雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Miles Davis / Four & More

   ↑  2008/05/28 (水)  カテゴリー: trumpet
miles davis four & More

先々週の Blue Note Tokyo でのロベルト・ガットのライブのテーマは ≪ Tribute to Miles Davis 1964 – 1968 ≫。つまりはウェイン・ショーター加入で完成をみた第二期黄金クインテットに対するオマージュということ。

菊池成孔氏の言葉を借りれば、この時期の音楽は、「 いまだに現役の分析対象/謎/魔法でありつづけ、模倣や再現はあらゆるマイルス作品のなかでもっとも困難という状態に、現在もあり続けている音楽 」(『 M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII 世研究 』より)であり、軽々しく“ Tribute ”できない、あるいはしてはならない時期を、生来の楽天的で陽気なイタリア人気質で “ ヤッちゃった ” ところがなんとも微笑ましい。

勿論、彼らのマイルスに対する音楽的な焦点深度はあきらかに浅いのだが、それでも、マイルス・アコースティック・バンドの疑似体験的な楽しさは十分味わえる、満足のいくライブだった。

そして、ここが彼らの本音が表れていて面白いのだが、第二期黄金クインテットに対するオマージュと謳いながら、実際に演奏されたショーターの楽曲は≪ Footprints ≫だけで、ほとんどがショーター加入前のジョージ・コールマンとやった楽曲という構成であった。

実はマイルスの全作品中、このコールマン在籍時が最も好きだ。昔はショーター在籍期が好きだったが、今はコールマンだ。ショーターが加入してからというもの、マイルスはあまり吹かなくなった。ショーターが持ち込んだ楽曲を尊重するあまり、自分のソロは控えめになっていた時期。それに対してコールマン在籍期は彼に任せておけない、と言わんばかりに吹きまくった。マイルスのカウンター・バランスとしてみた場合、また、マイルスの陰画としてとらえた場合は、むしろショーターよりもコールマンが勝っていたように思える。

そんなわけで、日曜夜の憂鬱な気分を吹き飛ばすために、今、『 Four & More 』を引っ張り出して聴いている。いやー、いつ聴いても背筋がゾクゾクする。この狂気に満ち溢れた緊張感、スリルが心地よい。ハンコック・ロン・トニーら若造と、コールマンらにマイルスは睥睨する一方で、若造らはそれに臆せず、むしろボスを背後から殺傷するかのごとき鋭いフレーズで応酬する。そんな臨界点ギリギリで繰り広げられる格闘戦が記録されている。

奇しくも今日、5月25日はマイルスの誕生日(26日という説もある)。久し振りにマイルス漬けの夜を過ごそう。

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-31.html

2008/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Miles Davis / Four & More

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。