雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jazz Orchestra of The Concertgebouw / Riffs'n Rhythms

   ↑  2008/06/28 (土)  カテゴリー: large ensemble
JOC Riffs'n Rhythms

Jazz Orchestra of The Concertgebouw 『 Riffs'n Rhythms 』

10月には待望の初来日公演を控えているオランダのビッグバンド“ Jazz Orchestra of The Concertgebouw(以下JOC ) ” 。 来日にあわせて彼らの通算4作目となる新作  『 Riffs’n Rhytjms 』 が発売になった。

オランダにはもう一つ有名なThe Metropole Orchestra というビッグバンドであるが、The Metropole Orchestra が民俗音楽からロック・メタルまで、ジャズの枠に捉われない自由な活動を行っているのに対してJOC は、あくまでジャズに限定した活動を続けてきたビッグバンドだ。ギタリスト、ジェシ・ヴァン・ルーラーが所属していることでも有名で、彼のファンの間では以前から知られた存在であった。

JOC は編曲・指揮を担当するヘンク・ムトーヘルトやベーシストのフランツ・ヴァン・ヘーストらによって96年に“ The New Concert Big Band ”という名でスタートした。そして地道な活動が実を結び、99年には、クラシック界の殿堂“ Concertgebouw ”の名を冠したJOC という名前に昇格改称している。現在では年間50公演以上、年間観客動員数は35000人を超えており、今後も活動範囲を広げていく予定だ。なお、やはりビッグバンドの運営は他国同様、厳しい状況下におかれており、現在JOCは、オランダ教育・文化・科学省から構造基金を受ける一方、Deloitte および AKD Prinsen Van Wijmen という企業からの支援を受けて運営されている。

このバンドは、トランペットが5人配されているため、通常のビッグバンドよりも1人多い18人編成であるのが特徴的だ。それにより、高域部のエッジが鋭くなり、トランペット・ソリでの抜群の爽快感を生みだしている。メンバーは全員オランダを代表する新進気鋭のエリート・ミュージシャンとのことだが、ホーン・セクションには日本ではほとんど馴染みのないミュージシャンが名を連ねている。それに対してリズム・セクションは強力だ。もしかすると世界最強のリズム隊を有するビッグバンドかもしれない。まずはギターのジェシ・ヴァン・ルーラー。おそらく世界で軽く5本の指にはいる超絶技巧派だろう。日本にもファンは多い。本来ならビッグバンドのギターはそれほど優秀でなくても務まるところなのに、そこにジェシを起用するあたりがこのバンドの特徴だ。そして、ジェジとの活動を通して徐々にその評価を高めているのが、ドラマーのマタイン・ヴィンクとベーシストのフランツ・ヴァン・ヘーストだ。マタインはBrussels Jazz Orchestra や The Metropole Orchestra でも活躍する超売れっ子ドラマー。ピアニストのピーター・ビーツもCriss Cross に多くの吹き込みをもつ日本でも人気のミュージシャンだ。05年には『 Live at The Concertgebouw Vol.1 & 2 』という素晴らしいトリオ作品を発表している。

本作は全9曲。うち7曲が指揮者のヘンク・ムトヘールトのオリジナル曲。のこり2曲がメンバーのオリジナル曲となっている。トラディッショナルなスタイルのものから、かなりコンテンポラリーなものまで多彩な楽曲が並んでいる。印象としては、隣国ベルギーのBrussels Jazz Orchestra ( 前項あり 1, 2, 3 )のスタイルに近い感触だ。リズムを目まぐるしく変化させながら、切れ味鋭いソリを怒涛のごとく決めてくる。アクセントの入れ方も斬新。針の穴を通すような緻密なスコアを正確無比の超人的読譜力と演奏スキルで軽々とこなしていく。僕らが知らないうちにオランダの若手はここまで進化したのかと、今さらながら驚かされる。

ソリストとしては、アルトのアラード・ブワルダ、ヨルク・カーイ、トランペットのヤン・ヴァン・ダウケレン、ルード・ブルルスなど、いずれもケチのつけようがない演奏技量の持ち主であり、このような個が全体をつないで生み出されるダイナミックなサウンドは圧巻である。ジェシのソロ・パートも十分用意されていて、彼のファンも納得の仕上がりをみせている。

今回、初めてJOCを聴いたが、小難しいところがまったくなく、爽快感、疾走感に満ち溢れた予想外の出来のよさであった。これはビッグバンド・ファンらな興奮必至の作品だろう。ところで、8月20日にはジェシ・ヴァン・ルーラー&JOC名義で55 Records から新作も発売予定のようである。ほんと、55 Records はツボをおさえた良い作品を出してくるね。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-32.html

2008/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Jazz Orchestra of The Concertgebouw / Riffs'n Rhythms

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。