雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

MISIA / そばにいて

   ↑  2009/02/17 (火)  カテゴリー: Pops
misia sobaniite 
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-329.html

2009/02/17 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Re: MISIA / そばにいて

日本語のタイトルに誘われました。静かなバラードと日本語の歌詞で、良いですね~。この彼女は、日本で有名でしょうか。

早朝ジャズラインで、以下を録画しました。

David Sanborn, saxophone
Ricky Peterson, keyboards
Nicky Moroch, guitar
Richard Patterson, bass
Gene Lake, drums

他にもメンバーがいましたが、書き取るのを忘れました。

彼のサックスは、素人の私には、聞き安かったです。ケニーGの音楽と少し似ているような。。

それから、同じディスクに以下の録音が入っていました。(お知らせしていなかったような気がしますのでお伝えします)

The Niegel Kennedy Quintet
Niegel Kenndy, (Violin)
Tomasz Grzegorski (sax, bassclarinet)
Piotr Wylezol(piano)
Adam Kowalewski(bass)
Pawel Dobrowolski(drums)

他のディスクにも何か入っていたと思いますが、覚えていないので(笑う)、また、調べてお知らせしますね。



Laie |  2009/02/18 (水) 20:57 No.182


Re: MISIA / そばにいて

>この彼女は、日本で有名でしょうか。

ずっとドイツ暮らしだと、MISIA は知らないですよね。人気ありますよ。あまりテレビには出ませんが、コンサートは常に超満員です。
お聴きの通り、歌唱力は素晴らしいです。
とっても小さい体なのですが、声量があります。

>彼のサックスは、素人の私には、聞き安かったです。ケニーGの音楽と少し似ているような。。

サンボーンは超、超、超有名です。知らない人はいないくらい有名です。ケニーGよりはずっと先輩で、サックス・フュージョンの元祖ですね。


ナイジェル・ケネディーは聴いたことがありません。名前だけは知っていますが。あまりジャズのバイオリンって好きではありませんが。
たぶん、この演奏はDVDになっているかもしれません。2007年の4月3日のパリでのライブですかね。あ、大変ですから調べなくていいですよ。

ぜひ見たいです。楽しみにしてます。
いつもいつもすみません。

P.S. 僕の机の上にあったLaie夫妻とアダムの写真を4才になる息子が見て、「この人綺麗」って言ってました。

criss to Laie |  2009/02/18 (水) 23:44 No.189


Re: MISIA / そばにいて

Misia さんは、売れっ子でしたか。。テレビに出なくても、実力派として活躍されているのでしょうね。昔の話ですが、松山千春もテレビには絶対出ないと断言していたような記憶があります。(古い話ですが。。)

サンボーン氏は、超有名人だったのですね。これを機会に忘れないようにします!彼の会場は、超満員の状況だったので、素人向きの感じの音楽がきっと受けるのだろうと思いました。ちなみに、主人は彼の名を知っていました。

ニーゲル・ケネディー氏ですが、曲との途中での彼の話し方がとても気になりました。お酒でも一杯ひっかけているのかなとも思ったり、公ではあまりと言うか使ってほしくない単語(これは、DVDで確認して頂ければと思います)を頻繁に使っていたことです。彼として形容詞の意味合いで深い意味合いは全くなく使っていたのだろうと思いますが、他の表現でいくらでも表現できるはずだろうに、と思ってしまいました。あっ、余談です。。

それからDVDの中に、以下の内容が録画されていました。↓

Richard Galliano Quartet
Richard Galliano (akkordeon)
Gonzalo Rubalcaba (piano)
Charlie Haden(bass)
Clarence Pen(drums)

↓こちらの録画ですが、途中で切れています(残念です!)。主人が、録画していたことを忘れて、就寝前にスイッチを切ってしまったそうです。もしも、この中に、すごいファンの人がいたら、本当に残念です。。

Wayne Shorter Quartet
Wayne Shorter (saxofon)
Danilo Perez (piano)
John Patitucci (bass)
Brain Blade (drums)

↓こちらは、ブレナー氏以外は、誰が出ているのか良く分かりませんでした。途中に出て来る名前のリストを早送りしすぎて見落としたかもしれません。録画はされているので、こちらは、届いてからのお楽しみ♪ということでお願い致します!

Till Brönner (Trompeter) und ?

