雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jazz Class Orchestra Meets Phil Woods / Porgy and Bess

   ↑  2007/09/03 (月)  カテゴリー: large ensemble
Jazz Class Orch. Meets Phil Woods 『Porgy and Bess』

本作も『 Embraceable You 』同様 Philology の94年の作品です。イタリアの“ Jazz Class Orchestra ” というビッグバンドとの共演で、お馴染みの『 Porgy and Bess 』集です。個人的にはジャズ・アレンジとしては、あまりにも手垢に塗れた感のある楽曲に、やや食傷気味ですが、なかなかアレンジはポップで聴きやすいです。ビッグバンドとしてのレベルは並ですが、洒落たアレンジ力で聴かせるタイプのバンドですね。特にM-2 ≪ Here Come de Honey Man ≫ などはラテン・タッチの爽やかなアレンジが元曲のメロディーにうまく溶け込み、何とも言えない優しい空気感を演出しています。大音量の多重和声で圧倒するわけでもなく、力まず、スマートに語りかける、なかなかお洒落なビッグバンドです。ライナーノーツによると85年に結成されたようですが、なにしろイタリア語なのでそれ以上は読む気になれず、またネット検索をかけてもほとんどヒットしないため、彼らの情報は皆無です。かろうじてヒットした記事はすべて90年代中ごろまでのものですので、おそらく現在は解散してしまっているのでしょうね。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-323.html

2007/09/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Jazz Class Orchestra Meets Phil Woods / Porgy and Bess

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。