雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

   ↑  2007/07/14 (土)  カテゴリー: 未分類
dave douglas Stargazer 

デイヴ・ダグラスは90年代、ニューヨーク・ジャズ・シーン、とりわけアンダーグラウンド領域で、最も独創的な活動を行っていたミュージシャンの一人です。

彼の活動は非常に多岐にわたり興味深く、アヴァンギャルド・ジャズにテリトライズされるであろう“ The Tiny Bell Trio ”や“ Parallel Worlds ” のようなプロジェクトであっても、そこには緻密なアレンジが施された、ある意味わかりやすいアヴァンギャルド・テイストが香る作品でした。

一方で、同時進行形でメイン・ストリーム系のバンド活動も行っており、その代表的ユニットが当時のアンダーグラウンド界隈の腕利き達が一同に会した“ Dave Douglas Sextet ”です。クリス・スピード( ts, clarinet )、ジョシュア・ローズマン(tb)、ユリ・ケイン(p)、ジェームス・ジナス(b)、そしてジョーイ・バロン(ds)からなる最強バンドは、95年のブッカー・リトルに捧げた『 In Our Lifetime 』、97年のウエイン・ショーターに捧げた『 Stargazer 』、2000年のメリー・ルー・ウイリアムスに捧げた『 Soul on Soul 』と、トリビュート作品ばかり3作品を制作しました。

その中でもとりわけ第二作目の 『 Stargazer 』 は素晴らしい出来栄えで、数あるダグラスの作品中、最高傑作と言ってよい作品だと思います。

思い起こせば90年代のダグラスには瑞々しい感性がありました。アヴァンギャルドな響きを発しながらも、ロジカルで緻密な肌触りを持った洗練された楽曲。複雑なフレーズをいとも簡単に淀みなく吹き切るその技巧さには、ただただ感服するばかりでした。 個人的にはジョーイ・バロンの炸裂ドラムがお気に入りで、大胆なフィル・インを連射し、曲全体のスリル感を増大させていくその手法は鳥肌モノです。全体的にはマイルス・クインテットの系譜を踏襲した作風ですが、単なるフォロアーとしてのスタンスとは明らかに違う独創性、尖鋭性が見られます。

本国アメリカでは数多くの受賞歴をもつダグラスですが、おそらく、この21世紀のジャズを見据えた『 Stargazer 』 あたりの先見的なコンセプトが当時は高く評価されたのではないでしょうか。 最近は老獪さが垣間見られ、どうもスリル感に乏しい凡作が続いているのは非常に残念です。

『 Stargazer 』 を聴かずしてデイヴ・ダグラスを語るなかれ! 必聴、必携、家宝になること間違いなし。

Dave Douglas 『 Stargazer 』 
1997年 Arabesque Records AJ0132

Dave Douglas (tp)
Chris Speed (ts, clarinet)
Joshua Roseman (tb)
Uri Caine (p)
James Genus (b)
Joey Baron (ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-299.html

2007/07/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dave Douglas 『 Stargazer 』
この前の記事 : Fredrik Kronkvist 『 Ignition 』

Comment

コメントを投稿する 記事:

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Dave Douglas 『 Stargazer 』
この前の記事 : Fredrik Kronkvist 『 Ignition 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。