>>P.S. 僕の机の上にあったLaie夫妻とアダムの写真を4才になる息子が見て、「この人綺麗」って言ってました。

えっ!!お世辞でも嬉しいです。。アダムの写真の撮り方に感謝しなくては。。、写真、飾っておいてくれたのですね。有難うございます。。








Laie |  2009/02/19 (木) 06:12 No.190


Re: MISIA / そばにいて

追加です。

以下も録音済みです。

--McCoy Quartet--
McCoy Tyner (piano),
Gerald L. Cannon (bass)
Gary Bartz(sax)
Eric Kaman Grävätt (drums)

名前のリストが見つかりましたが、スペルが少し怪しいかもしれません。↓

-- Steps Ahead --
Mike Mainieri (vibraphone)
Till Brönner (trumpet)
Donny MacCaslin (sax)
Bryan Baker (guitar)
Etienne Mpappe (bass)
Rodney Hornes (drums)


>>たぶん、この演奏はDVDになっているかもしれません。2007年の4月3日のパリでのライブですかね。

28.Leverkusener Jazztage in 2007

で行われた演奏です。

同じ2007年のドイツ、レーバークーゼンの演奏です。きっと内容はパリと同じかもしれませんね。

取りあえず、今のところ録画されているのは以上です。

一時間ほどのジャズラインが、後2本くらい入りそうなので、それを録画したら、お送りしますね。





Laie |  2009/02/20 (金) 06:26 No.192


Re: MISIA / そばにいて

Laieさん、こんばんわ。

またまた凄い映像をとっていただいてありがとうございます。

>↓こちらの録画ですが、途中で切れています(残念です!)。主人が、録画していたことを忘れて、就寝前にスイッチを切ってしまったそうです。もしも、この中に、すごいファンの人がいたら、本当に残念です。。

Wayne Shorter Quartet
Wayne Shorter (saxofon)
Danilo Perez (piano)
John Patitucci (bass)
Brain Blade (drums)


この途中で切れてしまったバンドが、実は一番凄い演奏なんですよ。このメンバーでのツアーはおそらく2004年頃で、僕も東京のシビックホールだったと思うのですが、観に行ってます。素晴らしいメンバーで、特にドラマーのブライアン・ブレイドを初めて観たライブで、興奮したのを覚えています。

途中で切れてしまって残念ですが、でも観れるだけでもうれしいです。

私の方も3月14日に向けて、今、お送りできるもの(たぶんCD)を思案中です。

criss to Laie |  2009/02/21 (土) 19:54 No.194


Re: MISIA / そばにいて

クリスさん、こんにちは。

>>この途中で切れてしまったバンドが、実は一番凄い演奏なんですよ。

これは、本当に残念ですね~。。う~ん。タイミングが悪すぎましたぁ。(悲)

もう一つ映像追加です。

Johannes Erders Saxfon, Leitung
Axel Schlosser (Trompete)
Karin Hammer (Posaune)
Nils Lyhne Lokkeggard (Saxofon)
Marzin Wasilewski(Piano)
Eva Kruse(Bass)
Michal Miskiemicz(Piano)
Hank Jones(Piano)
Matt Wison(drums)

ハンク・ジョンズ氏は、このイベントでは、ゲストで、1曲しか演奏していません。驚いたのは、彼は90歳なんですね。とてもとても90歳には見えませんでした。

3月はジャズライン1本の放送予定で、Omara Portuondo という人の名前が書いてあります。

>>私の方も3月14日に向けて、今、お送りできるもの(たぶんCD)を思案中です。

どうぞ負担に思わないで下さいね。私も、録画しながら、サッとしか見ませんが、(それもかなりの飛ばし鑑賞です)、クリスさんから色々なフィードバックがもらえれば、脳の片隅に、今後、名前だけでもインプットされる可能性があるのに加え、CD店へ行った際、同じジャケットを見つけた時など、とても親しみが湧くんですよ。自分としては、これだけで充分だと思っています。

昨日はデュッセルドルフへ行く用事があり、お店のジャズコーナーを久し振りに立寄りました。ブログで紹介されているジャケットと同じものがあるととても嬉しくなります。ちなみに、最近取り上げられていた、ラース・ダニエルソン、キース・ジャレット、ペトルチアーニなどのCDは全て発見しました。

あっ、Ivan PaduartのSelectionsを注文しました。ドイツアマゾンのマーケットプレイスです。販売元は、アメリカです。到着が楽しみです♪



Laie |  2009/02/22 (日) 03:32 No.199


Re: MISIA / そばにいて

Laieさん、こんばんわ。

この追加映像ですが、ハンク・ジョーンズ以外は
全然知らない人ばかりですね。

ハンク・ジョーンズはおそらく、第一線で活動する
ジャズメンの中では現在最高齢だと思います。

昨年の夏にも東京JAZZに来られていたし、
現在、Blue Note Tokyo でギグしてます。

僕らでさえ、東京~NYの飛行機の旅となるとけっこうストレスなのに大したものです。

>あっ、Ivan PaduartのSelectionsを注文しました。ドイツアマゾンのマーケットプレイスです。販売元は、アメリカです。到着が楽しみです♪

一応、ベスト盤ということなのでしょうが、選曲をみるかぎり、もっといい曲を入れても良いような気がします。<igor>が入っているだけでも良いのですが、個人的なベストを焼いて3月にお送りしますね。

今、夕食から帰ってきて、ちょっと酔っ払った状態です。すみません。誤字があるかも。

criss to Laie |  2009/02/22 (日) 20:14 No.204

コメントを投稿する 記事: MISIA / そばにいて

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。