雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Joshua Redman / Back East

   ↑  2007/05/02 (水)  カテゴリー: tenor
joshua redman back east

ジョシュア・レッドマンの新作は意外にもサックス=ベース=ドラムのトリオ編成の作品でした。あまり個人的には食指が伸びないフォーマットではありますが,なにしろ大好きなジョシュアの作るサックス・トリオですから,聴かないわけにもいきませんので,早速購入してみました。サポート・ミュージシャンは固定ではなく,ラリー・グレナディア=アリ・ジャクソン,クリスチャン・マクブライド=ブライアン・ブレイド,そしてリューベン・ロジャーズ=エリック・ハーランドの3チームが用意され,更にはジョー・ロバーノ,クリス・チーク,そしてデューイ・レッドマンらがゲスト参加するといった趣向で制作されています。サックス・トリオと言えばソニー・ロリンズということで,『 Back East 』というタイトルからも察しがつくように,ロリンズの57年の名作『 Way Out West 』に刺激を受けて作られた作品で, 『 Way Out West 』でもロリンズが演奏していた西部劇映画の音楽,《 I'm An Old Cowhand 》,《 Wagon Wheel 》などを再演しています。

ニューヨークでマックス・ローチのバンド・メンバーとして活躍していたロリンズが,バンドの西海岸遠征ツアー中に,現地のトップ・ミュージシャンであったシェリー・マンとレイ・ブラウンらと一期一会のセッションを行ったのが『 Way Out West 』であり,一方,カリフォルニアで生まれ,ボストン,ニューヨークで大学生活や音楽活動を行い,今は西海岸にもどりSF Jazz Collective なので活躍中のジョシュアが,久しぶりにニューヨークに戻り,気の合う仲間達を集めて作ったのが『 Back East 』というわけです。

しかし,収録曲を見てみると,ジョシュアのオリジナル曲《 Mantra #5 》,《 Indonesia 》や,コルトレーンの《 India 》といった東洋に因んだ楽曲が取り上げられているんですね。で,これは僕の推測ですが,『 Back East 』の“ east ”とは,“ East Coast ”と“ East Asian ”という二重の意味を持ったいわば掛詞なのかもしれません。《 Mantra #5 》も《 Indonesia 》も,東洋のリズム,ハーモニーをうまく取り入れた楽しい楽曲です。

そう言えば,ジョシュアは母親の薦めでCenter for World Music という,サンフランシスコ(現在はサンディエゴ)に所在する音楽学校に入学し,初めて正式な音楽教育を受けたのですが,そこで専攻したのが何とインドネシア音楽とインド音楽でしたからね。やっぱりジョシュアの音楽ルーツは東洋音楽にあるのかもしれません。

で,内容ですが,ラリー・グレナディア=アリ・ジャクソンのコンビで6曲。クリスチャン・マクブライド=ブライアン・ブレイドのコンビで2曲。そしてリューベン・ロジャーズ=エリック・ハーランドのコンビで3曲,演奏しています。クリスチャン・マクブライド=ブライアン・ブレイドのコンビは,ジョシュアの1994年の第三作『 Mood Swing 』で聴かれた組み合わせですね。ラリー・グレナディア=アリ・ジャクソンのコンビとは,ジョシュアがカート・ローゼンウィンケルの作品に参加した際に競演していたと思います。リューベン・ロジャーズ=エリック・ハーランドのコンビは頻繁に見られますが,ジョシュアとこの2人の競演は初めてかな? 

個人的にはアリ・ジャクソンとエリック・ハーランドの爆走ドラムに興奮しちゃいます。意外にブライアン・ブレイドが大人しく感じちゃうのですが,気のせいかな。以前にマーク・ターナー=ジェフ・バラード=ラリー・グレナディアのトリオ編成の作品 『 Fly 』を聴いた時にも思ったのですが,こういったサックス・トリオ物は,ドラムを中心に据えて聴くのが正しい聴き方,ではないでしょうか。ドラムの音に聴き耳を立てる。そうすると俄然,サックス・トリオが面白くなってくるんですよね。

ところで,コルトレーンの 《 India 》はジョシュアとデューイの競演ですが,ピアノ・レスでの二人の競演って他にもあるのご存知ですか? 僕の手元に1992年録音のデューイ・レッドマンの『 Choices 』( enja CD 7073-2 )というサックス・トリオの作品があるのですが,その中で二人は競演しているんです。

1991年にジョシュアはブルックリンに引っ越して,連日ニューヨークのクラブでギグっていたのですが,その頃,定期的に父デューイとも競演していたようです。その頃に録音されたのがこの『 Choices 』で,駆け出しの若き息子を見守る父親の姿を思い浮かべるとなんとも心温まる作品です。デューイは自分のリーダー作品なのに,一曲だけですがスタンダードの《 Imagination 》をジョシュアだけで演奏させているんですね。親ばかというか,なんというか,思わず微笑んでしまいます。それにしてもこの頃のジョシュアはロリンズやデクスター・ゴードンらを彷彿させる豪快なスタイルで吃驚します。そしてまだ,すこしばかり自己のスタイルが確立されていないところが可愛らしく興味深いです。この録音の直後にセロニアス・モンクのコンペティションで優勝し,1992年には壮絶な獲得戦の結果,ワーナーが契約。以後の活躍は周知のことと思います。

本作の録音の数週間後に,ご存知のように父デューイは亡くなっているのですが,その父に敬意を表すかのように,また,『 Choices 』の恩返しをするかのように,最後の曲 《 GJ 》は,デューイ・レッドマンのトリオで演奏され,幕が下ろされます。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-306.html

2007/05/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Joshua Redman 『 Back East 』
この前の記事 : Logan Richardson 『 Cerebral Flow 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Joshua Redman / Back East

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Joshua Redman 『 Back East 』
この前の記事 : Logan Richardson 『 Cerebral Flow 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。