雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Miriam Aida / Neu Brasil

   ↑  2007/07/17 (火)  カテゴリー: vocal
miriam aida neu brasil 

僕の場合,ジャズ・ヴォーカルだけに拘泥して熱心に聴いてきたわけでもなく,女性ヴォーカルで言えば,今でもキャロル・キング,リッキー・リー・ジョーンズ,ニーナ・シモン,それにジョニ・ミッチェルなど,時々棚から引っ張りだして聴くのが好きです。

もちろん,純粋なジャズ・ヴォーカルでも,ベギー・リー,クリス・コナー,ベヴァリー・ケニー,モニカ・ゼタールンドなど大好きで,彼女らのLPはいつでも手の届くところに置いてあります。

それにしても,そもそもジャズ/非ジャズ・ヴォーカルの境界線など曖昧なものですよね。第一,最近は純粋なジャズ歌手って滅多にお目にかかれないですし,ほとんどの歌手がジャズだけでは食っていけず,商業ベースのコンテンポラリー路線に宗旨変えしているのが現状です。

というわけで,このスウェーデン人歌手,ミリアム・アイーダ嬢(先述したアルティスト,フレデリック・クロンクヴィストの奥様です)も,ビック・バンドを従えて本格的なジャズも歌う一方で,クラブ系ジャズの大御所ニコラ・コンテのツアーに参加したりと,そのヴァーサタイルな活動はいかにも今風の歌い手らしいわけです。

そんな彼女が更なる才能を披露したのが,声質と歌唱法を激変させて歌うこのボサノバ作品なのです。本作はなかなか雰囲気がよく,爽快感抜群で,これからの季節にはもうハマり過ぎです。録音時間が少なめですが,そのかわり捨て曲なしの充実作ですよ。南米音楽独特の緩やかな時間感覚に浸れる快作です。

Miriam Aida  /  Neu Brasil
/Connective / CTV36512 / 2005年6月12, 13日7月11日録音

1. Folhas Secas
2. Estrada do Sol
3. Tristeza e Solidao
4. Quem te viu, quem te ve
5. Por causa de voce meninha
6. Reza
7. Bontita
8. Lapinha
9. Umas flores
10. Deixa
11. Ensam kvar

Miriam Aida (vo) Mats Andersson (acoustic guitar) Jayme Vignoli (cavaquinho) Marcilio Lopes (bandolim) Oscar Bolao (ds, perc) Mattias Hjort (b) Fredrik Kronkvist (flute alto & tenor sax) Mans Mernsten (p)
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-300.html

2007/07/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Miriam Aida『 Neu Brasil 』
この前の記事 : Dave Douglas 『 Stargazer 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Miriam Aida / Neu Brasil

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Miriam Aida『 Neu Brasil 』
この前の記事 : Dave Douglas 『 Stargazer 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。