雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Aaron Parks / Invisible cinema

   ↑  2008/12/12 (金)  カテゴリー: piano
aaron parks invisible cinema

保守派と革新派が入り乱れる混沌とした現代NYジャズ・シーンにおいて、革新本流を貫く、今最も有望視されているピアニスト、アーロン・パークスのBlue Note デビュー盤。現在までに Keynote Records というレーベルから4枚のソロ名義のアルバムを出してきたが、テレンス・ブランチャードのバンドでの活躍が認められ、今回、晴れてメジャー・デビューを果たすことになった。

83年生まれのアーロンは、10代の早い時期からケニー・バロンの薫陶を受け、弱冠16歳でデビュー盤『 The Promise 』(1999)を録音した。そこには折り目正しい正統派ピアニストとしてのアーロンの姿が刻まれていた。しかし、作品を追うごとにそのスタイルはより現代的なものへと変貌していき、2002年に吹き込まれた『 Shadows 』は、自身のオリジナル曲を中心とした都会的で洗練された作品として高い評価を得た。ちょうどその頃にテレンス・ブランチャードの目にとまり、彼のバンドに参加。5年間在籍し、3枚のアルバムにその名を刻んだ。

その一方で、 フランク・ネメスアンブローズ・アーキンムシーレイマット・ペンマンマイク・モレノ、ケンドリック・スコット、クリスチャン・スコットなど、NY の最前線で活躍する若手ミュージシャンンらと競演する中で、独自の世界観を築いていった。

本作のメンバーには、ベースにマット・ペンマン、ドラムにエリック・ハーランド、そしてギターのマイク・モレノと、盟友をそろえた。収録されてている曲は全10曲で、すべてアーロンのオリジナル曲だ。

幾分内省的で、ダークで陰鬱な楽曲が大半を占める。ブラッド・メルドーやE.S.T. 的な手法も散見される。しかし、そのような先人達のスタイルを完全に咀嚼、消化し、独自の明確なオリジナリティーを提示することに成功しているあたりに、相当の手腕を感じる。決して楽しい音ではないが、脳内に確かな余韻を残す稀有な音世界だ。

また、4人のメンバー間の結束力の強さもその音から明確に伝わってくる。特にマイク・モレノの音楽的意匠は、完全にアーロンの意匠と同一ベクトル線上にあると言ってよいだろう。こういった音楽はそれだけで聴いていて非常に心地よいものだ。

ただ、若干残念なことは、エリック・ハーランドの奏法が、いつもよりも軽く、デジタル感が漂っていることだ。スネアのチューニングがハイピッチなのか。ミキシングのせいなのか。なんだかとっても落ち着かない音なのだ。最近のNY録音の作品には有りがちだが、個人的にはあまり好きではない。

ということで、普段、欧州産ジャズを好んで聴いている方には、ややトッツキにくい面をもった作品かもしれないが、NYジャズの現状を知る意味でも、一聴の価値はある作品だと思う。きっとアーロンの醸し出す不思議な磁場を体感できるであろう

Aaron Parks / Invisible cinema 2008 Blue Note ( Music from EMI )
Aaron Parks  ( p, mellotron, key )
Mike Moreno  ( g )
Matt Penman  ( b )
Eric Harland  ( ds )

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-3.html

2008/12/12 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : E.S.T. / Leucocyte
この前の記事 : Andre Ceccarelli / Live Sunside Session

Comment


Re: Aaron Parks / Invisible cinema

めちゃくちゃ、、遅いけど、、お気に入りなので何時かブログにあげたかったです。
今日は、そんな1日でした。

すずっく |  2009/10/20 (火) 19:13 [ 編集 ] No.744


Re: Aaron Parks / Invisible cinema

すずっくさんがアーロン・パークス好きって、ちょっと意外。

そういえば、先日、アーロン・パークス買いしたAnders Christensenという
デンマークのベーシストの作品がけっこうよかったです。

そうそう、今日、外山さんのライブ観てきました。
すげ~~~~~よかった。また観たいです。

上野のアリエスって、我が家から近いのでできればもっとアリエスで
やってもらえるといいんですが、

criss to suzuck |  2009/10/21 (水) 23:32 No.750


Re: Aaron Parks / Invisible cinema

おはようございます。
コメントが沢山で、大変そうなのですが。。コメント返しちゃいます。。

>アーロン・パークス買いしたAnders Christensen

もちろん、買いましたよ。
組み合わせに失敗したから、まだ来てないけど。
Anders Christensenはスタンコの新譜に抜擢されてるし、ドラムがPaul Motianなんですぜぇ・・。。
期待しちゃって即クリックしたんですけどねぇ。。

パークス意外ですか?
追っかけではないけど、持ってるマイナー盤でもサイドで活躍してて、好きなピアニストです。
コットン倶楽部でライブあったときも行きたくてしかたなかったです。
このアルバムは、ギターも好きなタイプで、全体のトーンがわたくし好みです。

すずっく |  2009/10/22 (木) 10:08 [ 編集 ] No.754


Re: Aaron Parks / Invisible cinema

>もちろん、買いましたよ。Anders Christensenはスタンコの新譜に抜擢されてるし、ドラムがPaul Motianなんですぜぇ・・。。

う、さすが! 隙がないですね。

>コットン倶楽部でライブあったときも行きたくてしかたなかったです。
僕、行きましたよ。あれ、記事書いたっけ?忘れた。
書いていても忘れるくらいだから、ブログをやっていなかったら、ほとんど何もかも忘れて、忘却の彼方に飛んで行ってしまってるでしょうね。

最近は過去の記憶がすべて、曖昧なものになってきてしまって・・・。

でも、もう僕らくらいの年齢になると、ほんと、忘れっぽくなりますよね。

さっきね、医局に僕と同じ歳の内科医A先生が小走りで入ってきて、息を切らしながら「あれ、俺って、何を探しに医局に戻ったんだけ?」
って、悩んでいるのね。結局、2,3分考えてから
「あ、そうだ! 白衣を取りに来たんだ」
と言って、出て行きましたが、完全にやばいですよね。
でも、彼、慶応の医学部出身ですからね。
日本の最高の頭脳を持っていても、この歳になるとちょっと脳も劣化して
きてしまうんですね。

そんなことがあり、今日は妙に安心したりしていました。

と、くだらんこと書いてますが、まだ、実は仕事中です。

criss to suzuck |  2009/10/22 (木) 17:12 No.760

コメントを投稿する 記事: Aaron Parks / Invisible cinema

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

InvisibleCinema/AaronParks

InvisibleCinema/AaronParks朝は雨でした。この時季、冷たい雨は暗く寂しい気分になる。用事に出かけて帰ってきたら、曇りではあったけど陽射しもさした。少し、、ほっとする。人間なんて単純にできてる。新潟はお天気の悪い日が続き、庭の桜も赤い葉っぱが残り少なくなっ...

MySecretRoom 2009/10/20
この次の記事 : E.S.T. / Leucocyte
この前の記事 : Andre Ceccarelli / Live Sunside Session
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。