雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

西山 瞳 / I’m Missing You

   ↑  2006/11/07 (火)  カテゴリー: piano
西山 瞳 『 I’m Missing You 』
やっと,今日で試験が終わりました。しばらく更新できなかった拙ブログも今日から再開です。コメントを寄せてくださっていた方々,返事ができなくてすみませんでした。どうかまたよろしくお願いします。

試験の方はと言うと,何だか,できたのか,できなかったのか,自分でも判断に迷うところで,終わったというのに何とも憂鬱な気分です。まあ,不合格でも来年また受ければいいし,別に落ちたからといって社会から抹殺されるわけじゃないし,そんなに重大事ではないのですが。僕は既に認定医を2つと専門医を1つ持っているのですが,もう1つ専門医を取っておけば,一応,消化器外科医としては恥ずかしくない肩書きとなるようです。合格発表は12月末です。それまでは気が重い日々が続きます。楽しいクリスマスを迎えられるか....,とっても心配。


さて,今,西山瞳さんの『 I’m Missing You 』を聴きながら書いています。このアルバムは,このところ深夜に試験勉強しながらずーとBGM的に聴いていました。全曲彼女のオリジナルで,よく聴けばどれも曲調は違うのに,何となく聴き流しているとどの曲も近似形に聴こえる。多分,タッチが柔らかく優しいせいなのだろう。ややテーマ提示に弱さを感じなくもないが,でも,これ,アルファ波が溢れ出てくる最高に贅沢なBGMです。この機会に《 女エンリコ 》なんて形容は完全に忘れた方が良いです。全然,エンリコじゃありません。むしろ,ラーシュ・ヤンソンを聴いている時のような空気感を彼女から感じます。

本作は自主制作盤のようです。彼女のライブ会場でしか買えないと,Martyさんが教えてくれましたが…..,石丸電気で普通に面置きされていました。確かにバーコードもレーベル名も記載ないのですが。

石丸電気も最近,ただ単に国内盤を並べていたら生き残れないことに気がついたようで,かなり戦略的な売り方をしてきてます。「レア本掲載CDコーナー」や「寺島本掲載CDコーナー」を作ったり,それに先日発売になったジャズ批評の「ピアノ・トリオ Vol.3」に掲載されたアルバムをこつこつ仕入れていたりと,一生懸命さが感じられます。でも,ちょっと「え~,冗談でしょ?」ってな値段設定も多々あり,ちょっと下品なんですよ。ちなみにデヴィッド・ヘイゼルタインの『 After Hour 』やJazz Futuresの『 Live in Concert 』,それにロイ・ハーグローブの『 The Vibe 』あたりが5000円近い値札を付けられて売られていました。いくら廃盤だからといって,そんな凡作,5000円も出して誰が買うの?
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-391.html

2006/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 西山 瞳 『 I’m Missing You 』
この前の記事 : 真に僭越ながら...

Comment

コメントを投稿する 記事: 西山 瞳 / I’m Missing You

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 西山 瞳 『 I’m Missing You 』
この前の記事 : 真に僭越ながら...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。