雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Bobby Watson with Tokyo Leaders BB / Live at Someday an Tokyo

   ↑  2007/09/01 (土)  カテゴリー: large ensemble
Bobby Watson with Tokyo Leaders BB 『 Live at ~ 』

“ 東京リーダーズ・ビッグ・バンド ”は新橋のライブハウス“ SOMEDAY ”のハウスバンドで、オーナーの森茂信氏が選りすぐりの国内トップ・ミュージシャンを集め、96年に立ち上げたビッグバンドです。現在も不定期にライブを行っていると思われますが、僕も以前、“ SOMEDAY ”がまだ新大久保にあった頃、数回ライブを観たことがあります。中路英明さんや多田誠司さん、それに納 浩一さんらの素晴らしいプレーを目の当たりにして、正直、「日本人ってこんなに上手くなったのかぁ~」と衝撃を受けた記憶があります。本作は森氏が15年来の旧友であるボビー・ワトソンを“ 東京リーダーズ・ビッグ・バンド ”のゲスト・ソリストに迎えて“ SOMEDAY ”で録音された99年の作品です。

ボビー・ワトソンは米国では“ Tailor-Made Big Band ”というグラミー賞にノミネートされたこともあるビッグバンドを率いて活動しているのですが、このライブ録音にあたっては、その2か月前に森氏自らが渡米し、 “ Tailor-Made Big Band ”用のスコアから12曲を選び持ち帰り、事前に“ 東京リーダーズ・ビッグ・バンド ”だけで数回のリハーサルを行ったとのこと。全曲ワトソンのオリジナルで、ジャズ・メッセンジャーズ在籍の頃に作曲し、JMのレパートリーとしても有名な ≪ In Case You Missed It ≫から、最近作曲した作品まで、新旧交えての選曲で、どれもポップで喉ごしの良い楽曲ばかりで感心します。そして、この作品の凄いところは、何と言ってもその迫力と熱気。小さなハコの中で繰り広げられる轟音絵巻が見事にパッケージされているんですね。決してHi-Fi な音ではないのですが、生々しい臨場感がかなりダイレクトに伝わる凄い音なのです。

レーベルは Red Records ですから、当然、Executive Producer としてはセルジオ・ヴェスキ爺がクレジットされていますが、実質的には森氏が作りたい音が具現化された作品なのでしょう。いや~、これは最初に聴いた時は倒れそうになりました。ひとつ残念なのは、各曲ごとのソリストの名前がクレジットされていないことです。ビッグバンド・ファンならずとも必須の作品だと思います。大推薦盤です。

Bobby Watson with Tokyo Leaders Big Band
『 Live at Someday an Tokyo 』 1999年 Red Records 123290-2
佐々木史郎(tp)
小幡光邦(tp)
松島啓之(tp)
岡崎好朗(tp)
中路英明(tb)
佐藤春樹(tb)
北原雅彦(tb)
堂本雅樹(tb)
多田誠司(as)
池田篤(as)
佐藤達哉(ts)
菊地康正(ts)
黒葛野淳司(bs)
今泉正明(p)
納浩一(b)
岩瀬立飛(ds)
稲垣貴庸(ds) 
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-321.html

2007/09/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Bobby Watson with Tokyo Leaders BB / Live at Someday an Tokyo

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。