雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

   ↑  2009/04/19 (日)  カテゴリー: group

routin jazz quintet 2  

≪ Book's Bossa ≫


今日は朝からとても天気が良かったので、家族でドライブがてら東京都と千葉県の境にある三郷公園に遊びに行ってきました。アスレチック遊具が豊富で子供たちに非常に人気があり、またドッグランが園内に併設されているので我が家のように犬愛好家にも人気があります。

小合溜(こあいため)を挟んで東京都側には水元公園があり、見渡す限り木々の緑は冴えわたり、時折吹く南風は木々のの香りを運んできます。小合溜には水鳥たちがのんびり日向ぼっこをしています。パン屑を水際にまいてやると近くに寄ってくる水鳥もいます。草の上に寝転がり、青い空を眺めながら冷えたビールで喉をうるおすと、もうそこは僕だけの楽園です。遠くで子供と妻がフリスビーで遊んでいます。

そんな爽やかな風薫る日には、ムショウに2管ハードバップが聴きたくなります。この Routin Jazz Quintet のファーストも、今日、iPod に流し込んで公園に持ち込んでいった一枚です。期せずして、ジャケットがまさに今日体験した風景そのものなので、取り上げてみました。Routin Jazz Quintet はクラブ DJ の小林径氏がプロデュースしたバンドで、本作はそのデビュー作で、2007年に録音されています。昨年10月には第二弾が発売になっていますが、そちらはまだ未聴です。

≪ 海外のクラブ・ジャズを代表する Schema, Dejavu, Ricky-Tick, etc... に対する東京からの解答。 クラブ・ジャズがジャズを超えた!≫ .......らしいです。僕にはよくわかりませんが、どの角度から見ても MORO JAZZ ですが。

≪ クラブ・ジャズからの解答 ≫などという、かっこいい音楽ではなくて、単なる60年代ハードバップの再演にしか聞こえないんです、僕には。取り上げている楽曲にしたってジミー・ヒース、ウォルター・ブッカー、タビー・ヘイズ、ハロルド・メイバーン、etc .... と、他人の曲ばかりでオリジナルは一曲もないですし。

ただ、逆説的な言い回しになりますが、古いジャズを今、演るところがとっても新鮮で、新しい、と思うわけで、決して嫌いではありません。むしろ好きです。気難しいモードを永遠と吹き鳴らし、観客を雲に巻くようなジャズよりはよっぽど愛着がわきます。

小川径氏や須永辰緒氏などのトップ DJ は、半端じゃなくジャズを聴きまくっているから、それまで殆ど日の当たらなかった美旋律麗歌を、重箱の隅をつつきながら探し出してくる才能というか、根性がありますよね。「ほら、こんなの見つけちゃったけど、けっこうイケるでしょ」的なジャズ・マニアの極形が、彼らのような気がします。基本的には僕も同族ですけどね。

そんなわけでこの作品、よく聴いているのですが、あまり大声で「好きだー!」と言うと白い目で見られそうなので、今まで取り上げませんでしたが、なかなか素敵ですよ。

メンバーは、日本人ジャズに疎い僕には全くの不知な方々ばかりなのですが、Google検索してみたところ、トランペットの類家心平さんは1976年青森県生まれで、海上自衛隊あがりのミュージシャン。一方、テナーの浜崎航さんは長崎県生まれで、名古屋市立大学医学部を卒業し、医師免許も取得しているという変わった経歴の持ち主のようです。

そうそう、一般の方は、医学部を出た人はみんな医者になると思っているでしょうが、実際には学年に一人や二人は必ず医者にならずに別の世界に進んでいく人がいるものです。

Routine jazz Quintet  /  Routine jazz Quintet   星1つ星1つ星1つ星1つ

類家心平 (tp)
浜崎航 (ts, ss)
中村新史 (p, key)
高道晴久 (b)
紺野智之 (ds)
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-368.html

2009/04/19 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Vincent Mascart / Circum
この前の記事 : Enrico Pieranunzi / Dream Dance

Comment


Re: Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

crissさん、こんばんは。

自分も日本人ジャズマンには疎い方ですが、
類家心平だけは知っています。
彼のブログを読んでからファンに。
でも、まだライブには行ってない。 (^_^;)
たまには行ってやらんとな。  (笑)
日本人ジャズマンをもっと聴きましょう!!

ではでは。

nanmo2 |  2009/04/20 (月) 21:15 No.293


Re: Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

こんにちは、久しぶりにアクセスしてみたら再開されていたようで何よりです。
先日、後輩のクラブJAZZ好きという奴に「何かCDを寄こせ(笑)!」と脅したら、このディスクをくれました。
医学部を出て医師にならないというのは、傍からみるととても贅沢でもったいなく感じてしまいます。北杜夫、渡辺淳一さんなどは代表格かもしれませんが、元々お医者さんというのはあると思うのですけれども、、、

itsunire |  2009/04/21 (火) 13:44 [ 編集 ] No.294


Re: Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

しらなかったけど類家心平サンて、
菊地成孔ダブ・セクステットのメンバーだったんですね。お恥ずかしい。
菊地氏の著書は大好きなのですが、実際の音楽はほとんど聞いたことがなかったもんで。

欧州の無名なピアニストなら知っているのに、
足元の日本人ミュージシャンを知らないなんて
恥ずかしい話です。

これからは、欧州レア盤を3000円出して買うくらいなら、近くの邦人ライブを見に行くように心がけようと思っています。ほんとに。

criss to nanmo2 |  2009/04/21 (火) 22:11 No.295


Re: Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

お久しぶりです。仕事に追われ、一時的にdepresion になってしまいました。でも、もう大丈夫です。まだしばらくは続けられそうです。

itsunire さんもブログタイトル変更したんですね。
この前、久し振りに訪問させてもらったら、変わっていて、しかも実名で書かれている。どうしたのかと思ったら、かなり雑誌に原稿を書かれているようで、オーディオ・ライターさんになられたようですね。素晴らしいことです。きっと耳の良さ、文章力がプロの編集者に認められたのでしょう。これからもがんばってください。

オーディオ・ベーシックは itsunireさんが最初に書いたときに買いましたが、それ以来、買ってません。ごめんなさい。何しろ、あの手の雑誌を見ちゃうと、オーディオ熱が再燃しそうで、自己抑制をかけているんですよ。

>後輩のクラブJAZZ好きという奴に「何かCDを寄こせ(笑)!」と脅したら、このディスクをくれました。

クラブジャズファンには、もろジャズ過ぎて、合わなかったのでしょうかね。

criss to itsunire |  2009/04/21 (火) 22:23 No.296


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2009/04/21 (火) 23:43 No.297

コメントを投稿する 記事: Routine Jazz Quintet / Routine Jazz Quintet

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Vincent Mascart / Circum
この前の記事 : Enrico Pieranunzi / Dream Dance
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。