことで云えば、
暴飲暴食後の発症が多いような感じがします。

criss to 中年音楽狂さん |  2009/02/11 (水) 16:17 No.148


Re: Lars Danielsson / Libera Me

>大のお気に入りです。いつか私もUPすることに決めました。

このあたりの音が好きなジャズ・ファンって、
あまりいないんじゃないかなって、思ってますが、
僕はこんな優しい音が好きだ、と云う人達と
交流を持っていきたいと思ってます。

聴いていると感傷的になってきますが、
それも年老いたせいでしょうかね(笑)。

criss to monaka |  2009/02/11 (水) 16:22 No.149


Re: Lars Danielsson / Libera Me

> 聴いていると感傷的になってきますが、
それも年老いたせいでしょうかね(笑)。

年寄り仲間ですか、スズックさんが納得するでしょうかね。

monaka |  2009/02/11 (水) 22:11 No.152


ごめんなさい。

コメント投稿したのですが、失敗しちゃいました。


能天気なコメントつけてしまいごめんなさい。
気休めは言えませが、お薬が効いて朝までぐっすり寝られますように。
そして、少しでも元気にお仕事ができますように。

お大事にどうぞ。


クリスさんもこのアルバム気に入ってくださってよかった。ゴミにならなくて、よかった。。感謝します。

Suzuck |  2009/02/11 (水) 23:15 No.153


Lars Danielsson / Libera Me

 なんて、心に響くアルバムでしょう!
早速注文しました。
今は、いろんな方法で聴くことは出来ますが、やはりアルバムを買わないと、音楽業界が成り立たなくなるので、必ず購入しています。

 話戻りますが、この作品を聴いて、Steve DobrogoszのMASSを思い出しました。
アメリカに住んでいたことのある、北欧の人です。
先日紹介されていたOSLOも良くて、時々CD聴いています。

 クリスさん、早く良くなられますように、
何もないことを、祈ります。
これからも、良い作品を紹介して下さいね。

ひまわり |  2009/02/12 (木) 11:15 No.154


Re: Lars Danielsson / Libera Me

>年寄り仲間ですか、スズックさんが納得するでしょうかね。

そっか~、すっずくさんはお若い女性ですからね。

すっずくさんは、このこのダニエルソンを聴いて、ポジティブになれるのに対って、僕は、こういうのを聴くと、だんだんネガティブになっていくんですよね。そこが年齢の差なんでしょうね。

ところで、ダニエルソンの新譜が今月27日に出ますね。すでにHMVに予約入れましたが、今度は新グループでの演奏。しかもNY組が参加するみたいです。
エリック・ハーランドも参加しているようなので、すごく楽しみです。

criss to monaka |  2009/02/14 (土) 00:03 No.157


Re: Lars Danielsson / Libera Me

お気づかい、ありがとうございます。

痛みはあまり改善がなく、今日も座薬を入れながらの仕事でした。

先日、人間ドックで一通り検査したばかりですが、心配なので、今日も造影剤を使ったCTや、腫瘍マーカーなどの血液検査、それから肋骨のレントゲンなどなど、いろいろ検査しましたが、ハッキリとした原因は分かりませんでした。

自分の診断は、結局、Tieze病という、ろく軟骨炎ではないかと、思ってます。

帯状疱疹かとも疑っていましたが、いまだに皮疹は出現しないので、それはなさそうだし、CTでも膵臓の癌もなさそうなので、とりあえず、ホッとしてます。

ダニエルソンの新譜、予約しました?
僕は今日、HMVに予約を入れましたよ。
エリック・ハーランドが叩いているようですね。
これ、凄く楽しみです。

criss to suzuck |  2009/02/14 (土) 00:10 No.158


Re: Lars Danielsson / Libera Me

ひまわりさん、お久しぶりです。

>なんて、心に響くアルバムでしょう!
ひまわりさんは感じましたか。
それはよかったです。この手の作品は、なかなか一般のジャズ・ファンには受け入れられない音なのですけどね。

ですから、Disk Union などの中古市場では、最低ランク扱いで、1000円ぐらいで買えちゃいます。

ジャケットも綺麗でしょ。ACTというこのドイツのレーベルは、けっこうジャケットのデザインがいい加減なんですが、このジャケットは思わず手に取りたくなるような好デザインですね。

体の方は、まだあまり良くないですが、とりあえず今日の造影CTで膵臓癌だけはなさそうなのがわかったので、ホッとしてます。回りのスタッフからは、心配しすぎだよって笑われていますが、歳とると何かと心配症になるんですよね。

あと、話はもとりますが、このダニエルソンに感銘を受けたのであれば、同じダニエルソン参加の、
Ulf Wakenius 『 Forever You 』もきっと気に入るはずです。上のimeemに入れた2曲も演奏してます。
ぜひ、お聴きになってください。

では、また。

criss to ひまわりさん |  2009/02/14 (土) 00:18 No.159


引き続き、、お大事にどうぞ。。

家族にお医者さまがいると、、家族は安心出来るのですが。。
お医者さま本人は、いろいろな知識をお持ちなので、ご自身の事ではわたくし達より悩みが深いかもしれませんね。
でも、最先端の治療もご存じですものね。

>そっか~、すっずくさんはお若い女性ですからね。

は~い。許しませんワ。(爆)

人生、、斜めの光の季節になってしまいました。
受け入れるしかないと存じております。
夕暮れの色合いは、寂しいけど綺麗ですから。
心の奥で、『 Forever You 』のメロディががいつも流れるような人生だと良いんだけど。。

