雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Eldar Djangirov / Elder

   ↑  2006/04/06 (木)  カテゴリー: piano
Eldar Djangirov  『 Elder 』 

3月14日のマイブログで15歳のオースチン・ペラルタ( Austin Peralta )のデビューアルバムを褒めたばかりですが,5月3日にエルダー・ジャンギロフ( Eldar Djangirov )の新作『Live at the blue note 』が発売になるみたいです。丁度1年前のエルダーのデビューアルバム『 Eldar 』にはその超絶技巧,超音速フレーズに吃驚仰天したものですが,早いものであれから一年,エルダー君も19歳になり,さあ,どう大人に成長したのか楽しみな新作です。

『 Eldar 』ではオスカーピーターソンとジョーイ・カルディラッツォを足したような馬鹿テクぶりを披露し,ジャズ界に旋風を巻き起こしました。もう指が動いて動いてどうにも止まらないといった感じで,全曲聴き通すと結構疲れるアルバムでしたが,その疾走感,スピード感は素直に快感そのものでした。

エルダー君は1986年,旧ソ連のキルギス共和国に生まれました。当時のソ連はジャズという音楽が評価されていなかったため,彼が10歳の時に家族共々,私財を売却しアメリカに移住したのでした。初めはカンザス・シティーに住みながらライブハウスでの活動を地道に行っていましたが,そのうちにビリー・タイラーやマリアン・マクパートランドらに認められ,彼ら(彼女ら)の番組に出演するようになり名声を得てきたようです。本作の前に自主制作盤(?)を2枚出しているようです。 そうそう,オースチン・ペラルタ君と同様,< Maiden Voyage >を演奏していましたが,ペラルタ君とは比べ物にならないくらい超ハイスピードです。そう言えば,フランチェスコ・カフィーゾのライブを開催したプロムナード銀座2005にもエルダー君は出演する予定だったんですよね。急遽,諸般の事情によりキャンセルになってしまって,初来日は果たせなかったのですが,こんど来日の際はぜひ観てみたいですね。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-362.html

2006/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : UGETSU 『 Live At The Cellar 』
この前の記事 : Eldar Djangirov 『 Elder 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Eldar Djangirov / Elder

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : UGETSU 『 Live At The Cellar 』
この前の記事 : Eldar Djangirov 『 Elder 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。