雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

I Love Jackie Mclean, too!!

   ↑  2006/04/02 (日)  カテゴリー: alto
A Long Drink Of The Blues 

ジャッキー・マクリーン( jackie Mclean )が3月31日に亡くなりました。切ない死です。ジャズが最もジャズらしかった時代に生きたハードバッパーがまた一人消えてしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

考えてみれば,大学時代に無我夢中で聴いたハードバップには必ずマクリーンがいたものです。リー・モーガンの『 Cornbread 』,『 The Sixth Sense 』。ドナルド・バードの『 Fuego 』。そしてマル・ウォルドロンの『 Left Alone 』やソニー・クラークの『 Cool Struttin’ 』など。全部マクリーンがいなければ傑作になり得なかった作品ばかりです。あのひしゃげた音程の悪いマクリーン節こそジャズなんだと信じて疑わなかった青春を送りました。そしてジャズとは「哀愁の歌」であることを教えてくれたのもマクリーンでした。

今日は,『 A Long Drink Of The Blues 』のB面のバラード3曲,<Embraceable You >~< I Cover The Waterfront >~< These foolish Things >を聴きながら静かに追悼したいと思います。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-360.html

2006/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Chick Corea 『 Super Trio 』
この前の記事 : Francesco Cafiso 『 Happy Time 』

Comment

コメントを投稿する 記事: I Love Jackie Mclean, too!!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Chick Corea 『 Super Trio 』
この前の記事 : Francesco Cafiso 『 Happy Time 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。