雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

安達久美クラブパンゲア 『 Little Wing 』 (1)

   ↑  2007/04/08 (日)  カテゴリー: guitar
安達久美クラブパンゲア 『 Little Wing 』 (1)
ナニワの女ジェフ・ベックこと安達久美率いるユニット「 club PANGEA 」のメジャーデビュー・アルバム『 Little Wing 』が巷で評判がすこぶる良いようで,それじゃあと言うことで昨日買って帰りました。

タイトルが『 Little Wing 』ですから当然,ジミ・ヘンドリックスへのオマージュが窺がえる訳ですし,ジャケットもジェフ・ベックの『 WIRED 』のパクリですから,大体,針を落とさなくても出てくる音は想像できるのですが,やっぱり実際に聴いてみると圧倒的なハード・コアな音圧に吃驚仰天します。まだ何処となくあどけさが残る若き女性の指先から,あんな音が,こんなフレーズが,出てきちゃうんですから時代も変わったものです。

安達久美の経歴はこちらを参照していただくとして,この「 club PANGEA 」のメンバーは現在,安達久美 (g),則竹裕之(ds),清水興(b),河野啓三 (key)の4人ですが,初期の頃にはキーボーディストに佐伯準一が加入していたり,一時期ですがクリヤ・マコトが参加していたりと,やや流動的であるようです。

1曲目の《 Little Wing 》は言わずと知れたジミヘンの名曲。原曲は2分半の短い曲でしかも1コーラスのソロの後にフェイド・アウトという構成でした。安達久美の3コーラス分のソロでのイントロ(原曲では1コーラス)→河野啓三の激情的なシンセソロ→安達久美のソロという構成。キーは原曲と同じEm。DからEへのチョーキングで始まる最初の一音に痺れちゃいますね~。フレーズはマイナー・ペンタトニック主体のかなりオーソドックスな組み立て方ですが,無駄の無いクリアー・トーンで綺麗です。

2曲目は彼女の地元,泉州のだんじり祭りにちなんで作られたファンク・ナンバー 《 Danjiri Funk 》。イントロのカッティング・ギターが左右のチャンネルに振り分けられた洒落たアレンジ。19歳の時に渡米し,スコット・ヘンダーソンに師事しただけあって,ここではアウト・スケールを多用したスコヘン流儀が顔を覗かせています。個人的にはこの曲がベストかな。途中で《 Giant Steps 》を引用するあたりが面白いですね。

3曲目《 狐の嫁入り 》は一転してポップな7/8拍子の軽快でかわいらしい曲。狐の嫁入りとは,晴れているのに雨が降ることを言いますが,そんな不思議な彼女の実体験からできた曲。

4曲目 《 JUNK 》は深いディストーションにワウワウをかけて,まるでジミヘンの《 紫のけむり 》のようなイントロで始まります。重心低く繰り出される清水興の8ビートにゾクゾクします。

5曲目《 Air Poket 》はスピード感,浮遊感のある美しい楽曲。彼女は譜面が書けずに佐伯準一に譜面を書いてもらっていたと言いますが,どうしてこんな複雑な構成の曲を作れちゃうのでしょうかね。不思議です。なんとなくプレーヤーズ(いわゆるコルゲン・バンド)風のドラマティックな曲だと感じましたが。そういう耳で聴くと彼女も松木恒秀に似ているようにも思えちゃう。

6曲目《 Gorilla Gorilla Gorilla 》はパーカッションが入ったラテン・タッチの曲。清水興のベース・ソロが入りますが,垢抜けないフレーズは今も昔も変わりませんね。巧くはなったけど,洗練されていないところが彼の良いところでもあり悪いところでもある訳で。それにしてもこのバンドでは清水興が裏方に徹しているのが不気味です。

7曲目《 PANGEA 》は10分41秒の幻想的なバラード。ゆったりと流れていく気の遠くなるような時間の中で,巨大大陸 PANGEAは徐々に分裂していったというグラフィック映像(NHK番組)からインスパイアされて書いた大作。なんか何処かで聴いたことあるような楽曲なんだけど,思い出せない。鳥山雄司だったかなぁ,あるいは森園勝敏だったかなぁ。と,考えているうちに曲が終わった。

                   つづく
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-320.html

2007/04/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 安達久美クラブパンゲア 『 Little Wing 』 (1)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。