雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
フランス  三ツ星  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Pierrick Pedron / Omry

   ↑  2009/05/06 (水)  カテゴリー: alto
pierrick pedron omry2


Moogoo


フランス人アルトサックス奏者、ピエリック・ペドロン ( Pierrick Pedron b.1969 ) の通算4作目となる最新作。日本ではあまり馴染みがないミュージシャンだが、本国ではかなり評価の高い。2000年のデビュー作 『 Cherokee 』 ( Elabeth ) は当時天才と騒がれた若きフランス人ピアニスト、バティスト・トロティニョン ( Baptiste Trotignon b.1974 ) が参加していたこともあり、日本でも話題になった。作品としては1996年にアラン・ジャン・マリーのサイドメンとして “ ラ・デファンス・ジャズ・コンサート” に参加したときの実況盤がデビューであり、意外に遅咲きのミュージシャンなのかもしれない。

ペドロンはフランスの独立系レーベル Nocturne の今や看板アーティストであり、前2作も同レーベルからリリースされていたが、今回は Plus Lion Music という新興レーベルからのリリースである。先日取り上げたティグラン・ハマシアンや、デヴィッド・エルマレク、ムタン・リユニオンなどの作品もこのレーベルの作品だ。

さて、肝心の内容だが、これがびっくり仰天!! エレクトリックなのだ。エリック・レニーニやローラン・コックがフェンダー・ローズ&ウーリッツァーを操り、クリス・デ・ポウがノイジー&スペイシーな電気音を発しているのには驚きを禁じ得ない。ペルドンさん、どうしちゃったの?と問いかけたくなる。今までの彼の活動からは想像できない方向性だ。音作りはどことなくNYコンテンポラリー系っぽくて、楽器こそ違え、クリスチャン・スコットやアーロン・パークスあたりを彷彿とさせるところがある。最初はドン引きしたが、しかし、繰り返し聴いているとそれほど悪くはない。ジャケットから連想されるようなクールで洗練された触感は意外に心地よい。来るべき夏を先取りした音かもしれない。


でもまあ熟聴すればするほど、彼の本質であるバピッシュな魂は随所に感じられるわけで、表面的なスタイルだけに耳を奪われてはいけない。大局的には過去の作品となんら変わっていない、のかもね。

と云う訳で、時代に則していろいろやりたいのはわかるし、やらなければならない大人の事情というものもあるのだろうけど、こういうエレクトロ指向はこれっきりにしてもらいたい、というのが偽らざる僕の気持ちだ。

Pierrick Pedron  /  Omry    星1つ星1つ星1つ
Plus Loin Music  PL4512

Pierrick Pedron  (as)
Laurent Coq  (p, fender whodes, wurlitzer)
Chris de Pauw  (g)
Vincent Artaud  (b)
Franck Agulhon  (ds)
Fabrice Moreau( ds)
Eric Legnini  (key)
関連記事

この記事に含まれるタグ : フランス 三ツ星 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-381.html

2009/05/06 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Pierrick Pedron / Deep In A Dream
この前の記事 : Mats & Morgan Band

Comment


Re: Pierrick Pedron / Omry

crissさん、こんばんは~。私もPedronさん好きなので思わずコメント。

> ヴィンセント・アルトォーがノイジー&スペイシーな電気音を発しているのには驚きを禁じ得ない。

アルトーは、レベルの高い演奏をするベーシストなので好きです。意外かも知れませんが、アルトーの守備範囲はジャズに留まっていません。B-Flat Recordingsから出しているリーダー作「ARTAUD」は、ピアノや管弦等を含むアコースティック楽器にエレクトロニクスを配した美しくもアブストラクトで不思議な、そして入念で繊細な現代音楽みたいになってて、それはそれで面白かったです。「Omry」は、もしかするとアルトーの音楽性に影響を受けているのかも(憶測です)。
「ARTAUD」は、ここで試聴できますよ。
http://www.bflat-recordings.com/

ほな、おやすみなさ~いe-261

アーティチョーク |  2009/05/10 (日) 00:09 No.355


Re: Pierrick Pedron / Omry

なんだかお久しぶりです。

ごめんなさいm(*__*)m

ノイジーな音を出していたのはアルトーではなく、
ギターのクリス・デ・ポウでした。完全に見間違えです。というのも二人とも全然知らない人だったので。

アルトーはこれから教えていただいたリンク先に行って聞かせていただきます。

話は変わりますが、以前、ペドロンのライブ映像をネットで公開していた人がいたのご存じですか?
Youtube ではなくて、自分のHPかにアップしたいたのですが、今回あらためて検索したら削除されていてがっかりしました。

狭いライブハウスで、パーカーそっくりに吹きまくっていた映像ですごくよかったのに。

では、また。
おやすみなさい。

criss to アーティチョークさん |  2009/05/10 (日) 00:50 No.357

コメントを投稿する 記事: Pierrick Pedron / Omry

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Pierrick Pedron / Deep In A Dream
この前の記事 : Mats & Morgan Band
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。