雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jackie Mclean / Vertigo

   ↑  2006/03/15 (水)  カテゴリー: alto

Jackie Mclean 『 Vertigo 』 

4月からの異動に向けて,今月中に片付けなきゃならない仕事が山積み状態で,目が回る忙しさです。のんびりブログ更新などしてられなくなってきました。とは言っても,ジャズを聴かずに寝れない性分ですので,なにか一枚でもと,「目が回る忙しさ」に引っ掛けて,こんなの引っ張り出してきました。

以前,LPでマクリーンのコンプリート・コレクションを目指していた頃,どうしても手に入らなかったアルバムがこの 『 Vertigo 』(眩暈)でした。Blue NoteのLT seriesから出ていたのですが,他のLT seriesって,結構安く見つけられたのに,このLPだけ見つからなかった記憶があります。コンプリート・コレクションなんて諦めていた頃の2000年に,Blue Noteのconnoisseur seriesからひょっこり発売されてしまいました。ジャケットは御覧のように多少Blue Noteっぽくなっています。ただ内容は多少LPと異なっています。まず,LPにはマクリーンの『 New Soil 』録音時にボツテイクになった<Formidable>という曲が納められていましたが,CDではこの曲が省かれ,代わりに“幻の4116盤”と呼ばれていた『 Jackie Mclean Quintet 』の6曲がカップリングされています。

録音は1962年2月で,ちょうど『 One Step Beyond 』の直前のレコーディングなんですが,このアルバムの目玉は,ご承知とは思いますが,当時若干17才のトニー・ウイリアムスの初録音だということです。ピアノもハンコックが弾いてます。ハンコック~トニー~マクリーンの組み合わせは本作だけです。本作は不器用でダサいマクリーンが,何とかカッコいいモード・ジャズをやりたいと,模索していた時期で,古いバップ・フレーズも見え隠れしながらのモード・ジャズを一生懸命吹いたアルバムです。その後,急速にいわゆる新主流派に接近し,ボビー・ハッチャーソンやグラチャン・モンカーらと『 One Step Beyond 』,『 Destination Out 』と,制作活動を活発化させていきます。

 

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-356.html

2006/03/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Trio Acoustic 『 Autumn Leaves 』
この前の記事 : Jackie Mclean 『 Vertigo 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Jackie Mclean / Vertigo

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Trio Acoustic 『 Autumn Leaves 』
この前の記事 : Jackie Mclean 『 Vertigo 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。