ありがとうございました。
くれぐれも、お大事に。。

Suzuck |  2009/02/14 (土) 08:40 [ 編集 ] No.160


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2009/02/14 (土) 08:45 No.161


Re: Lars Danielsson / Libera Me

土曜日の朝です。

久し振りにこちらのデモ曲を聞かせて頂きました。どちらの曲も素敵ですね~。前に送って下さったCDの選曲と似ていますね。アマチュア・ジャズファンにとっては、とても聞きやすいです。やはり、メロディーらしき箇所が聞こえると私には心地よいです(笑)。せっかくなので、アマゾンのコメントを参考にしながら、オーダーしてみようと思います。今は、アマゾンオークションなどで、安く買えるみたいですね。

早朝、ジャズラインで録画した内容を記載します。アダムのライブは、調度見に行こうと思っていたのですが、自分のリハーサルと重なり行けませんでした。テレビ放映後、録画して彼にも送ってあげました。彼のオフィシャルサイトでも、ユーチューブでも同じ演奏を見ることが出来ますが、取りあえず録画しました。

<<Adam Nussbaum & Bann>>
Adam Nussbaum
Seamus Blake
Jay Anderson
Oz Noy

<<McCoy Tyner Trio>>
McCoy Tyner
Gerald L.Cannon
Eric Kamen Gravatt

ところで、体調の方は如何ですか?どうぞくれぐれもお大事にして下さい。

外国に居ると、健康体の時はは良いのですが、一度風邪などで寝込んでも、気分が本当に重くなります。昨年インフルエンザにかかり、40度ほどの熱があるうえ、体中には蕁麻疹。そでれでも、歩いて病院へ。。飛んで来てくれる家族も居ないし、空しさを覚えました。

病気になって、初めて健康の有り難味が分かるというのが実感です。

クリスさんがおっしゃっているように、体調だけではなく、精神的にもダウンしている時は、音楽を聞こう何ていう気に全くなりません。強いて言うならば、自分の場合、明るい曲と言うより、短調で暗い曲。クラシックだとバッハのカンタータくらいです。

くれぐれもお大事にして下さい。

Laie |  2009/02/14 (土) 17:36 No.162


Re: Lars Danielsson / Libera Me

Laieさん、こんにちは。

このダニエルソンの作品はACTというドイツのレーベルですので、Laieさんちの近くのお店でも簡単に手に入るかもしれませんね。

アダムにはちょっと悪いけど、このメンバーの中ではシーマスが大好きなので、凄く見たいです。

海外生活されていると、病気になったときちょっと不便ですよね。また、親族が病気になられたときも不便だし。しかもドイツじゃすぐに帰省というわけにもいかないし。

ですから、くれぐれも病気にならないよう、健診やドックでの早期発見、早期治療に心がけてくださいね。

僕は、まだ左胸部から背部に痛みが続いています。原因不明。ちょっと怖いけど、たぶん筋肉か神経の痛みでしょうから、心配ないと思います。

こうしてブログ更新できるぐらいですから、ご安心ください。
明日の日曜日も静かに家で寝ています。

東京は昨日、春一番が吹いて、気温も18度と
いきなり暑くなり、コートも脱いで外出できるようになりました。その代り、花粉症が出現。みんなマスクしてます。

僕は歳のせいで、この数年、徐々に花粉症が軽減されてきて、今年はいまのところ全然、痒くありません。歳をとると免疫能が落ちてくるので、花粉症も軽くなるんですよね。

若いころ、喘息もちの人が、歳をとって喘息が
治っちゃうのと同じです。

ということで、今日はこれで寝ます。
お休みなさい。

criss to Laie |  2009/02/15 (日) 00:45 No.166


Re: Lars Danielsson / Libera Me

クリスさん、おはようございます。

>このダニエルソンの作品はACTというドイツのレーベル

そうでしたか。。今度お店に立寄った際に注意してみますね。

それから、送って下さったCDに、Ivan Paduartの曲の感じが好きで、こちらも購入計画中です。セレクションというのが出ているようで、まずはこちらを聞いてみようかと思っています。

早朝放映していた番組を録画しました。内容は以下の通りです。2本立てです。

>>Dave Douglas – Trompete
Joe Lovano - Saxofon
James Genus - Bass
Clarence Penn - Schlagzeug
NDR Big Band

>Johannes Enders – Saxofon,
Axel Schlosser - Trompete
Karin Hammar - Posaune
Nils Lyhne Løkkegard - Saxofon
Lutz Häfner - Saxofon
Marcin Wasilewski - Piano
Eva Kruse - Bass
Michal Miskiewicz – Schlagzeug
Hank Jones – Piano
Matt Wilson - Schlagzeug

ちなみにどちらもテレビ初演だそうです。

5枚分のDVDが大体一杯になったら、お送りしますね。


Laie |  2009/02/15 (日) 18:05 No.170


Re: Lars Danielsson / Libera Me

デイヴ・ダグラスは、現在の米国のトランペットの中では一番好きな吹き手です。
NDRの情報って、なかなか日本には入ってきませんが、いろいろな人と共演しているんですね。驚きでです。
それにしても次々とお宝映像を録画していただき、感謝の念にたえません。

ありがとうございます。

criss to Laie |  2009/02/16 (月) 11:01 No.171

コメントを投稿する 記事: Lars Danielsson / Libera Me

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

LiberaMe/LarsDanielsson

2004年にACTからでたラーシュダニエルソンの現時点でのリーダー最新作。北欧の名手とDRDanishRadioConcertOrchestraとの共演。彼の音楽における表現力をすべてだしきり、現在の自分を赤裸々にさらけだした一枚です。と、別にありがちなアヴァンギャルドなフリーな演奏って...

MySecretRoom 2009/02/11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。