雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Francesco Cafiso / Happy Time

   ↑  2006/04/01 (土)  カテゴリー: alto

Francesco Cafiso 『 Happy Time 』 

フランチェスコ・カフィーゾ(Francesco Cafiso )の待ちに待った新作『 Happy Time 』がCam Jazzから発売です。前作『 A Tribute To Charlie Parker 』は短尺なスタンダード18曲入りのストリングス物だったのですが,僕としてはあまり小奇麗にまとまり過ぎたインパクトの薄い作品で,何度も聴く気にはなれなかったので,今回の『 Happy Time 』には期待していました。

本作は全8曲全てカフィーゾのオリジナルで,録音が2005年10月31日ということからも分かるように,2005年11月5日,6日の来日直前の吹き込みです。当然,来日メンバーと同じですし,曲目もほぼプロムナード銀座2005での演奏と同じ。その彼の初ライブでも演奏してくれたとっても印象的なバラード,<She Loves Me >も今回のアルバムに収録されています。ただライブでの演奏の方が数段良かったです。ライブでは最初静かに優しく始まり,徐々に激しく情熱的に昂揚していく劇的な構成なのですが,アルバムにはあまり昂揚感が感じられないんですね。ライブが富士山頂まで上り詰めた演奏だとすれば,本作での演奏は6合目で引き返してきたような印象を受けます。でもめちゃくちゃ上手いことには変わりありませんが。

バックメンバーもバンドとしてもまとまりもよく,単にビック・ネームだけを配したバンドとは違い,非常にサウンド・カラーも統一され,味のあるバッキングでカフィーゾをフォローしています。ピアノのリカルド・アルギーニ(Riccardo Arrighini )は先日紹介したボッソとの競演盤なども発売されたばかりの注目株で,顔は強面ですがとってもエモーショナルな叙情的なピアニストです。

Venusの『 New York Lullaby 』や前作『 A Tribute To Charlie Parker 』が正装姿での清新な作風であったのに対し,本作はジーンズ姿で荒々しく,でもちゃんと押さえるところは押さえ,抑揚を付けてコントロールされた,一皮剥けた大人のカフィーゾが垣間見れる傑作ではないでしょうか。カフィーゾをまだ聴いたことがないという方は,このあたりから入るのも結構いいと思いますが。

Francesco Cafiso 『 Happy Time 』2006 Cam Jazz  CAMJ 7782-2
Francesco Cafiso (as)
Riccardo Arrighini (p)
Aldo Zunino (b)
Stefano Bagnolo (ds)

 

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-359.html

2006/04/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Francesco Cafiso / Happy Time

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。